正式に発表されましたので、T120と比較とかしてみました。
fdsfdfa
日本公式ページこちら

Speed Twinのカラーラインアップ

1100x629_DD2-RHS-Korosi-Red
KOROSI RED / STORM GREY WITH HAND PAINTED GRAPHITE COACHLINE
1100x629_DD2-RHS-Silver-Ice
SILVER ICE / STORM GREY WITH HAND PAINTED GRAPHITE COACHLINE
1100x629_DD2-RHS-Jet-Black
JET BLACK

3色ありますけど、恐らくKOROSI REDとSILVER ICEはちょっと高くなると思います。
ツートンで、一部ハンドペイントですし。

Speed Twinのお姿

jofidsjsfiaso
fdsoifsaiof
fdsoifjdioas
sdjfkasdfisj
fsdfjsadfij
fsojpifasdfjasio
fsdjfasfjsio
fsdjfdioaj
fdsopijfsadijaso
fasiopfdjaiso
fsdjoifsaioa
fdsjoifsaio
sdfokjdsofasij
sdjoifaji
fdsjofidsajoi
トライアンフってガチレトロ寄りってイメージですけど、スピードツインは多少ネオレトロ寄りって感じでしょうか?
なんだかちょっと今時っぽいですし、マッスルな感じですね。かっちょいい。

広告

Speed Twinの装備

VARIANT_MEDIA_CAROUSEL-1-1920X1080
・スラクストンRベースの新設計フレーム

REASONS_TO_RIDE_FEATURE-1-770x770
・スラクストン系と同じチューニングのエンジン
マグネシウムカムカバー、改良されたクラッチアッセンブリー、質量を最適化したエンジンカバーが採用されています。
引用元:Triumph Speed Twinが選ばれる理由 | For the Ride
スラクストン系とチューニングは同じですが、一部改良されてるみたい。

SpeedTwin-variant-feature-1-1410x793
・3レベルのライディングモード
スポーツ/ロード/レイン

・USB電源(恐らくシート下)
・タイヤ空気圧モニター(オプション)
・ライドバイワイヤ
・トラクションコントロール

SpeedTwin-variant-feature-5-1410x793
・LEDテールライト、ウィンカー
Speed-Twin-Front---Korosi-Red-1920x1080 (1)
・LEDデイタイムランニングライト

SpeedTwin-variant-feature-7-1410x793
・トルクアシストクラッチ
・バーエンドミラー

SpeedTwin-family-feature-6-1410x793
・フロントブレンボ4POTキャリパー
・リアNISSIN2POTキャリパー

SPT_DD2_2019_7J9A0163_REAR_SUSPENSION_DETAIL2-1920x1080
・新設計KYB製前後サスペンション

SpeedTwin-variant-feature-3-1410x793
・アルミ製パーツ
  • フロントフェンダー
  • リアフェンダー
  • スロットルボディカバー
  • サイドパネル
  • ヒールガード
  • スイングアーム
  • ヘッドライトブラケット(鍛造)
SpeedTwin-variant-feature-8-1410x793
・Monzaフューエルキャップ

Speed Twinのスペック

【】はボンネビルT120
・全幅:760mm【785㎜】
・全高:1,110mm【1,100mm】
・ホイールベース:1,430mm【1,450mm】
・シート高:807mm【790mm】
・重量:215kg【244kg】
・燃料タンク:14.5L

・エンジン:SOHC水冷2気筒4バルブ270°クランク
・排気量:1,200cc
・ボア×ストローク:97.6mm×80mm
・圧縮比:11.0:1【10.0:1】
・ギア:6速
・馬力:72kw(97PS)/6,750rpm
【59kw(80PS)/6,550rpm】
・トルク:112Nm/4,950rpm
【105Nm/3,100rpm】
 
・フレーム:鋼管&アルミ【鋼管】
・フロントサスペンション:41mm正立
 トラベル:120mm
・リアサスペンション:2本サス(プリロード)
 トラベル:120mm
・キャスター:22.8°【25.5°】
・トレール:93.5mm【105.2mm】

・フロントブレーキ:305mm/ブレンボ4POT
【310mm/2POT】
・リアブレーキ:220㎜/ニッシン2POT
【255mm/ニッシン1POT】
・フロントタイヤ:120/70 ZR17【100/90-18】
・リアタイヤ:160/60 ZR17 【150/70 R17】

Speed TwinとBONNEVILLE T120の比較


fdsfdfa
こちら比較GIF画像。

装備等

・フレーム
T120:鋼管
Speed Twin:鋼管&アルミ

・前後サスペンション
T120:正立41㎜/2本サス(プリロード)
Speed Twin:新設計サスペンション

・スイングアーム
T120:スチール
Speed Twin:アルミニウム

・ライディングモード
T120:ロード/レイン
Speed Twin:スポーツ/ロード/レイン

・グリップヒーター
T120:あり
Speed Twin:なし

・ウィンカー
T120:バルブ
Speed Twin:LED

・センタースタンド
T120:あり
Speed Twin:なし

・タイヤ
T120:Pirelli PHANTOM Sportscomp
Speed Twin:Pirelli Rosso Corsa 3

・ホイール
T120:ワイヤースポーク
Speed Twin:アルミキャスト

・フロントブレーキ
T120:310mm/2POT
Speed Twin:305mm/ブレンボ4POT

・リアブレーキ
T120:255mm/ニッシン1POT
Speed Twin:220㎜/ニッシン2POT

スペック

enginedeawasta
こちらエンジンで位置合わせした比較GIF画像

・馬力
T120:59kw(80PS)/6,550rpm
Speed Twin:72kw(97PS)/6,750rpm

・トルク
T120:105Nm/3,100rpm
Speed Twin:112Nm/4,950rpm

・フロントタイヤサイズ
T120:100/90-18
Speed Twin:120/70 ZR17

・リアタイヤサイズ
T120:150/70 R17
Speed Twin:160/60 ZR17

・車両重量
T120:244kg
Speed Twin:215kg

・ホイールベース
T120:1,450mm
Speed Twin:1,430mm

kotigaii
こちらスラクストンとの比較GIF画像。

見た目的にT120と比較しましたけど、スラクストンと比較した方が良かった気がしてきました。
装備等が大体スラクストンと同じですので。

Speed Twinの日本国内価格や発売日

”日本導入時期は2019年初春を予定しており、メーカー希望小売価格については未定。”
引用元:【新車】トライアンフ、新型「SPEED TWIN」を発表 優美で気品あふれるアイコン | ウェビック バイクニュース
全文はwebikeさんでどうぞ。

”トライアンフのHPでSPEED TWINが正式に発表されました。
販売店に聞いた話だと、予想価格は170万くらいみたいです。”
こちら※27さんのコメントです。ありがとうございますー

fjdsoiajoi
T120が152万1,800円
jofsajifadsfa
スラクストンが160万円

確かにスピードツインさんは170万円ぐらいになりそうですかね。

スピードツインってスラクストンと装備は大体同じですが、多少豪華になってますので、恐らくはスラクストンより高くなるでしょうね。

動画


公式PV


ウォークアラウンド動画

排気音動画

大体そんな感じです。
キャストホイールで、アップライトなポジション、装備が多少豪華になってるスラクストンって感じでしょうか?

fjdoifaji
正式な価格の発表は1月18日ですので、恐らくはその時に発売日も告知があるのではないでしょうか?
気になる方はお近くのトライアンフ販売店さんでどうぞ。

広告