車両の図はCB250Fなんすけど、フレームが全然違うよ。新型CBR250RとかCB250F?
nazocb-(1)

ホンダのフレームの特許


nazocb-(5)
2017年3月出願のホンダのフレーム関連の特許なんですけど…
fafafafafasd
こちらCB250Fさん。なんだか似てるよね。
fjosfasjdiofasijof
重ねた図。こういう感じでほぼ一致なんすけど…なんかフレーム違くない?
nazocb-(1)
こちら特許のフレーム…誰君?
fadsoifdasijf
こちらはCBR250R(CB250F)のフレームです。トラスのパイプだよ。

そういう感じでして、上記の特許の車両の図ですけど、CB250Fのガワを着てるけど新型フレームっぽいです。わぉ

広告

ホンダの謎のフレームの特許の詳細

どういう特許?

”車体フレームにおいて、フレームの材料の歩留まりを向上し、且つ、意匠性を向上できるようにする。”
ちなみに歩留まりとは…
”「原料(素材)の投入量から期待される生産量に対して、実際に得られた製品生産数(量)比率」”
引用元:歩留まり - Wikipedia
ですって。つまりは不良品率を少なくしつつ、見た目かっこよくって感じですかね。

※追記
”この場合の歩留り向上とは、不良品率減らすっていうよりも四角い材料の鋼板を余す所なく使い切って捨てるところを減らそうって事ですね。”
こちら※1さんのコメントです。ありがとうございますー
※1さんのおっしゃる事の方が正しそうですね。今回の特許でフランジ部が無くなるみたいなもんですし。

目的とか

”従来、鞍乗り型車両の車体フレームにおいて、車幅方向に分割されたフレーム部材を互いに接合して中空のフレームを形成するものが知られている(例えば、特許文献1参照)。”
以下特許文献1です。
toku1 (2)

toku1 (1)

”本発明は、車両のコストを抑えつつ車体フレームの所定位置に防振部材を固定する技術を提供することを課題とする。”
なる特許です。プレス加工の中空フレームに関する特許ですね。2枚目の画像は製造過程ですかね。
プレスフレームって上記の通りに63、64の様なバリつーかフランジがありますよね。
”上記従来のような車体フレームでは、複数に分割されたフレーム部材を接合してフレームを形成することで、フレームの材料の歩留まりを向上できるが、接合部が外側から視認され易くなり、意匠性に影響することがあった。
本発明は、上述した事情に鑑みてなされたものであり、車体フレームにおいて、フレームの材料の歩留まりを向上し、且つ、意匠性を向上できるようにすることを目的とする。”
今回の特許は歩留まりを向上しつつ、見た目もかっこよくしちゃうぞって特許。

こういうことするぞ

nazocb-(2)
”内側フレーム部材52と車幅方向外側に設けられる外側フレーム部材51とが接合されて中空に形成される前部フレーム16を備える車体フレームにおいて、前部フレーム16は、単一の外側フレーム部材51と、複数に分割された第1の分割フレーム体61、第2の分割フレーム体62、第3の分割フレーム体63及び第4の分割フレーム体64からなる内側フレーム部材52とが互いに接合されて設けられ、外側フレーム部材51は、車幅方向外側の外壁部51aから車幅方向内側へ延出する内方延出部51bを備え、内側フレーム部材52は内方延出部51bに接合されている。”
文章だけだとわかりにくいですけど…
danmen
こちら上の図のXI~XIの断面図。あ、内側のフレーム(52)が外側のフレーム(51)に入りこんでるつーか、51の内側で接合されてますね。これだとフランジレスな感じですね。なるほど。

この特許って実際に何かに使われるのか?

なんとなくベースに使われただけのパターン?


fsjdifadjifoa

こちら特許のフレームを反転させて、CBR250Rのフレームと重ねた図。
hikakudasu
こちらは比較GIF画像。

こんな感じで、形は違えどCBR250R(CB250F)のフレームベースというか、代替案的な感じで書かれてますよね。
2 (5)
でもCBR250R系のエンジン載せたモデルはCB250Rが既にいますし、CB250R系のフレームは上記の通りに鋼管フレームです。

なので今回の特許って恐らくはCB250Fはあんまり関係ないんだと思います。
特許出願する時に、現状は実際に使われる特定の車両があるわけではないので、なんとなくベースに選ばれたパターンかなーと思います。

新型CBR250Rとか?でもそういう話はないぞ

tarutocbr250r (15)
または新型CBR250Rのフレームとかですかね?画像はインドの2018年モデルの新型CBR250Rです。
このモデルはフレームとかエンジンとかそのままです。

現状、CBR250R系エンジンはCRF250系、レブル、CB250R系に使われていますが、フルカウルのモデルはいません。(アメリカとか東南アジアには居るけど)

fasifsadio
ですので、もしかしたらEURO5あたりで復活する新型CBR250Rのフレームに使われたりでしょうか?
CB250Rのフレームですとリアがリンクレスですので、新たにフレーム作るのもわかりますし。(画像はCBR250Rのリアサス周り)

でも現状CBR250Rが復活する話は聞きません。
それにこういうプレスフレームって250ccのスポーツバイクでも使われるんですかね?あんまり見ないよね。

そういう感じですので、現状は特許出願のためになんとなくベースにCB250Fが使われたって考えるのが良さげですかね。

でも何かしらニューモデル出る時って、それ系(前身とか関連モデル)のモデルがベースで特許の図とか書かれる事が多々ありますので、個人的にはちょっと期待しちゃおう。

んで、いざ投稿しようってタイミングで気付いたんすけど…
jfodsjfaoisj
CB250Rのフレームの前部分ってプレス鋼板ですよね…今回の特許ってココで使われている技術なのでは…
見た感じ、フランジ部が目立ちませんし…うーん。

広告