以前から噂のある新型ゴールドウイングですが、色々と明らかになってきたよ
dorako-(3)
9月16日:色々と装備に関する情報頂いたよ
4月27日:先進安全装備の内容がある程度明らかになったよ
4月14日:現行モデルが受注生産になってるよ
2月17日:次期ゴールドウイングに先進安全装備が付くってお話聞いたよ

2019年2月:ゴールドウイングにドライブレコーダーの噂

”ホンダ関係者から聞いた噂です、ゴールドウイング2020モデル(モーターショー発表?)用に二輪初の純正ドライブレコーダー搭載とスピードメーターがナビ等表示の時の光の反射による障害を対策し改良されるそうです。カメラはミラーに内蔵されるみたいですが、モニタリングはメーター内の画面で見る感じになるんでしょうか?そんなことを聞いてしまうとますます買うのが先になってしまって困るんですが(笑)”
こちら※62さんのコメントです、ありがとうございますー2月7日

2月:ホンダの車両へのカメラ固定とかその辺の特許

dorako-(7)
VFR1200Fの図でカメラの装着系の特許が出願されていました。こちらはミラーステーに共締め
dorako-(1)
こっちはごついステーを介して固定したパターン。
詳しくはこちら

2月14日:ホンダが先進安全装備の開発とかしてるっぽい

”これゴールドウィングに付くというか、HONDA全体がやっている二輪先進安全装備の奴だから、車種に関しては不明。
ドライブレコーダーではないはず。
モーターショーでも説明員の人がいずれは先進安全装備は二輪にも普及させると話していたから間違いないと思う。

特にブラインドスポットモニターやACCなどを二輪でやろうと研究している。
この研究自体は四輪と同時にやっていた。
しかし、二輪の場合は振動が大きすぎてカメラ等のセンサーによる計測に誤差が生じるのが問題だったので、今回の様に専用ステーで固定しようっていう特許だと思われる。
日本メーカーだとこの辺りを積極的にやっているのはHONDAだけで、海外だとBOSCHが既に具体的な物を作っている。

ただ、HONDAは例のスマートヘルメットと二輪の連携によるってのが最終目標っぽい。
なぜなら走行中はメーターなどを視認する回数が少なく、視線移動がなるべく少なくするには、ヘルメットのバイザーに表示するのが理想という感じだから。
なお、これはBMWも同じ見解でメーターをヘルメットに移すってのが目標になっている。

だから数年後にはスマートヘルメットが続々と出てくる。
SHOEIや他のメーカーからも。”
こちらいつもの方のコメントです。ありがとうございますー2月14日

2月17日:新型ゴールドウイングに先進安全機能が装備されるみたい

  • 新型のゴールドウイングは先進安全機能を装備する
  • ホンダセンシングのバイク版だと思われる
  • 恐らくは2020年モデル
こちら知人から聞いた話です。あくまで噂って感じでお願いします。2月17日

4月27日:先進安全装備の内容ですけど、ある程度明らかに

”この先進安全装備に自動ブレーキは無い。
転倒の恐れがあるため、警告表示と音が主流となり、あっても車体が正立している場合のみ減速するらしい。
ACCに関してはハンドルの操作はしない方向で検討されている(試作車があったらしい。ただし先進安全装備のための試作車ではなく、別の試作車らしいので詳細は不明。ハンドル操作を自動で行う何らかの試作車はあったっぽい「倒れないバイク」とは別物)
映像を取るためのカメラ、ドライブレコーダー的なのが付く可能性がある。

今のところの噂は
先行者追従型のクルーズコントロール(ACC)・・・ハンドル操作は無し
車線維持支援システム・・・無し
路外逸脱抑制・・・無し
自動ブレーキ・・・限定的な減速機能があるかもしれない
誤発進抑制・・・あるかも
後方誤発進抑制・・・無し
衝突回避・・・左右後方正面の接近警報的なものがあるかもしれない。
先行車発進お知らせ・・・たぶんある
標識認識・・・あるかも
オートハイビーム・・・ある(アダプティブヘッドライトになる)

的な感じ。
なおゴールドウィングに搭載されるかは不明。
いくつかは既にBMWが開発しているから、まぁ新しいモノではない。”
”出すかどうかは分からんよ。
ホンダセンシングの流用でコスト削減するから値段は抑えつつも、システムの小型化が難しいらしいから、ゴールドウィングのような設置スペースがあるバイクじゃないと搭載できないっていう話。
それに値段を抑えると言っても、台数がそんなに出せないので言うほど安くなるとも思えない。
コストとの兼ね合いで限定的な先進安全装備のみを搭載される可能性の方が高い。

ちなみにBOSCHのシステムは物体の検知が主で、HONDAは物体の認識。
高度なのはHONDAだが、小型化できるのはBOSCH。
コスト的にもBOSCHが安いと思われる(大量生産できる可能性も高い)”
こちらいつもの方のコメントです。ありがとうございます♥4月18日

9月16日:新型ゴールドウイングの試作車が開発されてて、色々と装備に関する噂とか

”ゴールドウィングの新型が出るかも。
試作車が既に開発されている。

ビックマイナーチェンジと思われる。
ラゲッジスペースは拡大される。
Android Autoが搭載される。
先進安全装備が導入される。
クルコンは追従型になる(ただし速度制限があるっぽい)

今のところは噂程度でいつ出るかは不明。
北米からラゲッジスペースの問題はかなり指摘されているので、早期にテコ入れを行うことが早い段階で決まっていたらしい。

なおBMWも二輪先進安全装備を導入するとの情報があるので、両社が対抗していると思われる。
BOSCHの二輪用先進安全装備も進化しているので他のメーカーも導入してくるかも。”
いつもの方のコメントです。ありがとうございます!9月16日

広告

新型ゴールドウイングのモデルチェンジ時期

現状2020年モデルってお話が多いので、恐らくは2020年モデルだと思われます。

現状、スパイショットや海外メディアさんが情報出してたりは無かったと思います。
なので2021年モデル以降って可能性もあると思います。いつもの方曰くいつか不明って感じですし。

新型ゴールドウイングのラゲッジスペースについて

”北米からラゲッジスペースの問題はかなり指摘されているので、早期にテコ入れを行うことが早い段階で決まっていたらしい。”
いつもの方のコメント。9月15日

こちらについては2019年モデルで改良されるのって情報があるってコメントを2019年モデル発表前に複数頂きました。
いつもの方情報と同じ通りに、北米でラゲッジスペースが足りないって指摘が多かったとか。

ですので、新型は拡大される可能性が高いでしょうね。
fafads (2)
ちなみに現行のトップボックス
fafads (1)
サイドパニア。全て合計で110Lあるんだとか。

ちなみに先代モデルより減ってますけどホンダが調査した結果、減らしてもOKって結果だったみたい。
でも主戦場な北米では足りないぞって意見が多かったので、また増やすって感じらしい…難しいねー

新型ゴールドウイングのAndroidAutoについて

image-01 (3)
”iPhone*1内の電話帳や音楽プレイリスト、マップアプリケーションの地図表示などの情報コンテンツがそのまま乗車時にも利用可能なApple CarPlay。市販ヘッドセットの使用を想定したBluetooth®*2の採用や操作方法の最適化など、モーターサイクルライディングを前提とした使い勝手を追求している。”
引用元:主要装備 | GOLDWING | Honda
現行ゴールドウイングはAppleCarPlayを装備してますが、いつもの方曰くAndroidAutoが搭載されるそうです。


こちら紹介動画的な。まぁAppleの奴のAndorid版って感じっすね。

fdoasijfadiosfaio
引用元:Honda の Android Auto
ちなみにホンダの自動車では既に採用されてたりします。

現行ゴールドウイングはAppleCarPlayのみでしたので、Andoridユーザーが困ってたんでしょうね。
なのでどっちも対応しますって感じでしょうか。

コレって1台のゴールドウイングで両方対応なのか、AndroidかAppleか受注する時に選ぶって感じなんでしょうか?ちょっと気になりますね。

新型ゴールドウイングの先進安全機能について

 
こちら先進安全機能(ホンダセンシング)の解説動画だよ。予防安全機能的な。車の奴ね。
  • 先行者追従型のクルーズコントロール(ACC)
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制
  • 自動ブレーキ
  • 誤発進抑制
  • 後方誤発進抑制
  • 衝突回避
  • 先行車発進お知らせ
  • 標識認識
  • オートハイビーム
車のホンダセンシングは上記の機能があるよ。詳しくはホンダのページで確認してね。

バイクバージョンですので、関係なさげなのはオミットされそうですね。
  • ACC
  • 誤発進抑制
  • オートハイビーム
  • 先行車発進お知らせ
  • 自動ブレーキ
装備されるならこのあたりかな?素人の勝手な予想だよ。

ホンダセンシング、ゴールドウイングの様な車種にはピッタリな装備ですね。
たぶん新型ゴールドウイングは最初からホンダセンシングの装備を考えてたんだろうなーって思います。特許のタイミング的に。

9月16日:ACCも付くみたい。やったね♥

”クルコンは追従型になる(ただし速度制限があるっぽい)”
いつもの方の9月15日のコメント

追従型って事ですので、ACCですね。へーバイクでもいけるんすねぇ

新型ゴールドウイングのグレードについて

上記の先進安全装備等ですが、恐らくは最上級モデル(TOURのAIRBAG)にのみ装備されるか、更に上のグレードが出るか、またはオプションって感じでしょうね。
ゴールドウイングは今後恐らくは全モデル受注生産になりそうですし。

ラゲッジスペース拡大や、AndroidAutoについては、全モデルが対象だと思われます。

大体そんな感じです。
結構早い時期でのマイナーチェンジですねぇ…それだけ気合入れてるモデルって事なんでしょうね。
バイクにも先進安全機能が装備される時代なんすねぇ…なんだか不思議な感覚。

広告