正式に発表されましたので、変更点とか今後とかまとめました。
ifsjioafjioasdfiaods

2020年モデルのセロー250のリリース

”ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ・単気筒・249cm3エンジンを搭載したマウンテントレール「SEROW250 FINAL EDITION」を2020年1月15日より発売します。なお、国内向けの「SEROW250」は、当モデルをもって生産を終了します。”
”「SEROW250 FINAL EDITION」は1985年発売の初代モデルを彷彿させる「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)」と「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)」の2色を設定し、なつかしさを感じながらも現代風にアレンジされたSEROWらしいグラフィックを施しました。カラーフレームや燃料タンク上の「FINAL EDITION」エンブレムは、歴史あるモデルのファイナルに相応しい上質さや特別感を強調しています。”
引用元:マウンテントレールの世界観を開拓したロングセラーモデル 「SEROW250 FINAL EDITION」を発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機
リリースはこちら。公式ページこちら

セロー250のカラーラインアップ

2019年モデルのセロー250のカラーラインアップ

serow_color_001_2018_003
serow_color_001_2018_001
touring_index_gallery_2018_001
【一応継続】パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)
serow_color_002_2018_001
serow_color_002_2018_003
touring_index_gallery_2018_002
【廃盤】パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)
serow_color_003_2018_003
serow_color_003_2018_001
touring_index_gallery_2018_003
【廃盤】パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/ブルー)

2020年モデルのセロー250のカラーラインアップ

serow_color_001_2020_003 (1)
serow_color_001_2020_001
touring_index_color_001_2020_002
【一応新色】パープリッシュホワイトソリッド1
serow_color_002_2020_003
serow_color_002_2020_001
touring_index_color_002_2020_002
【一応新色】パープリッシュホワイトソリッド1

広告

2020年モデルのセロー250の価格

fsljdfdsifadsjioas
  • 2018:57万5,300円(税抜52万3,000円)
  • 2020:58万8,500円(税抜53万5,000円)
どちらも消費税10%です。2018年モデルの8%の時の価格は56万4,840円だよ。
1万2,000円の値上げですけど、変更内容から考えるとお買い得ですね。

ちなみに2018年モデルは2,500台でしたけど、2020年モデルは4,000台です。
そりゃあファイナルだとみんな買いますよね。私も気になってる…

2020年モデルのセロー250の変更点

serow_feature_007_2020_001
”塗装を従来の1コート仕様から2コート仕様とすることで、質感とともに傷などに対する耐久性の向上も実現している。”
引用元:特長紹介:SEROW FINAL EDITION - バイク・スクーター | ヤマハ発動機
販売店さん情報通りに2コートになってるよ。
あとフレームカラーがブラックでしたが、緑とレッドになった。結構印象変わりますね。

serow_feature_012_2020_002
”両カラーともレッドカラーのSEROWロゴ&カモシカのグラフィックを採用”
”特別感を演出するFINAL EDITIONエンブレムをタンク上面にあしらっている。”
引用元:特長紹介:SEROW FINAL EDITION - バイク・スクーター | ヤマハ発動機
懐かしグラフィック&カモシカロゴです。

レッドの方とか特にレトロ感あってなんだかいつの時代のバイク?感を感じます。
令和の世でこの原色っぽい赤はレアですよね。

2020年モデルのセロー250と2018年モデルの比較

fsdfsdfasodi
こういう感じで、フレームがブラックからグリーンになりました。
あとはグラフィックの変更ですね。良い感じにレトロ感。
ifsjioafjioasdfiaods
グラブバーとスタックバーもグリーンになりました。
良いっすねぇ…私は好きです。なんだか上質な感じですね。

基本的にカラーの変更ですんで、性能に違いは無いよ。
でもメインフレームが2コートになってますので、塗装の耐久性は上がってます。そういう意味では性能向上かな?オフ車だし。

2020年モデルのセロー250の今後

後継モデル開発のリリースはないよ

oijiojiojo
引用元:ヤマハバイク生産終了モデルのご案内 - トピックス | ヤマハ発動機株式会社
上記の通り、1つ前の型(2017)の生産終了がアナウンスされる時には、後継モデル(2018年モデル)が開発中ってアナウンスがありました。

しかしながら今回はそういうアナウンスがありませんし、ファイナルエディションってお名前です。

販売店さん情報では後継モデルの予定はない

  • セローはファイナルエディションが出るよ
  • セローはファイナルエディションで生産終了
  • SR400についても生産終了
  • 現状、セローもSR400も後継モデルの話はない
  • セローはファイナルを作りだめするよ
  • 俺はファイナル買う
こちら販売店さん情報です。12月3日
”ショップで聞いてきました。

・SRは来年9月くらいまで買えるそう。
・セローという名前はこれで終了、違うオフ車が出るかも知れんけど、何時か判らんし250ccを越える可能性あり。”
こちら※147さんのコメントです。ありがとうございますー12月4日

そういう感じでして、セローについては恐らくは現行でモデル自体が終了だと思われます。
後継モデルが出るとしてもかなり先でしょうね。2、3年内に出ることは無いと個人的には思います。現状予定が無いってお話ですし。たぶんずっと出ないと思う。

それに後継モデルがもしも出るとしても、現行ベースであればOBD2とかABSとか規制関連の色々を無理やり載せる必要がありますので、オフでの戦闘力は下がるんじゃないかと思います。

いつまで買えそう?

”第三次排ガス規制に関しては生産ができなくなる規制です。なので規制前に作りだめして在庫をたくさん作って売ることが可能です。
対してABS規制は登録ができなくなる規制なので作りだめができません。おそらく早めに生産打ち切ることが予想されます。”
こちら以前に某メーカー開発担当さんに教えて頂きました、ありがとうございますー

fafdsfdsfsafdsafdsa
引用元:<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F8376838C835895CA8E86816991E631363389F189FC90B3816A2E646F6378>
ABS義務化ですが、継続生産車は2021年10月1日までです。

某メーカー開発担当さんのお話だと、2021年10月1日までに販売店さんは在庫を売っておかないといけない(契約無しでも登録とかで回避できますけど)って事になりますので、そんなに長々と生産&作りだめはしてくれなさそうです。

年間販売台数4,000台ですし、作りだめするってお話ですので、今すぐ販売店へGO!って事はありませんが、購入予定の方はある程度早めに行動しておかないとまずいかも。悩むね…

ちなみにSR400についても生産終了だそうで。詳しくはこちら

SRについても生産終了で後継モデルの開発は無さげですけど、ファイナルエディションが出るって話はまだ聞いてないです。後ほどアナウンスありそう。

広告