車体は旧CB1000Rですね。にしてもこの顔すげーっすね。個性的すぎる。
zariou-(8)
※私のブログの記事をコピーしてyoutubeで動画として公開するのは止めてください。
youtubeに投稿してある個人的バイクまとめブログとタイトルに記載のある動画は私と無関係ですし、許可もしていません。
〇新ニュースYTさん、動画にコメントしても対応してもらえないみたいですので、そろそろこちらも何かしら対応せざるを得ません…自主的にやめて頂けると助かります。面倒ごとは嫌なので。

ホンダのLEDヘッドライトの冷却関連の特許が公開されているよ

”ヒートシンクを効率的に配置可能な鞍乗り型車両の車体前部構造を提供する。”
zariou-(9)
”ヘッドライトは、バルブを備えるものであるが、近年、ヘッドライトにはLEDが用いられるものも増えてきており、LEDにはヒートシンクが必要となる。
搭載スペースの限られた鞍乗り型車両において、車体前部を大型化せずに上記ヒートシンクの効率的な配置が求められている。
本発明の目的は、ヒートシンクを効率的に配置可能な鞍乗り型車両の車体前部構造を提供することにある。”
LEDヘッドライトのヒートシンクを綺麗におさめちゃおうって特許ですね。出願は2017年1月です。
上記図ですけど、ヘッドライトが付いている状態です。えらくコンパクトに収まってますね。

ちなみに上記車両ですけど…
32746_2015_CB1000R
旧型CB1000Rがベースですね。ヘッドライト部分以外は同じですし。
zariou-(7)
zariou-(5)
”ロービーム用LED85及びハイビーム用LED105を冷却するヒートシンク81を備える。ヘッドライトユニット80は、フロントフォーク12の左右を連結するトップブリッジ31とボトムブリッジ32とを接続する左右一対のヘッドライトステー30,30に設けられる。ヒートシンク81は、トップブリッジ31とボトムブリッジ32との間に配置されるとともに、ヘッドライトユニット80の最前部に位置する。”
ステー30が、メーターステー、ヘッドライトステー、ヒートシンクステー、ハンドルマウント、トップブリッジ等、色々な用途を兼ねているって感じですね。なるほど効率的。
…にしても君、顔凄くない?

広告

zariou-(6)
ヘッドライトは82(ロー)と83(ハイ)、81はヒートシンクですね。91はメーターで33はハンドルバーだよ。
zariou-(4)

31はトップブリッジ、32はボトムブリッジです。
お顔がザリガニっぽいぞ。そう考えるとなんだかかわいく見えてきた…
jdsfsiofjadosifa
ちなみに旧CB1000Rってボールギャグとか言われてましたけど、一応それを継承していますね。
zariou-(1)
横から見た図。これ、ちゃんとヘッドライトとかヒートシンクとかついててこのでっぱりの無さみたい。82がロービームのヘッドライトですし。
zariou-(3)
こちらハイビーム側の拡大図。81がヒートシンク、83がヘッドライトユニット、105が光源のLEDです。光源がちゃんとヒートシンクと隣接してますね。
zariou-(9)
全体図。ヘッドライトが無いみたい。これはこれでかっちょいい。
zariou-(8)
正面。うーん、すみませんがやっぱりちょっと流石にコレは面白い顔だと思います。
目、鼻、口、ひげ、髪の毛、耳がある様にも見えますし。

流石にこの形で市販することは無いんでしょうけど…
zariou-(2)
メーターがどうも見た事ないタイプなんですよね。この特許のための描きおろしでしょうか?
image-02 (11)
ちなみに新型CB1000Rのメーター
c4
こちらは旧型。
どちらも全然違うよ。ほーん。

大体そんな感じです。
個人的にはザリガニっぽいのでザリ王と呼ぶことにします。排気量1,000ccですので王。

市販モデルにザリ王の特許が使われる可能性…
rebel02
レブル1000とか地味に可能性ありそうですね。LEDヘッドライトですし
reb3


こういう感じで、ハンドルポストがメーターステーを兼ねてましたし。
とはいえレブル1000のヘッドライトはちゃんとヒートシンク内蔵してますけどね。なので関係なさそう。

ホンダ最近こういう上手に納める系の技術にはまってるのかな?

この特許が使われている市販モデルが出たら「あ、あの時の子、めっちゃ見た目かわってる…」となるのか「わぉ、そのまま来た!ザリ王!」ってなるのか、凄く楽しみだゾ

広告