正式に発表されました。このカラー良いですねぇ…
hosiizo

※私のブログの記事をコピーしてyoutubeで動画として公開するのは止めてください。
youtubeに投稿してある個人的バイクまとめブログとタイトルに記載のある動画は私と無関係ですし、許可もしていません。
最新ニュースYTさん、動画にコメントしても対応してもらえないみたいですので、そろそろこちらも何かしら対応せざるを得ません…自主的にやめて頂けると助かります。面倒ごとは嫌なので。
それから記事丸ごと転載してるブログとか、スマートフォン向けアプリケーションとかもありますが、そういうのもやめてね。

スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリーのリリース

1533087034063
”Hondaは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で多くのお客様から支持をいただいている「スーパーカブ」の誕生60周年を記念し、特別なカラーリングを施した「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」をそれぞれ11月22日(木)に受注期間限定※で発売します。”
引用元:Honda | 「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を限定発売
全文はホンダのリリースでどうぞ。公式ページはこちら

スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリーのラインアップ

スーパーカブ50・60周年アニバーサリー

product-01 (29)
  • 税込24万3,000円
  • 受注期間:2018年8月1日~2018年10月31日
  • カラー:マグナレッド

スーパーカブ110・60周年アニバーサリー

product-02 (27)
  • 税込28万6,200円
  • 受注期間:2018年8月1日~2018年10月31日
  • カラー:マグナレッド

fjdsiofadsoifai
ちなみに販売計画台数は2,300台と比較的多めでしょうか?

広告

スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリーの変更点

装備の変更点

hosiizo
こちら比較GIF画像。結構地味に変更点多いよ。
image-05 (9)
サイドカバーに60周年記念エンブレムが付いた
image-06 (4)
正面のエンブレムの中が赤く塗られた&クロムメッキされてる
fjodsifdsajiof
こちら普通のカブ。メッキじゃないし、赤く塗ってない。
image-07 (7)
メーターのふちにクロームメッキのリングが付いた
image-07 (8)
こちら普通のカブ。リングがあるとかわいいし、高級感出ますね。
image-08 (3)
シートの表皮カラーが違う。CA100っぽい。
image-06 (5)
こちら普通のカブ。ベージュな部分の色が違いますね。メインカラーもなんとなく違うのかな?
image-09 (2)
リアキャリアがクロームメッキからブラックになった
image-05 (10)
こちら普通のカブ。THE業務用って感じ。これはこれで良いよね。
image-10 (2)
鍵がおしゃん(普通のカブはコンパクトで地味な鍵)

その他変更点

  • スペックは変わりない
  • 価格は50/110共に1万800円の値上げ
大体そんな感じっすかね。
DjfQ-tgU8AEcbqJ
DjfRBDKV4AICI6H
たった1万800円で期間限定カラー&色々と特別仕様が手に入ります。
個人的に郵政カブのカラーが好きなので、凄く魅力的に感じる。限定商法にも弱いし。

Djemp6gU4AAFs3-
ちなみに鍵が良い感じになってますけど、コレって結構なメリットだと個人的には思います。
乗る前に毎回必ず見るものですし、乗ってても目に入るものですので。
リミテッドモンキーの鍵とか毎回テンション上がってました。鍵の質感って大事だと思う。

ちなみになんでこのマグナレッドのカブが60周年記念カラーなの?って感じですけど…

60周年記念カラーについていろいろ

”スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリーは、1963年に米国で展開され話題を呼んだ「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」広告に描かれたイメージイラストをモチーフとして、マグナレッドを主体としたボディーカラーに、ツートーン仕様のシートやブラック塗装のリアキャリアを採用するなど、特別なカラーリングを施しています。”
引用元:Honda | 「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を限定発売
だそうで。ホンダは親切なのでその広告も公開してくれてるよ。
nicest_main
nicest_img02
”1960年代のアメリカのバイク市場は大型が主流であり、バイクは粗暴なイメージで一般市民とは縁遠いものでした。
そこでHondaは、すでに日本では庶民の足として広まっていたスーパーカブC100をベースとしたCA100をアメリカで販売し、“素晴らしき人々ホンダに乗る”というキャッチコピーと愛らしいイラストをナイセストピープルキャンペーンと銘打ってアメリカで広告を展開。”
引用元:Honda|Honda Design|Super Cub 60th Anniversary|nicest people
わーわかりやすい解説。これで大ヒットしたそうで。
広告の力って凄いですよね。価値観に影響与えたり、色々と気付かされたり。

こういうスペシャルコンテンツなページをホンダが公開してて、今後も更新予定みたいですので、気になる方はこちらのページでどうぞ。

fjiofdsjioas
引用元:SuperCub 1億台達成記念 スペシャルコンテンツ|スーパーカブ壁紙
壁紙とか配布してるページもあるよ。こちら
ちなみに正式発表前のツイートですが、60周年記念カブとCA100を並べたお姿。中々に似てる。
DSC04816
DSC04817
こちらは岩下コレクションで撮ってきたスーパーカブC100の写真。
C100をウィンカーとか無くして、シートをダブルにしたのがCA100ですね。

大体そんな感じです。
受注は今日から2018年10月31日までですので、約3ヵ月ですね。意外と短いよ。
ちなみに特別ムービーとかも公開されてました。
カブの歴史とか、世界でどんな感じとか。うーん、良い動画ですね。こういうの見ると仲間の輪に入りたくなっちゃう。

DSC07227
現物の写真を撮ってきましたので、気になる方はこちらの記事でどうぞ。普通のスーパーカブと比較とか模してるよ。

広告