ホンダがお写真公開してくれてましたので。ドゥーハンさん、めっちゃイケオジやん…
152410_Honda_at_Glemseck_101_2018

CB1000R Neo Daemon

152449_Neo_Daemon_CB1000R
152451_Neo_Daemon_CB1000R
152452_Neo_Daemon_CB1000R
152453_Neo_Daemon_CB1000R
152454_Neo_Daemon_CB1000R
こちらCB1000Rネオデーモンってお名前でして、ドイツのカスタム屋のJens Kratschmarさんによる作品です。
152450_Neo_Daemon_CB1000R
152448_Neo_Daemon_CB1000R
152460_Neo_Daemon_CB1000R
リフレクティブなビニールのラッピング
152456_Neo_Daemon_CB1000R
おニューなブレーキレバーやクラッチレバー
152458_Neo_Daemon_CB1000R
152457_Neo_Daemon_CB1000R
ブレーキホースもオリジナルっぽい
152459_Neo_Daemon_CB1000R
ハンドルも別物ですね。
152461_Neo_Daemon_CB1000R
タイヤはピレリのDIABLO RAINです。
152463_Neo_Daemon_CB1000R
152464_Neo_Daemon_CB1000R
不思議なマフラー。ホワイトのエナメルコーティングですって。
なんだかこわいぞ。
152465_Neo_Daemon_CB1000R
あ、テールランプの隣に超小さいウィンカーついてる…
152455_Neo_Daemon_CB1000R
ヘッドライトの横に小さい白い奴ついてますけど、コレもウィンカーですって。
152462_Neo_Daemon_CB1000R
エキパイもちゃんと白いよ。
152406_Honda_at_Glemseck_101_2018
こんな感じで展示されてたみたい。
マフラーがなんだか魚介類っぽく見えるのは私だけでしょうか。チンアナゴ的な。

ラッピングって自由度高いですし、コストも抑えられますので、こういうド派手なカスタムもやりやすいですよね。今後日本でももっと流行るのかな?

お次はマイケルドゥーハンさん。

広告

Glemseck 101でのマイケル・ドゥーハンさん

152425_Honda_at_Glemseck_101_2018
152408_Honda_at_Glemseck_101_2018
謎のお二方。Glemseck CB1000Rの製作者さんでしょうか?
CB1000Rのデザイナーは日本人の方だったと思いますし。
152384_Honda_at_Glemseck_101_2018
ごっついプロアームのロンスイ。これはこれで良いよね。ドラッグレーサーだし。
152419_Honda_at_Glemseck_101_2018
152411_Honda_at_Glemseck_101_2018
152385_Honda_at_Glemseck_101_2018
楽しそう。こういう写真好き…
152386_Honda_at_Glemseck_101_2018
152410_Honda_at_Glemseck_101_2018
152422_Honda_at_Glemseck_101_2018
152390_Honda_at_Glemseck_101_2018
152395_Honda_at_Glemseck_101_2018
152396_Honda_at_Glemseck_101_2018
152391_Honda_at_Glemseck_101_2018
152393_Honda_at_Glemseck_101_2018
152409_Honda_at_Glemseck_101_2018
152392_Honda_at_Glemseck_101_2018
あらーイケてるおじさんですね…現在53歳ぐらいです。渋いぜ。
私は世代じゃないので存じてないのですが、マイケルドゥーハンさんってMotoGPで5年連続チャンピオンだったんですね…色んな意味で強すぎでは。

MotoGPのライダーとかってハンサムやイケメンばかりな気がするんですけど、気のせいですかね?
うちのおかんはロッシさんの事をモデルだと勘違いしたし、個人的にはニッキーヘイデンさんとかめっちゃカッチョイイと思う。

152023_2018_Glemseck_CB1000R
ちなみにドゥーハンさんが乗ったGlemseck CB1000Rのお写真はこちらの記事でどうぞ。

広告