アメリカに続いて、イギリスでの価格が発表されてました。それから比較GIF画像とか追加。
19MY_Versys_1000_Shot_18_2
11月14日:イギリスでの価格も追記。比較GIF画像もあるよ。
11月11日:動画追加
11月7日:まとめたよ

リリース

”川崎重工は、高い汎用性を持つアドベンチャースタイルのツーリングモデル「VERSYS 1000」をモデルチェンジします。また、電子制御サスペンションなど、先進装備を追加したハイグレードモデル「VERSYS 1000 SE」をラインナップに追加し新発売します。両モデルを、2019年モデルとして2018年11月上旬より導入国で順次発売します。”
引用元:先進の電子制御技術を導入し快適性とスポーツ性を高めた「VERSYS 1000/VERSYS 1000 SE」2019年モデルを新発売 | プレスリリース | 川崎重工業株式会社
海外公式ページこちら。日本語のリリースこちら

カラーラインアップ

19KLZ1000D_40RGN1DRF3CG_A
19KLZ1000D_40RGN1DRS3CG_A
19KLZ1000D_40RGN1DLS3CG_A
19KLZ1000D_40RGN1DLB3CG_A
19KLZ1000D_40RGN1DTA3CG_A
エメラルドブレイズドグリーン/パールストームグレー(SE)
19KLZ1000D_40RBK1DRF3CG_A
19KLZ1000D_40RBK1DRS3CG_A
19KLZ1000D_40RBK1DLS3CG_A
メタリックフラットスパークブラック/パールフラットスターダストホワイト(SE)
19KLZ1000C_40RWT1DRF3CG_A
19KLZ1000C_40RWT1DRS3CG_A
19KLZ1000C_40RWT1DLS3CG_A
パールフラットスターダストホワイト/メタリックフラットスパークブラック
19KLZ1000C_40ROG1DRF3CG_A
19KLZ1000C_40ROG1DRS3CG_A
19KLZ1000C_40ROG1DLS3CG_A
キャンディースティールファーネスオレンジ/メタリックスパークブラック

パニア装着車

19KLZ1000D_40RGN1DORS3CG_A
19KLZ1000D_40RGN1DOLS3CG_A
19KLZ1000D_40RGN1DOLB3CG_A
19KLZ1000D_40RGN1DORF3CG_A
19KLZ1000D_40RGN1DOTA3CG_A

装備

標準装備

19KLZ1000D_40RGN1NRS3CG_A
・1,043cc4気筒エンジン
こちら現行ベースですね。スロットルバイワイヤになったり、色々と変更ありますが。

19KLZ1000D_40RGN1NRS3CG_A_strip_3
・アルミニウムツインスパーフレーム
こちらは現行と同じかな?


19KLZ1000D_40RGN1FHAA3CG_A_003
・アシスト&スリッパークラッチ
・電子制御スロットル
・エレクトロニッククルーズコントロール
ボタンを押すだけで、設定した速度を維持できる。

・たぶんSEのみグリップヒーターとハンドガード標準装備

19KLZ1000D_40RGN1FSAA3CG_A_001
・ロングトラベルサスペンション
・アップライトなライディングポジション

19KLZ1000D_40RGN1DORF3CG_A (1)
・ラジアルマウントキャリパー
310mmディスク、ラジアルマスター、モノブロックラジアルマウントキャリパー

19MY_Versys_1000_Shot_9_2
・KCMF
IMUベースで、エンジンと車体のパラメーターをモニターし、コーナーでのエンジンやブレーキのパワーを調整し、加減速スムーズにする。

・KIBS(コーナリングABS)
ZX-10RやNinja H2で使っている物とベースは同じで、公道やVersys1000のサスペンションに合わせて改良されている。

・KTRC(トラクションコントロール)
3モード。

19KLZ1000D_40RGN1DFA3CG_A
・調整可能なフロントスクリーン
75mmの範囲(SEは45mm)で無段階調整可能。SEはハイスクリーンを標準装備。
調整ノブはスクリーンの内側。

・LEDヘッドライト
ロー、ハイ、ポジションのヘッドライト。

19KLZ1000D_40RGN1DBA3CG_A
・オールLED
全てLEDの灯火機類

19KLZ1000D_40RGN1FMEA3CG_A_001
・ハイクラスなメーター
SEモデルはTFTなメーター
19KLZ1000C_40RWT1FME3CG_A
通常モデルはLCD。Ninja H2 SEと同じ構成ですね。

19KLZ1000D_40RGN1FMED3CG_A
・電源
メーター左下に電源。40W

19KLZ1000D_40RGN1DRF3CG_A (1)
・2つのシートを用意
標準はコンフォートシート。アクセサリーでローシート(20mmダウン)も用意
多分日本だとローシートが標準になりそう。

SEのみの装備

19KLZ1000D_40RGN1FSAA3CG_A_001
・KECS(電子制御サスペンション)
3つのモード。モードベースで±5段階で減衰力調整可能。
Versys1000のKECSは電子制御式リアプリロードアジャストも装備。

19KLZ1000D_40RGN1FCL3CG_A
・LEDコーナリングライト
IMUベース。片側3灯で、傾斜角によって光る数変わるやつ。

19KLZ1000D_40RGN1FKQS3CG_A
・KQS(クイックシフター)
上下クイックシフター。オプション(SEは標準装備。)

19KLZ1000D_40RGN1NLS3CG_A
・インテグレーテッドライディングモード
スポーツ/ロード/レイン/ライダー(マニュアルで設定)の4つのモード。
KTRC、パワーモード、KECSが連携したライディングモードで、状況に応じたモードを効率的に設定が出来る。
状況に応じたプリセットモードって感じですね。

19MY_Versys_1000_Shot_3a_2
・スマートフォン連携
TFTフルカラー液晶メーター
ブルートゥースでスマートフォンと連携。電話やメールをメーター内に表示したり出来る。
スマートフォンのREDEOLOGY THE APPで、スマホ側でライディングモードの設定とか、車両の情報、走行ルートの確認等可。

19KLZ1000D_Highly_durable_paint_area_001
・ハイリーデュラブルペイント&ハイリーデュラブルマットペイント
勝手に自己修復してくれる塗装。多分トーン貼ってある箇所がハイリーデュラブルペイントだと思います。

広告

スペック

【】は現行VERSYS1000
・全長:2,270mm
・全幅:950mm【895mm】
・全高:1,490mm(1,530mm)【1,400mm(1,465mm)】
・ホイールベース:1,520mm
・シート高:840mm
・重量:257kg【250kg】
・燃料タンク:21L
・最低地上高:150mm

・エンジン:DOHC水冷4気筒4バルブ
・排気量:1,043cc
・ボア×ストローク:77mm×56mm
・圧縮比:10.3:1
・ギア:6速
・馬力:88.2kw(120PS)/9,000rpm
・トルク:102Nm/7,500rpm
・燃費:約18.2km/L
 
・フロントサスペンション:43mm倒立(プリロード)
【KECS:伸側/圧側】
 トラベル:150mm
・リアサスペンション:SHOWA製BFRC lite(プリロード/伸側)
【KECS:圧側】
 トラベル:152mm【150mm】
・キャスター:27°
・トレール:4.0インチ(約101.6mm)

・フロントブレーキ:310mm/4POTラジアルマウント
・リアブレーキ:250mm/1POT
・フロントタイヤ:120/70ZR17M/C (58W)
・リアタイヤ:180/55ZR17M/C (73W) 

fdsdsafs
ちなみにこちら比較GIF画像。現行ベースですね。メインフレームもサブフレームも変わりなさそう。

主な変更点は電子制御類の追加、灯火機類のLED化、電子制御サスペンション等搭載のSEモデル追加って感じです。

スペックに関しては、7kg重くなりましたがパワーはそのまま。横と縦に大きくなったって感じです。
重量増については、装備の追加&排ガス規制適合のためでしょうね。

お姿

19MY_Versys1000_Shot_11c_2
19MY_Versys_1000_Shot_6_2
19MY_Versys_1000_Shot_39a_2
19MY_Versys_1000_Shot_35_2
19MY_Versys_1000_Shot_2_2
19MY_Versys_1000_Shot_28_2
19MY_Versys_1000_Shot_27_2
19MY_Versys_1000_Shot_20b_2
19MY_Versys_1000_Shot_1_2
19MY_Versys_1000_Shot_19_2
19MY_Versys_1000_Shot_18_2
19MY_Versys_1000_Shot_13_2
19MY_Versys_1000_Shot_12a_2
19MY_Versys_1000_Shot_10_2
19MY_Versys_1000_Camping_2
19MY_Versys_1000_key_visual_3_4000x3000px_2_001
19MY_Versys_1000_key_visual_2_4000x3000px_2_001
19MY_Versys_1000_key_visual_1_4000x3000px_2
何だかわかりませんが、この下の3枚の画像、ツボに入りました。
2枚目良いよね。つーか海外ページだと、高確率でカップルだったりしますよね。不思議。

VERSYS1000の動画


公式PV

公式機能解説動画

ホワイト

グリーンSE。装備解説とか

グリーンSE

イエロー

グリーン、ブラックSE

ブラック。細かいところうつすけい

VERSYS1000 SEの発売日

fsofisdjfaiosf
引用元:国内販売予定モデルのご案内
日本での発売日は春以降です。日本ではSEのみ発売ですね。
→イギリスでは2019年2月です。

VERSYS1000 SEの価格

アメリカでのVERSYS1000 SEの価格

fjdfjadi
アメリカだとSEのLT+が17,999ドル。(約203万8,200円)
(パニアが付いてる)

dfpjfaji@
旧型のLTが12,999ドルです。約147万2,000円
差額は5,000ドル。56万6,200円です。

fdsjfsafaj
アメリカではNinja H2 SXが19,000ドル。約215万1,600円
VERSYS1000 SE LT+との差額は1,001ドル。約11万3,400円

ffpijap
日本だとNinja H2 SXは199万8,000円です。

となると、日本でVERSYS1000 SE LT+が発売されるとしたら、大体189万2,700円ぐらいになりそうですね。

でも日本で売るならパニア付いてない状態で売られるはずので、もう少し安く買えると思います。
ちなみに同じであろうNinja H2 SXのパニアは合計13万8,508円です。(フィッティング込)

19KLZ1000D_40RGN1DRF3CG_A
そういう感じですので、個人的なVERSYS1000 SEの日本国内予想価格は約175万4,200円です。
恐らくは上記値からそんなに大きくは変わらないのでは?±5万円ぐらいで収まると思う。素人の勝手な予想だよ。

イギリスでのVERSYS1000 SEの価格

こちらイギリスの販売店さんのツイートです。morebikesさんには発売日も載ってるよ。SEは2019年2月。
ちなみに公式ページはまだ更新されていません。

foijd
ちなみに現行モデルは10,299ポンドですので、900ポンドの値上げですね。約13万3,100円。
fdsoifdjsioa
VERSYS1000 SEと価格が近いNinja H2 SXは15,900ポンドです。VERSYS1000 SEとの価格差は700ポンド。約10万3,500円。

Ninja H2 SXの日本とイギリスでの価格差から考えると、日本でのVERSYS1000 SEの価格は190万5,400円になりそう。
14,399ポンドですが、恐らくはパニア付での価格ですね。

ですので、そこからパニアの価格(日本でオプションとして買う時の)を引きますと…約176万6,900円になります。

ですので個人的VERSYS 1000 SEの日本国内予想価格は約176万6,900円です。
アメリカ価格からの予想が約175万4,200円でしたので、大体は175万円前後になりそうですね。

安くて170万円、高くて180万円ぐらいでしょうか?素人の勝手な予想だよ。

気になる方はお近くの販売店さんで聞いてみてね。春以降発売なので、まだ価格とか決まってないと思うけども…

広告