更新したよ。めっちゃパワーアップしたよ…231PSだよ…EURO4準拠だよ…
kaijyoudebokutoakusyu
引用元:Ninja H2 MY 2019 - Kawasaki United Kingdom
引用元:Ninja H2 Carbon MY 2019 - Kawasaki United Kingdom

カワサキのNinja H2が2019年モデルで新型になったよ

お披露目&正式発表されました。公式ページも出来てるよ。
19ZX1002J_205GY1DRF1CG_A

19ZX1002J_205GY1DRS1CG_A
19ZX1002J_205GY1DLS1CG_A
Ninja H2のカラー名はミラーコートスパークブラックです。
19ZX1002J_205GY2DRF1CG_A
19ZX1002J_205GY2DRS1CG_A
19ZX1002J_205GY2DLS1CG_A
19ZX1002J_201GY2ALFD2CG_A
Ninja H2 Carbonはミラーコートマットスパークブラック/ゴールデンブレイズドグリーンです。

モデルチェンジするって噂がありましたけど、その通りになりましたね。となるとVersys1000もモデルチェンジしそうですね。
でも見た目的にどこか変わったの?って感じですけど…

fjoifjdsoifasoijds
こちら2018年モデル。
fjadsfdjioasj
こちら2019年モデル…馬力が26PS上がってるぞ…231PS。アヘー
トルクも8.2Nm上がってます。
なんてこったい。やっぱりカワサキは凄いぜ。

他にも色々と変更点ありまして…

広告

2019年モデルのNinja H2の変更点

19ZX1002J_201GY1ALFB2CG_A

エンジン

  • 馬力:26PS/500rpmアップ
  • トルク:8.2Nm/1,000rpmアップ
  • 燃費は維持(変更なし、またはほぼ変わらないって意味だと思います)
って感じですね。231PSってなんかウケる。公道用のバイクもここまで来たんですね…

H2 SXからいくつかのパーツ持ってきたけど、バランス型スーパーチャージャーを装備してるわけじゃないよ。ですって。
エアフィルター、インテークチャンバー、スパークプラグ、ECU等がアップデートされてるとか。この辺がH2SXと同じ物ですって。

ちなみにカワサキのページには200PSから231PSにパワーアップって書いてあるよ。スペック表だと2018年モデルは205PSですが。

EURO4完全準拠と記載がありますので、EURO5じゃ無さげですかね。EURO5来る前にぶちかませ!って感じだったのかな?流石カワサキ…♥

ブレーキ

th_19ZX1002J_205GY1DRF1CG_A_001
画像の通りにブレーキキャリパーがブレンボのSTYLEMAになってます。

パニガーレV4に装備されてるあのお高級品。

メーター&スマートフォン連携

th_19ZX1002J_205GY2FMEC1CG_A
メーターがH2SXと同じフルカラー液晶メーターになってます。
また、こちらはブルートゥースによりスマートフォンと連携出来ます。スマートフォンアプリの「RIDEOLOGY THE APP」を使って連携するんだとか。
  • ガソリンの残量
  • オドメーター
  • メンテナンススケジュール
  • 走ったログや回転数
等をスマートフォンで確認できる
  • 電話の通知
  • スマートフォンへのテキストまたはメールの通知
をメーターに表示
  • 日付時刻
  • 日付時刻の形式
  • メーターで優先して表示する項目(?)
をスマートフォンから調整できる。
って感じ。スゲー便利。ゴールドウイングとかもそういえばこういう装備ありましたね。

とういか先日、H2SXのメーターでスマートフォン連携してる特許の図があったので記事にしようとしてたんですけど、間に合いませんでした。ざんねん。

塗装

19ZX1002J_201GY2ALFB2CG_A_001
  • 非常に耐久性の高い塗料
  • 適切な暖かい温度で小さなスクラッチと擦り傷を短い時間で自己修復する
  • カワサキ社内で開発した塗料
  • 同様のシステムは自動車でもあるが、自己修復に数週間かかる。これとは別物。
ですって…自己修復とかかっこよすぎですよ。未来のバイク感ある。最高。
”傷を自己修復する「ハイリーデュラブルペイント」※2
傷を自己修復する特殊コーティング塗装の「ハイリーデュラブルペイント」を採用。高品質な外観を維持します。”
”コーティングが元の状態に戻るには1週間以上かかる場合もあります。
また、コイン、キー、ファスナーによる傷の場合、塗装は元の状態に戻りません。 ”

タイヤ

ブリヂストンの新型のRS11

エンブレム

新しいスーパーチャージドエンブレム

スペック等

馬力やトルク以外は変更点ありません。
タイヤの表記上のスペックはそのまま、変速比、圧縮比、ボア×ストローク等もかわりありません。
車重については表記がないのでわかりませんでした。
fjdslfdslfajdf
→日本のカワサキが車重を公表してくれてました。238kgです。
2018年モデルも238kgでしたので変更ありません。スゲー

見た目

kaijyoudebokutoakusyu
こちらいつもの比較GIF画像。
chagecha
こちらも比較GIF画像。真横
takesitamoto
こちらはNinja H2 Carbonの比較GIF画像
  • エキパイが別物
  • タイヤがブリヂストンの新型RS11になった
  • スーパーチャージャーのエンブレムが新しくなった
  • リアフェンダーのナンバー灯がかわった→LEDですって
  • アクセル周りがちょっと変わった
  • メーターが変わった
  • リアアクスルかわった
  • Ninja H2 Carbon:塗装が変わった
  • Ninja H2 Carbon:グラフィックが変わった
って感じですね。見た目的にはあんまり変わりありませんね。

大体そんな感じです。
お値段はまだ未発表ですが、恐らくは多少値上がりするでしょうね。メーターの分とか。

ボンネビルスピードウィークでお披露目されたこのNinja H2ですけど、発売日や価格等は発表されていません。
恐らくは2019年発売だと思われます。気になる方はもう少し待っててね。

ちなみにNinja H2 SXは日本国内正規モデルですけど、H2は逆輸入車のままですよね。
2019年モデルはどうなるんでしょう?

カワサキは一部モデルは180km/hスピードリミッター無くしてますし、EURO4準拠なのでNinja H2も国内正規ラインアップしても良いと思うのですが…何かしら理由あるんですかね?

日本のカワサキもリリース出してたよ

”川崎重工は、フラッグシップモデル「Ninja H2 / Ninja H2 Carbon※1」をモデルチェンジし、2019年モデルとして新発売します。2018年8月10日より導入国で順次受注を開始します。
さらに、サーキット走行専用モデル「Ninja H2R」の装備を充実させ、2019年モデルとして新発売します。同じく2018年8月10日より導入国で順次受注を開始します。”
引用元:カワサキ初のスマートフォン接続機能などの改良を施した「Ninja H2 / Ninja H2 Carbon」と、より商品性を高めた「Ninja H2R」2019年モデルを新発売 | ニュース | 川崎重工
全文はカワサキのページでどうぞ。こちらフォローしている方のツイートで気付きました。感謝。
H2RもキャリパーがStylmaになってるよ。

導入国…
fsofajiofsdjiofasd
引用元:カワサキ初のスマートフォン接続機能などの改良を施した「Ninja H2 / Ninja H2 Carbon」と、より商品性を高めた「Ninja H2R」2019年モデルを新発売 | ニュース | 川崎重工
ジャパーン♥日本がある♥
日本国内正規モデルですね。めでたい。
受注開始期間は8月10日以降です。となると結構近そうですね。
下手したらもう始まってるのかな?でも価格の発表まだですし、もう少し時間かかるのかな?

気になる方は販売店さんでどうぞ。何かしら情報あると思いますよ。日本でも正式発表されてますし。

広告