どうもこちらの特許、新型隼のものみたい。過去の特許や現行モデルとエンジン似てますし。
haya20-(8)

スズキの排気系の特許の目的

”複数の触媒装置をチャンバ内に収容する構成を有しながらも、チャンバの消音性能を高め、かつ構造を複雑化させることなく触媒の早期活性化を図る。”
なる特許が出願されていました。出願日は2017年4月

ちなみに特許内容ですが…
  • チャンバー(お弁当箱、触媒ボックス)のおかげでマフラー(サイレンサー)が小型化出来る
  • 最近排ガス規制厳しいので、チャンバーの中に複数触媒入れたりする
  • チャンバー内に複数触媒入れると、チャンバーによる排気音の消音性能が低くなる
  • 触媒の早期活性化のためには効率よく排ガスを触媒に当てるべき
  • でも複数の触媒に効率よく排気あてるとなると排気系が複雑になる
  • なので複数の触媒をチャンバー内にいれつつ、消音性能を高め、構造を複雑にしない排気装置をつくるぞ
って感じです。めっちゃ要約してますけど。

スズキの排気系の特許の解決手段


haya20-(6)
こちら排気系全体の図。4-2-1-2
haya20-(3)
”排気装置は、自動二輪車のエンジンに取り付けられた排気管と、排気管の下流側に接続されたチャンバ41と、チャンバ41に接続されたマフラと、チャンバ41内にそれぞれ設けられ、排気を浄化する円柱状の2つの触媒装置46、47とを備えている。触媒装置46、47は、自動二輪車の左右方向において隙間G1を空けて並んで配置され、触媒装置46、47のそれぞれの流入側端部46A、47Aは自動二輪車の前方を向き、かつ自動二輪車の前後方向において揃っている。”
チャンバーの中に、隙間あけて触媒を横並びに2つ設置しちゃおうって感じ。
haya20-(2)
ちなみにこちらその触媒部分。46と47がそれぞれ触媒です。
”流出室R2内の後部の空間Sに流出した排気は、流出室R2内の後部の空間Sだけでなく、触媒装置46、47間の隙間G1、および各触媒装置46、47とチャンバ41内の壁面との間の隙間G2を流通する。”
触媒の中通った綺麗になった排ガスですが、後ろの空間のSだけにではなく、隙間G1、G2にも流れちゃうみたい。
haya20-(4)
ちなみに触媒を通った排ガスはG1、G2には流れるけど、触媒以前に逆流はしないみたい。触媒の入口の方の隙間は埋めてある。
”触媒装置46、47から流出した排気が流出室R2内の後部の空間S、隙間G1および隙間G2を流通することにより、排気音が低減される。また、触媒装置46、47から流出した排気が隙間G1および隙間G2を流通することにより、当該排気が触媒装置46、47の外周面に当たり、当該排気の熱により、触媒46、47の温度が上昇する。”
これによって、排気音低減&触媒の温度上がって高効率化って感じですかね。構造も簡単ですね。
haya20-(7)
ちなみに下から見た図。41がチャンバーね。

広告

これ、どういう車両向けの特許?

”例えば並列4気筒の4サイクルエンジン”
エンジンは4気筒。
haya20-(6)
排気系の全体の図でわかる通りに2本出しマフラーです。
pcfdafa
引用元:隼(ハヤブサ)|スズキ バイク
スズキで2本出しと言えば隼ってイメージですけども。
haya20-(8)
こちら、今回の特許の車両の図です。なんか見覚えあるぜ。
New-Hayabusa-01
引用元:2017 Hayabusa: Suzuki's secret drawings show radical new weight-reducing frame - MoreBikes
ちなみにこちらはGSX-S1000のフレーム。似てるけどエンジンフレーム共に違いますね。
pc (7)
こちら現行隼のフレームの図。逆向きですが。なんとなく似てますね。でも別物。

jfisofasoifaoifiso
こちら以前の隼向けのAMTの特許の時のエンジンの図。
…今回の特許のエンジンの図と結構似てますね。AMTのアクチュエーター等があるのでちょいちょい違いますけど。

niteruyan
こちら比較GIF画像。
縮尺違うというか、全体的なサイズ感等は違いますが、おおまかな形は似てますよね。
エンジンのマウント位置?とか似てる。

現行型のエンジンとも見比べてみましたが、大まかな形は大体似てます。
今回の排気系の特許ですが、隼関連の特許と見てよさそう。

haya20-(8)
フレームに関しては、新型フレームみたいですね。スイングアームも新型かな。
サイレンサーですけど、恐らくはエンドがついて先っちょは隠れると思います。

勝手にまとめ

そういう感じですので、恐らくですが今回わかった新型隼についてですが…
  • 現行ベースの新型エンジン
  • たぶん完全新型フレーム
  • 4-2-1-2の排気系
って感じでしょうか?素人の勝手な予想だよ。

色々とあって延期になってる新型隼ですが、2020年モデルになるじゃろって噂ですね。
”今後も世界中のお客様に革新的でワクワクする商品をお届けすべく、2021年までに、大型車を中心に10機種以上の新型モデルを投入し、シリーズ化と商品ラインアップの強化を図っていく。」と述べた。”
引用元:スズキ、海外向け大型二輪車 新型「KATANA(カタナ)」を発表|スズキ
こういうお話ありますので、遅くとも2021年モデルとしては出るでしょうね。たぶん…

fsiofjsioajsiofs
ちなみに今までの情報まとめてる記事はこちらでどうぞ。AMT載る可能性あるよ。
あとで更新しておきますね。

広告