パワーアップ&外装変更ってお話があるよ。ビッグマイナーチェンジって感じでしょうか。
fjadsoifdaiofjaio
4月6日:出力向上、外装変更ってお話あるよ
3月9日:現行ベースなのでマイナーチェンジっぽいです。一部パーツを試作するみたい。
3月3日:開発中なのは間違いなさげ。マイナーチェンジっぽい
1月3日:記事書いたよ

今までのCBR600RRに関する情報とか

ヤングマシンさんは以前からスクープしてたよ

18057018_1659411860753728_6232290363233431357_n
引用元:ヤングマシン YoungMachine - 投稿
2017年6月号(4月号)のヤングマシンさんには新型CBR600RRの情報載ってますね。
こちらは以前の特許の情報が元の予想みたいです。CG的にも。詳しくはこちら

2019年モデルは排ガスの値変わらず

fdspfadsfji
こちら2018年モデルのCARBの書類。
fsfjiasdafio
こちらは2019年モデルです。排ガスの値は同じですね。なのでカラー以外の変更は無し。
そういう感じで、アメリカでは2019年モデルはそのままって感じです。

CBR600RR向けっぽい特許群

frachang (4)
こちら2018年9月頃の公開されてた特許です。車両の図が大体PC37ですよね。
スイングアーム、フレーム、ダクトの特許等、色々と特許が出願されていました。

上記の特許群の詳細はこちらの記事でどうぞ。

いつも情報提供してくれる方のコメント

”新型アルミフレームでテスト走行しているスポーツタイプの情報がある。
もしかしたら…”
こちら※198さんのコメントです。10月16日

新型アルミフレーム…現状そういうモデルの噂は無いというか。

CB650Rは鉄でしたし…可能性がありそうなのは新型CBR1000RR、新型CBR600RR、新型V4系レブル1000ぐらいかと思います。

レブル1000は鉄フレームでしょうし、V4系は可能性低いし…となるとCBR系かな?って感じでした。

んで、新型CBR600RRの情報頂きました。

広告

1月2日:新型CBR600RRに関する情報

  • 新型CBR600RRが出るかも
  • ビッグマイナーチェンジ、またはフルモデルチェンジ
  • エンジンは変更ありそう
  • レースとかその辺向けがメインっぽい
こちら知人から聞いた話です。あくまで噂って感じでお願いします。1月2日

ビッグマイナーチェンジ、またはフルモデルチェンジ

こちらについては…
”新型アルミフレームでテスト走行しているスポーツタイプの情報がある。
もしかしたら…”
上記の※198さんのコメントがありますし…

23090_CBR600RR
現行CBR600RRって初代からずっと同じフレームですよね?
それにユニットプロリンクのままです。ちなみに新型CBR1000RRではユニットプロリンク廃止らしいです。

なので個人的な予想ですが、フレームも変わるのでは?またはスイングアームやリアサスだけでも変更ありそう。

現行CBR1000RRみたいに現行のフレームを改良したものかもですね。特許がそんな感じですし。

エンジンの変更について

エンジンについてですが、個人的には現行ベースの新型エンジンって感じだと思います。
流石に今の時代に完全新型の600cc4気筒エンジンはコスト的に厳しそう…

排ガス規制を通すためには、大体排気量上げるか、電子制御スロットルになったり、可変バルブ機構装備って感じが多いですよね。

レース等に使われるモデルなので、排気量アップはまず無いでしょうね。

電子制御スロットル化はありえそう。排ガス規制通すのに有効な手段みたいですし。
ライバルのYZF-R6も新型で電子制御スロットル化しましたし→1つ前のモデルから電子制御スロットルです。ご指摘ありがとうございます。

新型CBR1000RRは可変バルブ機構搭載ってお話ですので、CBR600RRもその可能性は多少ありそうかなーって思ったのですが、現行ベースで可変バルブ機構載せるのって大変そう…
でもホンダだったらやりかねないとも思っちゃう。ある意味一番ド変態なメーカー様ですし。

19ZX636G_201GN1DRF3CG_A
個人的な予想ですが、YZF-R6やZX-6Rと比べると後出しになりますので、ホンダの傾向的にエンジンモード切替や、トラクションコントロールはもちろん、上下クイックシフターはつけてきそうですね。
(YZF-R6とZX-6Rはアップだけのクイックシフターだよ)

どの辺向け?レース専用モデル?

レースとかその辺向けがメインなモデルっぽいとか…

600ccSSのレースとなると、ARRCやMoto2って感じですけど、Moto2はCBR600RRからトライアンフになるよ。

ss600-03
引用元:2018 フォトギャラリー | アジアロードレース選手権(ARRC) | Honda
ARRCではSS600ってクラスがありまして、そこでCBR600RRが活躍してます。
ARRCは市販車ベースのレースです。詳しくはこちらでどうぞ。

ARRCのSS600は市販車ベースのレースなので、恐らくは市販モデルも出るのでは?この辺謎ですが…

ちなみにインドネシアは現状EURO3ですが、2021年からEURO4になるってお話です。
なので市販モデルが出るなら、恐らくはEURO4適合、またはEURO5適合って感じでしょうか?

発売時期

この辺不明です。
昨年に何も発表無かったので、2019年モデルの可能性はないでしょうね。

排ガス規制的に、2020年モデル、または2021年モデルって感じでしょうか。
現状、スパイショットが撮られていたりしませんし、特許情報がメインって感じなので、まだまだ時間がかかりそうですかね?

3月3日:開発中ではあるみたいですが、中止の可能性もあるんだとか

”管理人さん。
あなたの情報通りRRを作ってるっぽいよ。
ただ開発規模が大きくないっぽいので中止はありえる。
1000に比べたら・・・”
いつもの方のコメントです、ありがとうございます。1月22日

そういう感じで、開発中なのは間違い無さげですね。ヤッホイ

開発規模が大きくないって事はあんまり予算無いってことですよね?
となるとフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジって感じでしょうか。

皆さん待ち望んでいるモデルですので、頑張って開発継続してほしいですね…

3月9日:パーツが試作されるとのご報告いただいたよ

  • エンジンのパーツが素材を変更して試作される
  • 素材の変更により従来より軽量化されている
  • 現状は試作なので量産されるかはわからない
こちら※69さんに教えて頂きました。ありがとうございますー!3月6日

パーツの素材を変更して試作ってお話ですので、そうであればマイナーチェンジでほぼ確定ですかね。

頂いた情報的には普通に規制通すだけではなく、色々と変更ありそうな感じですね。軽量化してるってお話ですし。電子制御系の強化もありそうですかね。

4月6日:出力向上&外装変更ってお話もあるよ

  • エンジンの出力向上があるみたい
  • 外装の変更もあるみたい
こちら知人から聞いた話です。あくまで噂って感じでお願いします。4月6日

外装の変更もあるって事はビッグマイナーチェンジでほぼ間違いなさそう。

現状のCBR600RRってEURO3相当でしたっけ?EURO4は適合してないです。
  • 馬力:88kW(119.6PS)/13,500rpm
  • トルク:66Nm/11,250rpm
ヨーロッパモデルのCBR600RRのスペックはこんな感じでした。
これより出力向上するってことですよね…規制適合(EURO4か5か謎ですが)してパワーアップって恐ろしいですね。

出力向上ってお話ですので、排気系も大きく変わりそうな気がしますね。それにCBR1000RRみたいにVTECもつくのかな?

HB2_MY15_Daytona675R_NW_RHS copy
こちらデイトナ675ですが、最終型でセンターアップから普通のタイプにかわりました。
CBR600RRもそうなる可能性がありそうな気がする…センターアップってほぼ絶滅してますし。

25070_CBR600RR
ちなみに最終型のCBR600RRはこういうお顔です。
逆スラントって今では結構いますけど、CBR600RRって先駆けだったんですかね。
DSC00127
個人的には新型は今時CBR顔になるかなーって思います。画像はCBR650Rだよ。

ここまで決まってるって事は市販の可能性は高いとみて良さげですかね?
でも開発が結構進んでても凍結や中止する事もあるみたいですが。

出力向上は嬉しいのですが、EURO3ぐらいのモデルがEURO5適合でパワーアップって可能なんでしょうか。
EURO3からEURO4の時は高回転型にしてパワーアップしたホンダのバイクは居ましたけど。

ちなみにYZF-R6はEURO5適合しないってお話を聞きますし、ZX-6Rについてはその辺どうなるか現状謎です。
日本で売ってくれるんですかねぇ…この辺現状謎です。

広告