正式に発表されましたので、変更点とか色々とまとめてみたよ。
fafadsa
引用元:SR400 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社
引用元:排出ガス規制に適合、従来の乗り味とスタイリングを継承し復活 デビュー40周年を迎えたロングセラーモデル「SR400」を発売 40th Anniversary Editionを数量限定で同日発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
引用元:SR400 40th Anniversary Edition - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社

2018年モデルの新型SR400のリリース

ftmap_sr400
”ヤマハ発動機株式会社は、2017年に生産を終了した「SR400」を従来の個性はそのままに、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させ11月22日より発売します。また、発売40周年を記念した「SR400 40th Anniversary Edition」を数量限定500台で同日より発売します。”
引用元:排出ガス規制に適合、従来の乗り味とスタイリングを継承し復活 デビュー40周年を迎えたロングセラーモデル「SR400」を発売 40th Anniversary Editionを数量限定で同日発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
全文はヤマハのリリースでどうぞ。公式ページこちら

fkpsfaspfaspoa
年間目標は1,000台です。普通。

SR400の価格

2016年モデルの旧型SR400の価格

jfoiasfjadsofaios
税込55万800円でした。

2018年モデルの新型SR400の価格

fiadsasdjio
新型は57万2,400円です。2万1,600円の値上げです。税抜だと2万円ですね。

以前にも書きましたが、空冷400を平成28年規制に適合させるって大変でしょうに、それでいて価格はたったの2万円の値上げです。ヤマハさん頑張ったんでしょうね…お疲れ様です。

fjipdsfjdiofa
SR400 40th Anniversary Editionは69万1,200円です。
通常モデルと比べて11万8,800円高いです。その辺の理由も後半載せますね。

SR400のカラーラインアップ

2016年モデルのSR400のカラーラインアップ

sr400_color_002_2016_003
sr400_color_002_2016_001
ヤマハブラック
sr400_color_001_2016_003
sr400_color_001_2016_001
ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1

2018年モデルのSR400のカラーラインアップ

sr400_color_001_2018_003
sr400_color_001_2018_001
ヤマハブラック
sr400_color_002_2018_003
sr400_color_002_2018_001
グレーイッシュブルーメタリック4
40th_index_color_001_2018_003
40th_index_color_001_2018_001
ベリーダークオレンジメタリック1(SR400 40th Anniversary Edition)

上記3色です。今年のカラー、どれも最高ですねぇ…超好み。

特にベリーダークオレンジ、渋いつーか懐かしさを感じるつーか…素敵なおじ様に乗って欲しい。
以前にも書きましたがサンバースト塗装って楽器みたいで綺麗ですね。

グレーイッシュブルーメタリック、昭和のバイクのカラーに似てるような。近所のCB750FOURの色に似てる。

スペック

【】は2016年モデルのSR400
・全長:2,085mm
・全幅:750mm
・全高:1,110mm
・ホイールベース:1,410mm
・シート高:790mm
・重量:175kg【174kg】
・燃料タンク:12L
・最低地上高:130mm【140mm】

・エンジン:SOHC空冷単気筒2バルブ
・排気量:399cc
・ボア×ストローク:87.0mm×67.2mm
・圧縮比:8.5:1
・始動方式:キック
・ギア:5速
・馬力:18kw(24PS)/6,500rpm【19kw(26PS)/6,500rpm】
・トルク:28Nm/3,000rpm【29Nm/5,500rpm】
・燃費(定地):40.7km/L【41.0km/L】
・燃費(WMTC):29.7km/L 

・フロントサスペンション:正立
・リアサスペンション:2本サス
・キャスター:27°40′°
・トレール:111mm

・フロントブレーキ:ディスク/2POT
・リアブレーキ:ドラム
・フロントタイヤ:90/100-18M/C 54S
・リアタイヤ:110/90-18M/C 61S 

1kg重くなって、パワーダウンして、燃費も悪くなってる。排ガス規制め…って思ったのですが、最大トルクの発生回転数が2,500rpmも下がって3,000rpmになってます。スゲー
コレ、結構特性かわってるかもですね。乗りやすくなってそう。新旧乗り比べてみたいですね。

お次は変更点まとめや比較などー

広告

SR400 40th Anniversary Editionの変更点

kattyotamaran
  • サンバースト塗装のタンク
  • タンクの真鍮製エンブレム
  • サイドカバーの電鋳工法によるエンブレム
  • 40周年記念ロゴ入りメーターパネル
  • 皮革調シート表皮
  • ゴールドアルマイトのリム
  • ハブやサスペンションのばねがシルバー
  • ヘッドライトハウジングがクロームメッキ
  • 通常モデルより11万8,800円高い
  • 500台限定
お写真見るまでは11万8,800円高いって結構な差だなぁ…って思ってたのですが、見た目かっこよすぎるので個人的には全然OK!

私がSR400買うならコレが欲しいです…だってかっこいいし。ここ最近のバイクで一番見た目好きかも。
見た目的に一生乗れるよね、歳とっても全然似合うと思う。飽きも無さそう。良いよね…

2016年モデルの旧型SR400と2018年モデルの新型SR400の比較

画像ですけど、大体が新旧比較GIF画像です。スマートフォンの人はタップするとGIFが動くよ。

新旧SR400の装備の比較

・チャコールキャニスター
araiine
チャコールキャニスター付きましたけど思ったほど目立ちませんし、なんだかちょっとおしゃれな形にしてますね。さすがヤマハ。
img (75)
ちなみにこちらアメリカ仕様のお写真です。
チャコールキャニスター、アメリカ仕様と比べると日本仕様は大きさ半分ぐらいですね。やったぜ。

・メーター
meteteet
メーター盤がブラックからホワイトになりました。カラーが反転したぐらいですかね、デザインは同じ。
40th_index_feature_2018_003 (1)
ちなみに40th Anniversary Editionはロゴが入ってるよ。あとは文字がレッド?メーター照明でそう見えるだけ?

・テールランプ、ウィンカー
gagaga
こんな感じで、ウィンカーが別物になってます。薄型ですし、丸っこくなってます。
それにテールランプのボディ部分の形状が地味に変わってますね。
”ウインカーはドラッグスター250とかに使われてる樹脂のヤマハの汎用タイプですな。ここはさすがにコストダウンかな。以前の金属の専用品のほうが味あって好きなんだけどな”
こちら※57さんのコメントです、ありがとうございますー
ds250_gallery_002_2016_001
ドラスタ250さん。レンズカラーは違いますが、形的に同じみたい。

・タイヤ
fafadsa

”タイヤがBSのバトラックスBT45になってる。”
こちら--さんのコメントです、ありがとうございますー
あ、本当ですね。バトラックスBT45です。

”純正タイヤはイエローストロボの60th Anniversaryが出た頃から
メッツラーからBT45に切り替わってましたよ”
こちら※27さんのコメントです。ありがとうございます
公式ページのお写真はそのままだったみたいですが、ちょっと前からBT45だったみたいです。ご指摘ありがとうございます。

・マフラー
yanbarukuina
見た目的にはかわりありませんけど…
”SRらしい心地よい排気音を目標に、音響解析技術を用いてマフラー内部構造を最適化。低音と歯切れの良さを向上させた。加えてキャニスターの装着等により第3次排出ガス規制に対応し、環境にも配慮している。”
以前お伝えした通りに内部構造が変更されています。恐らくですが多少排気音大きくなってそう。(規制的に考えて)

・エンジン
en
こういう感じで見た目的にはかわりありませんが…
ftmap_sr400 (1)
  • FIセッティング最適化
  • 新ECU搭載
  • O2フィードバック制御ロジック変更
とありまして、結構変更点あります。その結果…
  • 馬力:19kw(26PS)/6,500rpm→18kw(24PS)/6,500rpm
  • トルク:29Nm/5,500rpm→28Nm/3,000rpm
  • 燃費(定地):41.0km/L→40.7km/L
こういう感じで、スペックも変わってるよ。マフラーも変わってますしね。

全体的に性能落ちてますけど、最大トルクの発生回転数が3,000rpmになってます。こういうバイクだと多少のパワーダウンよりこっちの方が嬉しいかもですね。

新旧SR400の見た目の比較

chako
新旧SR400比較GIF画像。
こんな感じで、ちょっと見た目が変わっているよ。なんだかシュッとしたよね。若くなったというか。


yokoppayo

yanbarukuina
  • タンクのストライプがない
  • テールカウルのストライプがない
  • サイドカバーのエンブレムが違う
  • ウィンカーが薄型になった
  • テールランプの形が微妙に変わった
  • シートの表皮カラーが違う
  • ホイールハブがブラック
  • ヘッドライトハウジングがブラック
  • リアサスペンションのばねがブラック
  • チャコールキャニスターがついた
2016年モデルはガチレトロって感じですが、2018年モデルはなんだかちょっとネオレトロ感ありますよね。多少今時っぽくなってるような。

2018年モデルの新型SR400の変更点まとめ

fafadsa
  • 馬力:-2PS
  • トルク:-1Nm
  • 最大トルクの発生回転数が5,500rpmから3,000rpmになった
  • 燃費:-0.3km/L
  • 車重:+1kg
  • チャコールキャニスター:外付け
  • マフラー:内部構造変更
  • エンジン:FI、ECU、O2フィードバッグ変更
  • タイヤ:バトラックスBT45
  • 見た目:ウィンカー、テールランプ、メーター盤、カラーの変更
  • 価格:2万1,600円の値上げ
大体こんな感じですね、思った以上に変更点が多いです。

つーか、平成30年規制(EURO5)ありますけど、このSR400はそれに適合出来るように作られているんですかね?(または小変更で対応可)

さすがにそうはなってないと思います…そう考えると2年間のためにSR400を復活させてくれたヤマハってとても良い人(会社)なのでは…?

40th_index_gallery_001_2018_001
発売日は11月22日です。良い夫婦の日じゃん。
ちなみにいつもは限定モデルって2,000台限定とかでしたが、今回は500台限定です。
いつもより早くはけると思いますので、気になる方は早めに行動した方が良いと思うよー


2018年モデルの公式動画もありますので、好きな方はどうぞ。最後に排気音も聞けるよ。
開発チームの方が色々と語ってます。排気音や乗りやすさなど、色々とこだわっているみたいですよ。

広告