日本でも正式に発表されましたので、SEとSE+で比較したり、2018年モデルと比較したり。
DSC08182

1月15日:日本でも正式発表されました。
12月17日:普通のNinja H2 SX SEについての情報も頂きました
12月15日:日本国内モデルについての情報頂きました
11月11日:動画追加

2019年モデルのNinja H2 SX SE+のリリース

公式ページこちら。発売日は2月1日

価格や発売日、仕様などは教えて頂いた通りでしたね。
教えてくださった方々、ありがとうございました。

Ninja H2 SXシリーズの価格

2018年モデル

  • Ninja H2 SX:199万8,000円
  • Ninja H2 SX SE:237万6,000円

2019年モデル

  • Ninja H2 SX:199万8,000円
  • Ninja H2 SX SE:239万7,600円
  • Ninja H2 SX SE+:277万5,600円
普通のSXはそのまま、SEは2万1,600円の値上げです。
SE+はSEより37万8,000円高です。

2018年モデルのNinja H2 SXシリーズのカラーラインアップ

Ninja H2 SXのカラー

0_17fadfa
【継続・一部変更】メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー

Ninja H2 SX SEのカラー

0_17 (25)
【継続・一部変更】エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック

2019年モデルのNinja H2 SXシリーズのカラーラインアップ

Ninja H2 SXのカラー

Dw6-PjhUcAAJ0db
0_15 (35)
0_5 (19)
0_0 (26)
【継続・一部変更】メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー

Ninja H2 SX SEのカラー

Dw6-MGrUwAAyHPx
0_15 (36)
0_5 (20)
0_0 (27)
【継続・一部変更】エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック

Ninja H2 SX SE+のカラー

Dw6-IANUUAE5KMC
0_15 (37)
0_5 (21)
0_0 (28)
meter
メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック

パニア装着状態(海外仕様だよ)

19ZX1002D_40RGY2DORF1CG_A
19ZX1002D_40RGY2DORS1CG_A
19ZX1002D_40RGY2DOLS1CG_A
画像は海外仕様です。リフレクターついてるぐらいですけど。
日本仕様はリフレクターついてないよ。一部画像ではついてますけども。

広告

Ninja H2 SX SE+のスペック

【】はNinja H2 SX SE
・全長:2,135mm
・全幅:775mm
・全高:1,260mm
・ホイールベース:1,480mm
・シート高:820mm
・重量:262kg【260kg】
・燃料タンク:19L
・最低地上高:130mm

・エンジン:DOHC水冷4気筒スーパーチャージド
・排気量:998cc
・ボア×ストローク:76mm×55.0mm
・圧縮比:11.2:1
・ギア:6速
・馬力:147.1kw(200PS)/11,000rpm
・ラムエア加圧時:154kw(210PS)
・トルク:137Nm/9,500rpm(海外公式だと137.3Nm)
・燃費:17.9km/L
 
・フロントサスペンション:SHOWA 43mm倒立
(KECSによる伸側/圧側減衰力、手動でのプリロード)
 トラベル:120mm
・リアサスペンション:BFRC lite
(KECSによるプリロード/伸側/圧側減衰力調整)
 トラベル:139mm
・キャスター:24°70′
・トレール:103mm

・フロントブレーキ:320㎜/4POTラジアルマウント
・リアブレーキ:250㎜/2POT
・フロントタイヤ:120/70ZR17M/C (58W)
・リアタイヤ:190/55ZR17M/C (75W) 

日本の現行H2 SXのシート高は820mmですが、UKモデルは835mmだよ。

普通のNinja H2 SX SEとNinja H2 SX SE+の装備の違い

KECS

19ZX1002D_40RGY2_EC_Suspension
SHOWAの電子制御サスペンションです。
サスペンション自体は43mm倒立のSHOWA製カートリッジフォークとBFRC lite。

インテグレーテッドライディングモードによって減衰力の基準が決まるが、±5段階(計10段階)で微調整可能。
あとはリアルタイムで車体のスピードと、サスペンションのストロークスピードによって調整。

電子制御式リアプリロードアジャストも装備していて、3つのモード(ライダー/ライダーと荷物/ライダーと荷物とタンデマー)がある。
こちらも10段階で微調整可能。

ブレンボ製Stylemaキャリパー

19ZX1002D_40RGY2FFW1CG_A_002
ブレンボ様のお高いキャリパー。パニガーレV4にも装備されてる奴です。

ハイリーデュラブルペイント

19ZX1002D_GY2_Highly_durable_paint_area
トーン貼ってある所がハイリーデュラブルペイントの範囲だと思います。
ひっかき傷等の細かい傷を自動で修復するカワサキの塗装。

→2019年モデルのNinja H2 SX SEは同じくハイリーデュラブルペイントになりました。2万1,600円の値上げはコレですね。

インテグレーテッドライディングモード

スポーツ/ロード/レイン/ライダー(マニュアルで設定)の4つのモード。
KTRC、パワーモード、KECSが連携したライディングモードで、状況に応じたモードを効率的に設定が出来る。
プリセットモードって感じですね。いちいち全部自分で細かく設定しないで済む感じ。

スマートフォン連携

19ZX1002D_40RGY2FMEC1CG_A_001
ブルートゥースでスマートフォンと連携。電話やメールをメーター内に表示出来る。
スマートフォンのREDEOLOGY THE APPで、スマホ側でライディングモードの設定とか、車両の情報、走行ルートの確認等可。

SEとSE+の見た目の違い

waruiyatudana
こちら比較GIF画像。
  • キャリパー
  • リアサス周り
  • カラーとデカールのデザイン
ぐらいでしょうか。

2019年モデルのNinja H2 SXの変更点まとめ

iuiuhoiuhop
こちら比較GIF画像
  • スーパーチャージャーのロゴが変わった
  • リアホイールのボルトが変わった
  • ステップ下のセンタースタンドのステー(?)が無くなった
  • 価格やスペック変わらず

2019年モデルのNinja H2 SX SEの変更点まとめ

joijiojpioj
こちら比較GIF画像。
  • タンク周辺がハイリーディラブルペイントになった
  • スーパーチャージャーのロゴが変わった
  • リアホイールのボルトが変わった
  • スペック変わらず
  • 2万1,600円の値上げ

日本国内モデルのNinja H2 SX SE+の納期関連情報

”販売店で聞いてきました。国内販売決定。

H2SXSE plus
発表 1月15日
発売 2月1日

価格は、税抜2,570,000円との事でした。カラーは1種類のみ。スペックは既報の通り。部品調達難から初回デリバリー極少の様子です。(キャリパー、電サスあたり?)”
こちら※33さんのコメントです、ありがとうございます!12月15日
”聞いてきました
お値段はやはり257万だそうです。
ブレーキが特に変わっていてディスク径が大きくなって
キャリパーのブレンボが前年のモデルに比べて50%排熱性が向上していて効きが更に良くなっているそうですよ

で、初回はやはり少ないようです
もう予約されてる方居るそうです”
こちら※77さんのコメントです。ありがとうございますー1月12日

そういう感じで、初期ロットは少ないようです。予約する方はお早めに…

Ninja H2 SX SE+の動画

 
公式機能解説動画。
 
公式PV
 
 
 
アクセサリー装着車

大体そんな感じです。
DSC08214
せっかく写真撮ってるのでこの記事の載せようかと思ったのですが、長くなりすぎるので別記事にしますね。
記事書いたらこちらからもリンク貼りますので、気になる方はどうぞ。

個人的な感想ですが、SEの方はカワサキの大型モデルって感じの高級感でしたけど、SE+の方はH2並の高級感というか、特別感を感じました。

カラーの影響ですかね?とりあえずはカッチョイイので実物見てほしいなーって思いました。

広告