かわいくてつよいV85TTちゃんの情報まとめました。日本にも入ってくるよ。
45819853_10156893240623656_7425315366005374976_o
引用元:Moto Guzzi – V85 TT
公式ページこちら

V85 TTのカラーラインアップ&お姿

moto_gallery_02
moto_gallery_04
moto_gallery_08
moto_gallery_06
おなじみカラー。イエロー系。
moto_gallery_01
moto_gallery_03
moto_gallery_07
moto_gallery_05
マットグレー系。ちなみにエンジンガードやサイド、トップパニア、オーリンズサスはオプションであるよ。

ちなみにあと1色レッドが居ます。

V85 TTのスペック

・シート高:830mm
・乾燥重量:208kg
・重量:229kg
・燃料タンク:21L
・最低地上高:210mm

・エンジン:空冷90°V型2気筒2バルブ
・排気量:853cc
・ボア×ストローク:84mm×77mm
・圧縮比:10.5:1
・ギア:6速
・クラッチ:乾式
・馬力:59kw(80HP)/7,750rpm
・トルク:80Nm/5,000rpm
・燃費:20.4km/L
・排ガス規制:EURO4
 
・フロントサスペンション:41mm倒立
 (プリロード、伸側減衰力)
 トラベル:170mm
・リアサスペンション:リンクレスモノショック
 (プリロード、伸側減衰力)
 トラベル:170mm

・フロントブレーキ:320mm/対向4POT
・リアブレーキ:260mm/2POT
・フロントタイヤ:110/80-19
・リアタイヤ:150/70-17

広告

V85 TTの装備

Moto_Gallery_6
・新型853cc空冷90°V型2気筒2バルブエンジン
腰上は完全新型。

V85_news_img4
・馬力80HP/7,750rpm、トルク80Nm/5,000rpm
トルクの90%は3,750rpmで発生する。

moto_gallery_ambiente_02
・スロットルバイワイヤ
・クルーズコントロール
・MGCTトラクションコントロール

V85_news_img6
・ライディングモード
  • ロード:中程度のトラコン、前後ABS、スロットルレスポンス
  • レイン:より高いトラコン、前後ABS、緩やかなスロットルレスポンス
  • オフロード:最低レベルのトラコン、前のみのABS(前後ABS無効も可能)、より緩やかなスロットルレスポンス(エンジンブレーキも強くなってる)
Moto_Gallery_4
・TFT液晶メーター
スピード、タコメーター、走行距離計(トリップ)、時計、ギアポジション、気温、燃料計、平均&瞬間燃費計、走行可能距離(?)、ライディングモード

・メーター横のUSBポート&シート下USBポート

45808239_10156893240833656_3690602244253679616_o
・MOTO GUZZI MI(スマートフォン連携、オプション)
音楽再生(インカムやイヤホンでの)、電話、ナビゲーション(ピクトグラフによるをメーターに表示、簡易的な奴)

Moto_Gallery_1
・スモークスクリーン
・ハンドガード

Moto_Gallery_3
・ハイマウントのフロントフェンダー

45852220_10156893240558656_1792438415539568640_o
・LEDヘッドライト

02_motoguzzi_news02_telaio_anteriore
・LEDウィンカー

V85_news_img7
・鷲のマークのデイタイムランニングライト

Moto_Gallery_2 (1)
・21L燃料タンク
400km以上走行可能

V85_news_img8
01_motoguzzi_news02_reggisella
・シート下収納スペース(USBポートあるよ)

・色々出来ちゃうリアキャリア
サイドパニアブラケット装着可、トップケース取付プレート装着可、グラブバーを兼ねてるよ

45720666_10156893240813656_6625544386216198144_o
・広くて快適なパッセンジャーシート、グラブバー
45728326_10156893240653656_6077304751618260992_o
・十分に(ライダーとタンデマーの)スペースがあるフットペグ

art_gallery_01
・アルミニウムサンプガード
・210mmの最低地上高

Moto_Gallery_0
・41mm倒立フォーク
プリロード、伸び側減衰力

art_gallery_05
・リンクレスモノショック
プリロード、伸側減衰力

V85_news_img5
・シャフトドライブ
・ステップのゴムは取り外し可

art_gallery_03
・アルミスイングアーム
・260mm/2POTキャリパー

Moto_Gallery_9
・320mm/ブレンボ対向4POTラジアルマウントキャリパー
・ABSはコンチネンタル製

V85 TTのアクセサリー

moto_gallery_07
・サイドパニア
1.5mm厚のアルミ製。パウダーコート。
左33L、右39L
トップケース用ワンキーシステムも用意。
ステンレス製ステーは付属。

・41Lトップケース
1.5mm厚アルミ製。パウダーコート
ステンレス製取付プレート付属。

・ポリカーボネイト製大型スクリーン

・センタースタンド

・大型スタンドベース
砂地等の足場が不安定な地面のためのスタンドの設置面積広める奴

・オーリンズリアショック
プリロード、圧側/伸側減衰力

・アロー製エキゾースト
チタン製。カーボンエンドキャップ。

・シャフトドライブプロテクション
分厚い鋼管製。

・鋼管エンジンガード
分厚い鋼管製。エンジンとライダーの足を保護。

・コンフォートシート
スペシャルな3Dインサート入り。3つの高さを用意

・クラッチ、ブレーキレバー
4段階調整可能。削り出し。

・追加のLEDライト
アルミニウム製で小型。フォグライト的な。

・折りたためるミラー

・マッドガード
射出成型プラスチック製。
シャフトドライブに取付。石や水からエンジンを保護する

・スポーツアドベンチャータイヤ
Michelin Anakee Adventureタイヤ。スペシャルバージョン(アクセサリー装着車的な?)は標準装備

・MOTO GUZZI MIA
スマートフォン連携

・エレクトロニックアンチセフトシステム
盗難防止系。リモコン付き

・(ヘッド)ライトプロテクション
耐衝撃、耐スクラッチなポリカーボネートシート製。オフロード走行等の時に便利。

・ツールバッグ
革製。ラゲッジラック(リアキャリア)にねじ止め。ツールは入ってないよ。

・フューエルタンクカバー

V85 TTの価格

V85 TT

価格:11,990ドル(約136万5,500円)
カラー:Grigio Atacama(グレー系)

V85 TT ADVENTURE

価格:12,990ドル(約147万9,400円)
カラー:Giallo Sahara, Rosso Kalahari(イエロー系、レッド系)
引用元:Moto Guzzi V85 TT Priced Aggressively at $11,990 - Asphalt & Rubber
全文、原文はASPHALT&RUBBERさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性がありますので、情報元で確認してくださいね。

カラーは3色みたい。メインカラーの3色のカラーはイエロー扱いですかね。レッドは下の方の動画に出てくるよ。

ADVENTUREについてはwith bagですって…サイドパニア(とトップケース)が付いてるって事でしょうか?謎。

日本のアドベンチャー系、ツアラー系の価格

  • V-STROM1000:12,999ドル(140万4,000円)
  • アフリカツイン:13,599ドル(138万6,720円)
  • スーパーテネレ:16,199ドル
  • ヴェルシス1000SE LT+:17,999ドル

似た価格の日本のモデル

  • GSX-S1000F:11,299ドル(118万5,840円)
  • Z900RS CAFE:11,699ドル(135万円)
  • CB1100EX:12,199ドル(133万8,120円)
  • Ninja1000:12,199ドル(127万4,400円)
  • MT-10:12,999ドル(167万4,000円)
  • CB1000R:12,999ドル(164万520円)
V85 TTちゃんですが、アメリカでは意外とお安いみたいですね。単純換算で136万5,500円ですし。
見た目お上品なのでもっと高いかと思いました。

大体Ninja1000やCB1100EXと同じ価格(11,990ドル)ですので、価格は日本円だと感覚的には130万円前後って感じでしょうか。

日本に入ってきた時はいくらぐらいのお値段になるんですかねぇ…恐らくはもう少し高くなると思います。素人の勝手な予想だよ。

V85 TTの日本国内発売日

padsiofjioa
日本では2019年夏発売予定です。
夏…日本においては6月~8月ですって。wikipediaさん曰く。

アメリカでは2019年5月発売ですので、恐らくは日本も6月とか7月ぐらいでは?

V85 TTの動画


公式PV

イエロー系、後半グレー系(アクセサリー装着車)

イエロー系


レッド系。アクセサリー装着車(大体ついてる)

大体そんな感じです。
装備は丁度いい感じで、見た目素敵ですけど、お値段意外としなかったですね。

日本でも2019年夏導入予定とのことですので、気になる方はお近くのモトグッツィ取り扱い店さんで聞いてみてね。

広告