その他色々と詳細教えて頂きました。大幅な変更はないみたい。価格の上げ幅も微々たるもの。
→9月14日:正式に発表されましたので、変更点とかまとめました。リンク先でどうぞ。
jfoisadfjasiodasiof
引用元:2017 Yamaha SR400 Sport Heritage Motorcycle - Model Home
引用元:2018 Yamaha SR400 Sport Heritage Motorcycle - Model Home
引用元:SR400 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社

引用元:SR400 イヤーブック 2006:製品アーカイブス - ヤマハ バイク ブログ|ヤマハ発動機株式会社

2018年モデルの新型SR400の情報

  • 発表日:9月14日
  • 発売日:11月22日
  • 価格(ノーマル):税込57万2,400円
  • 価格(40th Anniversary Special Edition):税込69万1,200円
  • カラーは3色
  • チャコールキャニスターがつく(セローと似た位置)
  • ウィンカーがちょっと薄くなる
  • メーター盤がホワイトになる
  • マフラー内の構造の最適化
こちら販売店さん情報です。9月11日
→9月14日:正式に発表されたよ。上記の通りです。

ヤマハの復活シリーズですけど、とうとうSR400も来ましたね。
現行モデルと色々と比較ですけども…

2018年モデルの新型SR400の価格

jfoiasfjadsofaios
現行モデルは税込55万800円です。2018年モデルの新型は57万2,400円です。
2万1,600円の値上げです…わーお、ヤマハさんめっちゃ頑張りましたね…ありがたや…メーカーの意地を感じる…

ちなみに2万1,600円の値上げですので、恐らくはABSついてませんよね。
少なくともABS無しモデルがあるのは確定ですかね。多分2018年モデルでABS付きモデルは無いと思いますが。

お次はカラーの詳細や変更点等。

広告

2018年モデルの新型SR400の変更点など

メーターの文字盤

sr400_feature_004_2016_001 (1)
こちら現行モデルです。メーターパネルがブラックだよ。これがホワイトになるんですって。
デザインそのまま反転するのかな?それとも過去のモデルみたいに赤文字かな?

チャコールキャニスター

wako-ru
新型セローには上記の通りにチャコールキャニスターが付いたよ(スマホの人はクリックすると動くよ)
sr400_color_002_2016_004
現行SR400はこんな感じで、何もついていませんが…
img (75)
img (74)
アメリカのSR400には黒い筒みたいなのがついてます。コレ、チャコールキャニスターですね。
そういう感じで、恐らくは似たようなものか、または同じ物が2018年モデルの新型SR400にも付きます。

ウィンカーが薄くなる

アメリカ、ヨーロッパ仕様(生産終了して数年経ってますが)も見た感じは現行の日本と同じウィンカーなので、恐らくは新型のウィンカーだと思われます。

マフラー内の構造の最適化

sr400_color_002_2016_001
マフラー”内”とありますので、恐らくはマフラーの外観はそんなに変わらないだろうと思われます。
たぶん形は上記画像の現行モデルのままだと思う。

カラーラインアップ&40th Anniversary Special Edition

カラーラインアップですが…
  • ブラック
  • ブルー
  • 40th Anniversary Special Edition(ダークオレンジ)
の3色です。

ブラック

sr400_color_002_2016_003 (1)
ブラックは現行にもあるヤマハブラックでしょうね。SR400と言えばコレなカラー。
私もコレに憧れてたなぁ…

ブルー

img (76)
img (77)
こちらアメリカの2018年モデルのギャラクシーブルーです。

日本の2018年モデルの新型SR400はシートがブラウンってお話ですので、恐らくはこのアメリカカラーがそのまんま入ってくるのでは?可能性高そう。

40th Anniversary Special Edition:ダークオレンジ

SR400でダークオレンジと言えば…
color_001_01
color_001_02
ベリーダークオレンジメタリック1ですかね。こちら2006年モデルです。
こちらの復刻カラーでしょうか?でもサンバースト塗装じゃないよね、コレ。

40th Anniversary Special Edition、価格が普通のモデルと比べて11万8,800円も高いです。
その理由ですが…
  • 職人手作業のサンバースト塗装
  • タンクのエンブレムが真鍮
  • ゴールドアルマイトのホイール
って感じの超こだわりモデルです。なるほど。

Q5KYSK008S58
”82,080円(税込) 76,000円(税抜)”
引用元:サンバースト外装セット('10〜モデル対応) | ヤマハ発動機グループ ワイズギア
ちなみにサンバースト塗装のSR400のタンクやサイドカバー等はワイズギアで売ってるよ。中々のお値段。

真鍮エンブレムのバイクとかいつの時代のバイクですかね…めっちゃ磨き甲斐ありそう。

ゴールドアルマイトのワイヤースポークホイールってなんだか凄そう。リムだけじゃなくてスポークもゴールドなんでしょうか?気になる。
まさかのキャストホイールじゃないよね?


ちなみにこちらカラーは違いますがサンバースト塗装のSR400です。楽器みたいなカラーですね。綺麗。

40周年記念ですし、ABSが付いてないSR400の最後のモデルになるだろうし、下手したら次のモデルは大幅な変更があるかもしれませんよね。

ある意味最後のSR400って事で、超気合入れたスペシャルエディションって感じなんでしょう。ヤマハサン…
もしかしたらプレミア付くモデルになるかもですね。いつも通り台数限定でしょうし。

そういう感じですので、2018年モデルの新型SR400が気になる方は、お近くのヤマハ取り扱い店さんでどうぞ。
既に販売店さんに話入ってきてますので、恐らくはどこの店舗にも情報入ってると思いますので。

fafadsa
→9月14日:正式に発表されましたので、変更点とかまとめました。リンク先でどうぞ。

広告