通気性&水の排出性&クッション性が高いメッシュシート的な感じです。伝い濡れとかその辺も考慮してるよ。
si-to1 (8)

ホンダのシート関連の特許が公開されてるよ

si-to1 (8)
”自動二輪車のシートに着脱自在なシートカバーが知られている。この種のシートカバーには、シート上を覆う三次元編物と、この三次元編物の縁部に取り付けられた取付面材と、取付面材に設けられシートに取付可能な取付部と、三次元編物の片面側を覆う気密シートとを備えた構造が知られている(例えば、特許文献1参照)。車両用シートはウレタン製のクッションを採用するのが一般的であり、クッション自体は通気性を有していない。”
”しかし、従来の構成は、シートカバーが通気性及び水排出性を有するものの、自動二輪車のシート自体の通気性及び水排出性を向上させるものではない。また、シートカバーの厚さは制約されるので、通気性が制約され、放熱性も制約される。
そこで、本発明は、シート自体の通気性及び水排出性を向上することを目的とする。”
メッシュシートカバーは今でも普通に売ってますよね。シートの上に被せて装着するやつ。
ホンダのこのシートはシート自体が通気性&水排出性が高いってシートみたい。コレ良いですねぇ…
si-to1 (6)
si-to1 (7)
”上記目的を達成するために、本発明は、クッション(12)と、クッション(12)を覆うカバー(13)とを備える車両のシート構造において、前記クッション(12)は、樹脂からなる三次元網状構造を有し、前記カバー(13)は、前記クッション(12)に着脱自在に設けられるとともに、前記三次元網状構造を覆う領域にメッシュ(100)を有することを特徴とする。”
100はメッシュな素材で、200は普通の表皮って感じです。
si-to1 (4)

こちらA-Aの断面図です。丁度真ん中あたりを輪切りにした感じです。
si-to1 (3)
こちらはB-Bの断面図。多少後ろの方。
13は表皮(メッシュ)、12はクッション、20はスペーサー、11はシート底板です。
si-to1 (1)
”連結層103は、表層101及び裏層102を連結する際に少なくとも2本の連結糸103が公差するクロス構造の編地で形成される。クロス構造にすることで、立体編物であるカバー13の通気性、形態安定性、弾力性(衝撃吸収性)及び耐久性(弾力性の持続性)などを両立し易くなる。しかも、カバー13全体に隙間が形成されるので、カバー13の軽量化にも有利である。”
シート表皮の構造はこんな感じ。3Dメッシュ!
101は保水性が少なく肌触りが良い素材、例えば嵩高糸が望ましいとか。
”本発明では、クッションは、樹脂からなる三次元網状構造を有し、クッションを覆うカバーは、前記クッションに着脱自在に設けられるとともに、前記三次元網状構造を覆う領域にメッシュを有する。これにより、カバーとクッションとに渡って連続する通気性を確保でき、シート全体の通気性及び水排出性を向上することができる。”
”クッション12は、熱可塑性エラストマーからなる樹脂製の繊維(連続線状体とも称する)12Aを曲がりくねらせてループを形成し、各ループの接触部分を融着などで接合し、三次元網状構造に構成したものである。
つまり、このクッション12は、熱可塑性エラストマー網状体で構成される。これにより、クッション性及び耐久性に優れ、且つ、通気性に優れたクッションが得られる。特に、ウレタン製の従来の車両用クッションと比べ、格段に通気性に優れたクッションが得られる。”
上記の図の通りに、クッション12自体も通気性&排水性&クッション性が優れた構造になってます。
シート表皮&クッションでダブル3Dメッシュって感じでしょうか。涼しそうですし、お尻に優しそう。

こちらの特許ですが、更に色々と考えてありまして…

広告

カバーからの伝い濡れもどうにかするゾ

”本発明は、カバーを伝う水が乗員に付着する事態を抑制することを目的とする。”
si-to1 (5)
11はシート底板、13はカバー、14はフランジ部、21は取り付け部材って感じです。
”本発明では、カバーは、シート底板の側縁を超えずに前記側縁まで覆うカバー本体部と、前記カバー本体部から延出して前記シート底板に取り付けられる複数のフランジ部とを有し、前記複数のフランジ部は、前記カバー本体部における当該車両の運転者の足に対応する位置を避けて設置される。これにより、カバーを伝って各フランジ部に流れた水分が、乗員の足に付着する事態を抑制することができる。”
”前記カバーは、当該カバー内外を連通するメッシュを有するので、メッシュを通ってシート内に浸入した水分が、複数のフランジ部を伝う際に、乗員の足に付着する事態を抑制することができる”
足とシートが接しない部分に水が流れるので、足が濡れないぞって感じですね。
また、メッシュ部分にしみ込んだ水もフランジ部を伝うので、ライダーの足は濡れないぞって感じでしょうか。
si-to1 (7)
ちなみにXがステップに足を置いてる時のライダーの足の範囲、Yが地面に足ついてるときの足の範囲ですね。

こちら理想的なシートですね。
夏はお尻がやっぱり蒸れて不快ですし、レインコートはお尻の部分がダメになりやすい(保水&摩擦)ので、こういうのは凄くありがたいような。

それにクッション性も良いみたいですし、現状出てる被せるタイプのメッシュカバーは地味にずれますし、ちょっとだけ足つき悪くなりますからね。
見た感じ欠点無さそう?あとは価格ぐらいでしょうか?

このシート、どういうモデル向け?

si-to1 (8)
見た感じスポーツモデルですよね。しかもシングルシートカウルついてるし、リアフレームは恐らくはアルミ。
79212_17YM_CBR1000RR_Fireblade_SP2
CBR1000RRに似てるような…
jfoisjdsoifaio
シートフレームは似ていますが、一応違いますね。シングルシートカウルも別物だし。
118664_2018_CB1000R
じゃあ同じCBR1000RR系のCB1000Rですかね?
jfiosadjfaodsifa
シートフレームも似てますが、やっぱり違うよ。
25065_CBR600RR
CBR600RRも違います。RC213V-Sも。
歴代のCBR1000RRを見てみたのですが、SC59が一番近いです。でも穴ないし…って思ってたのですが…
jfodsjfiaosfa
こちらSC59のSP仕様です。あ、コレですね。
今回の特許の図は旧型CBR1000RR SPのシートを基に書かれています。

となると今回の特許ですけど、比較的高価なモデル向けの特許って感じでしょうか。
恐らくはツーリングモデルとかその辺りにも使われそうだとは思いますが。

最近、CB1000R向けっぽいの特許とか、CBR1000RR向けっぽい特許が結構公開されてますけど、今後何かしらのニューモデルなり出るんでしょうか。

ちなみにCBR1000RRは2020年モデルで新型にモデルチェンジします。詳しくはこちらの記事でどうぞ。
DCT的なものがついて、VTEC装備ってお話です。

となると今回の特許ですが、2020年モデルの新型CBR1000RRに使われる特許の可能性もありそうですね。

広告