正式に発表されましたので、変更点まとめました。あと新型の噂も載せておきますね。
souiunoyametehosiizo

2019年モデルのCRF1000Lアフリカツイン

”Hondaは、大型アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」のカラーバリエーションを変更するとともに、全タイプ共通でETC2.0車載器※1を標準装備し、Honda Dreamより12月14日(金)に発売します。”
引用元:Honda | 大型アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」のカラーバリエーションを変更するとともに、全タイプにETC2.0車載器を標準装備し発売
リリースこちら。公式ページこちら

2019年モデルのCRF1000Lアフリカツインのカラーラインアップ

普通のアフリカツイン

product-10 (1)
【新色】グリントウェーブブルーメタリック(トリコロール):141万9,120円
ah2019 (2)
ah2019 (3)
DCT:152万7,120円
product-09 (2)
【継続・一部変更】グランプリレッド(CRFカラー):141万9,120円
ah2019 (6)
ah2019 (1)
DCT:152万7,120円
product-11 (1)
【継続・一部変更】マットバリスティックブラックメタリック:138万6,720円
ah2019 (4)
ah2019 (5)
DCT:149万4,720円

アフリカツインアドベンチャースポーツ

product-01 (39)
【継続】パールグレアホワイト(トリコロール):155万6,280円(DCT:166万4,280円)

2018年モデルのカラーで廃盤になったカラー

product-04 (3)
【廃盤】パールグレアホワイト(トリコロール)

基本的にカラーは継続ですが、パールグレアホワイトが廃盤になり、グリントウェーブブルーメタリックに変更になりました。

下の方で継続カラーの2019年モデルと2018年モデルの見た目の変更点比較もしますね。

154159_Africa_Twin_Adventure_Sports
154160_Africa_Twin_Adventure_Sports
ちなみに海外にはアドベンチャースポーツで2019年モデルでシルバーメタリックなるめっちゃ彩度低いモデルいますけど、日本には入ってきませんでした。

広告

2019年モデルのCRF1000Lアフリカツインの変更点まとめ

  • ETC2.0になった
  • 4,320円の値上げ
  • スペックの変更点はない

2018年モデルから2019年モデルでの変更点

マットバリスティックブラックメタリック

souiunoyametehosiizo
比較GIF画像。画像の都合でDCTモデルと通常モデルで比較してます。(エンジンの見た目ちょっとちがったり、ディスクガードついてたり)
  • ホイール:ブラック→ゴールド
  • デカール:ゴールド系→ブラック系

グランプリレッド

gaagagasgdga
  • デカール変更
  • フロントフェンダー:レッド→ブラック
  • リアキャリア:シルバー→ブラック
大体そんな感じでしょうか。
カラーの変更とETC2.0って感じですので、その変気にしない人は2018年モデルの在庫車を狙うと、多少お買い得に買えるかもですね。

ちなみに2020年モデルに関する噂もありまして…

2020年モデルの新型CRF1000Lアフリカツインに関する情報

  • アフリカツインが2020年モデルでビッグマイナーチェンジ、またはフルモデルチェンジ
  • 排気量が1,100ccに拡大される
  • ソフトウェアの変更等もあり、恐らくはクルーズコントロールが追加される
こちら知人から聞いた話です。あくまで噂って感じでお願いします。7月15日
気になる方はこちらの記事でどうぞ。

そういう感じでして、2018年モデルでビッグマイナーチェンジのあったアフリカツインですが、2020年モデルでもそういう感じらしいですよ。
上記はモデルチェンジ内容の一部だと思います。他にも変更点あると思う。

アフリカツインって2016年モデルが初代でして、その2年後にビッグマイナーありました。
2020年は2年後ですし、EURO5ありますので、時期的にもちょうど良さそう。

EURO5適合モデルでしょうから、お値段高くなったり、重くなったりするかもですので、その辺気にする方は現行モデルが買えるうちに買っておく方が幸せかもですね。

広告