となるとYZF-R1とYZF-R6の日本国内正規ラインアップはまだなのかな?
foidsfaioj
引用元:「YZF-R1」「YZF-R6」の2019年モデル取り扱い決定!! | プレストコーポレーション

プレストが2019年モデルのYZF-R1、YZF-R1M、YZF-R6の取り扱いを発表

foidsfaioj
”クロスプレーン型クランクシャフトを備えた998cm3の水冷・直列4気筒・エンジンを搭載したスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」と、排気量599cm3の水冷・直列4気筒・エンジンを搭載したスーパースポーツモデル「YZF-R6」の2019年モデルの取り扱いを決定いたしました。上級モデル「YZF-R1M」の追加輸入もあわせて決定いたしました。”
引用元:「YZF-R1」「YZF-R6」の2019年モデル取り扱い決定!! | プレストコーポレーション
全文はプレストのページでどうぞ。

YZF-R1の2019年カラー

2019-Yamaha-YZF1000R1-EU-Yamaha_Blue-Studio-001-03
2019-Yamaha-YZF1000R1-EU-Yamaha_Blue-Studio-002-03
ヤマハブルー:4月
2019-Yamaha-YZF1000R1-EU-Tech_Black-Studio-001-03
2019-Yamaha-YZF1000R1-EU-Tech_Black-Studio-002-03
テックブラック(プレストさん曰くダークグレー)【継続色】:4月
2018-Yamaha-YZF1000R1SPL-EU-Silver_Blu_Carbon-Studio-001-03
2018-Yamaha-YZF1000R1SPL-EU-Silver_Blu_Carbon-Studio-002-03
YZF-R1M【継続色】:5月

YZF-R6の2019年カラー

2019-Yamaha-YZF600R6-EU-Yamaha_Blue-Studio-001-03
2019-Yamaha-YZF600R6-EU-Yamaha_Blue-Studio-002-03
ヤマハブルー:5月
2019-Yamaha-YZF600R6-EU-Tech_Black-Studio-001-03
2019-Yamaha-YZF600R6-EU-Tech_Black-Studio-002-03
テックブラック【継続色】:5月
img (2)
img (3)
インテンシティーホワイト/マットシルバー【2018年カラーだよ】:2月

大体そんな感じ。詳細はプレストさんのページで確認してね。
んで日本のメーカーのSS事情ですけど…

広告

スズキ

fdsopifdsjia
既にGSX-R1000Rが日本国内正規ラインアップされています。

ちなみに2018年モデルから180km/hリミッター無しです。
  • 2018年モデルの日本国内仕様のGSX-R1000Rは180km/hリミッターなし
  • 2018年モデルの日本仕様は海外仕様と同じECU
  • 他のモデル(GSX-R1000R以外の全てかは不明)は180km/hリミッターがついたままになるっぽい
こちら販売店さんで聞いてきた情報です。2月12日
って感じですので。

ちなみに2019年モデルのGSX-R1000Rのカラーラインアップ

p2_gsx-r1000rl9_ysf_diagonal
メタリックトリトンブルー
p4_gsx-r1000rl9_jsp_diagonal
グラススパークルブラック/パールミラレッド
gimg55
パールグレッシャーホワイト
って感じです。アメリカ仕様の画像ありますけどウィンカーがLEDじゃないです。(日本仕様はLEDだよ)

ちなみに2019年モデルのGSX-R1000Rの変更点

kawattazohaya-i
  • アジャスタブル(調整可能な)スイングアームピボット
  • 新型ステンレス製メッシュブレーキホース
  • ブリヂストンのRS10からRS11
  • サイレンサーがブラック
  • ヒートシールド変更
その他画像や詳細はこちらの記事でどうぞ。

カワサキ

”株式会社カワサキモータースジャパンでは、下記モデルについて国内販売に向けた調整を行っておりますのでご案内いたします。”
”1.国内販売予定モデル
 ・Ninja ZX-10R KRT EDITION
 ・Ninja ZX-10R SE
 ・Ninja ZX-10RR”
”■国内販売予定
 ・2019年春頃”
引用元:国内販売予定モデルのご案内
って感じで、ZX-10Rは2019年モデルから日本国内発売が決まってます。

ちなみにZ900やNinja H2 SX等、(日本で)ニューモデルな車種は180km/hスピードリミッターがありません。
そのためZX-10Rも180km/hスピードリミッターは無い可能性が高いです。ほぼ間違いないと思う。

ちなみに2019年モデルのZX-10Rのカラーラインアップ

DmB42nVW4AUwW35
ZX-10R:ライムグリーン/エボニー/メタリックグラファイトグレー
DmB42m3XgAEd06Y
ZX-10RR:ライムグリーン
DmB42m3XsAAJPps
ZX-10R SE:メタリックカーボングレー/ニュートロンシルバー/ライムグリーン

ちなみに2019年モデルのZX-10Rの変更点

niteruyo
こちらいつもの比較GIF画像。見た目は殆ど一緒ですね。
  • ロッカーアーム:直打式→フィンガーフォロワー
  • 馬力:3PSアップ。回転数は500rpm上がった
  • トルク:1.4Nmアップ。回転数は300rpm下がった
  • 全モデルクイックシフターが上下方向になった
  • 外観:デカール小変更。エンジンがブラックになった。
  • ZX-10R SE:ハイリーデュラブルペイント(小傷が自動で修復される奴)になった。
  • ZX-10RR:Pankl社製のチタニウムコネクティングロッドを採用
その他画像や詳しくはこちらの記事でどうぞ。

ちなみに
fjiofaiofdsoifa
新型ZX-6Rのティーザーも公開されてます。詳しくはこちらの記事でどうぞ。10月11日発表です。

ホンダ

foisfjiaosea
ホンダもCBR1000RRを日本国内正規ラインアップしていますよね。

現行モデルのCBR1000RRは180km/hリミッターありますけど…
  • ホンダが180km/hスピードリミッターを撤廃するらしい
  • 2019年モデルからで、対象は400ccオーバーの大型モデル
  • 国際的な規制の共通化によるものと、ホンダとしては逆輸入車という枠を無くしたい考えもあり、こうなるとか
こちら知人から聞いた話です。あくまで噂って感じでお願いします。9月15日
って感じです。詳しくはこちらの記事でどうぞ。

そういう感じでして、2019年モデルのCBR1000RRは180km/hスピードリミッター無しって感じです。ほかのモデルも。

2019年モデルのCBR1000RRについて

fkjisfdsiojdoiasoi
こちら2019年モデルのCARBの書類。
fiposdjadfidsaoi
こちらは2018年モデルの書類。

こういう感じでして、排ガス全く同じです。
少なくともアメリカ仕様のCBR1000RRはエンジンの改良など無さそうな雰囲気です。

ちなみに私が聞いた情報では、2019年モデルのCBR1000RRは”ほぼ”同じで、2018年末から2019年初頭ぐらいに発売されるだろうって感じでした。

それから2020年モデルでビッグマイナー、またはフルモデルチェンジです。VTEC&DCT的な物装備です。
詳しくはこちらの記事でどうぞ。

まとめ

  • ホンダ:日本国内正規ラインアップ済。2019年モデルから大型は180km/hリミッターなし
  • スズキ:日本国内正規ラインアップ済。2018年モデルから一部モデルは180km/hリミッターなし
  • カワサキ:日本国内正規ラインアップ予定。ニューモデルは180km/hリミッターなし
  • ヤマハ:現状アナウンス無し。180km/hリミッター無しのモデルも特に聞かない
プレストさんの情報見る限りはヤマハは、2019年はYZF-R1やYZF-R6は日本国内正規ラインアップしなさそうですね。

180km/hリミッターに関しても特に何もなさそうですし、この辺慎重なんでしょうか。
とはいえ2020年にEURO5が来ますので、その辺りで何かしら動きはあるかもですね。

広告