フルモデルチェンジまたはビッグマイナーチェンジです。DCTじゃなく、DCTに近い物ですって。
jdsiofasjdoifsdjio
※私のブログの記事をコピーしてyoutubeで動画として公開するのは止めてください。
youtubeに投稿してある個人的バイクまとめブログとタイトルに記載のある動画は私と無関係ですし、許可もしていません。

CBR1000RRのモデルチェンジに関する以前の噂

4910088470380
引用元:楽天ブックス: young Machine (ヤングマシン) 2018年 03月号 [雑誌] - 内外出版社 - 4910088470380 : 雑誌
CBR1000RRもモデルチェンジに関しては、以前にヤングマシンさんが報じていましたよね。

jfoadsjfiaodjfodifio
引用元:ヤングマシン'18年3月号の見所! | WEBヤングマシン
んで、このスクープですけど、デビュー可能性60%的な事が書いてあります。
大体こういうパラメーターの時って何かしら根拠があるときのパターンですよね。
詳しくはこちらの記事でどうぞ。

ちなみに2018年3月号以前、現行CBR1000RR発表前にも似たような内容の事がヤングマシンさんに載ってたことがあります。
シームレスミッションだとか、2段階進化とか…

流石にSC77がこの前出たばっかりだし、流石に2019は早すぎでは?って思ってたんすけど、私も新型CBR1000RRに関する情報いただきましたのでお伝えしますね。

広告

2020年モデルの新型CBR1000RRに関する情報(2018年7月時点)

  • CBR1000RRが2020年モデルでモデルチェンジする
  • フルモデルチェンジなのか、ビッグマイナーチェンジかは不明
  • DCT的な物がつく。DCTと似てはいるが、別の物
  • EURO5適合でのパワーダウンを避けるために、VTECを装備
  • VTECはCB400SFの様なハイパーVTECではなく、DOHC VTECっぽいもの
こちら知人から聞いた話です。あくまで噂って感じでお願いします。

新型CBR1000RRのモデルチェンジ時期について

2020年モデルだろうってお話です。EURO5がありますしね。
その他聞いた話から考えるに、多分2019年の後半に発表って感じだと思います。
つまりは来年発表って感じでしょうね。んで、2020年発売的な?

fjsiofasejfioa
引用元:CBR1000RR | Honda
ちなみに現行SC77ちゃんは2017年3月16日に正式発表されました。
発売は3月17日です。なので大体3年でモデルチェンジって感じですね。

”操る楽しみを進化させた大型スーパースポーツモデル 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売”
引用元:Honda | 操る楽しみを進化させた大型スーパースポーツモデル 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売
ちなみにSC77ですけど、ビッグマイナーチェンジではなくフルモデルチェンジです。
そうなればDCT的な物付いたり、VTECついたりする2020年モデルは恐らくはフルモデルチェンジ扱いでしょうね。

2020年モデルの新型CBR1000RRのDCT的な装備について

page2_1
引用元:Honda | Technology | デュアル・クラッチ・トランスミッション
DCTについては詳しくはホンダのページで確認してね。
正式名称はデュアルクラッチトランスミッションです。

んで、2020年モデルの新型CBR1000RRにはDCT”っぽいもの”が付きます。っぽいもの…
DCTのエンジンってエンジンが大きく重くなりますので、SSとかには向かないってお話聞いたことがあります。
なので、その辺を解決したDCTに似てるけど、DCTとは違うものがつかわれるんでしょうね。

jofiadsjiaosdfjsio
ちなみにスズキはバイク用のAGS(AMT)を開発してるよ。図は隼っぽい。
fjr1300as_color_001_2018_002
引用元:FJR1300AS/A - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社
ヤマハのFJR1300ASはYCC-SなるAMTを装備してます。どちらもメガスポですね。

わざわざDCTっぽいものと表現されていますので、DCTではなく、クイックシフター的な物でもなくって感じですよね。
となるとやっぱりAMT系の何かしらになるんじゃないでしょうか。スポーツに振ったAMT的な。

この辺に強いホンダの事ですから、凄い物ぶち込んでくるんでしょうね。楽しみ…♥
あ、個人的な予想ですが、普通のミッションのモデルも有ると思います。

2020年モデルの新型CBR1000RRのVTECについて

2020年モデルのCBR1000RRですけど、VTEC装備です。つまりは可変バルブタイミング機構ですね。VVT。

VTT搭載のリッタースポーツと言えば…
pc (39)
”SR-VVTは、遠心力を利用し、複雑な仕組みを必要としない、非常にシンプルで軽量コンパクトなインテークバルブタイミングを変化させるシステムである。”
”インテークカムスプロケットに内蔵されたガイドプレートには、斜めに刻まれた溝があり、ある回転数以上になると12個のスチールボールが遠心力で溝に沿って移動、その時インテークカムスプロケットを回転させ、インテークバルブタイミングを遅らせる。その結果、高回転域でのパワーアップを実現することができる。”
引用元:GSX-R1000R ABS|スズキ バイク
スズキのGSX-R1000Rが装備してるよ。上記の通りに仕組みがシンプルな奴。

ちなみにホンダのバイクでVTECといえば、現行モデルではCB400SFがいますよね。
image-03 (18)
image-04 (11)
”HYPER VTECとは、エンジン回転数に応じて1気筒あたりの作動バルブ数を2バルブ/4バルブと切り換えるHonda独創のバルブ制御機構で、極低回転域からレッドゾーンまでの全域をパワフルなトルク特性でカバーする画期的なシステム。”
引用元:パワーユニット | 走行性能 | CB400 | Honda
こういうの。
ホンダでVTECなのでハイパーVTECが載るのかな?って思ったのですがそうじゃないんですって。

2020年モデルの新型CBR1000RRのVVTというかVTECですけど、初代インテグラタイプR(DC2)やシビックタイプR(EK9)の様な、油圧でハイカムに切り替わるタイプのVTECだとか。
つまりはDOHC VTECって事ですよね。私はこの辺詳しくないのでよーわからんのですが…

pho_01
pho_02
引用元:Honda | 語り継ぎたいこと | VTECエンジン / 1989
DOHC VTECについて詳しくはホンダのページでどうぞ。

”カムは高回転用・低回転用の2種類を同じシャフトに隣接して備える。バルブはカムの直押しではなく、同じく2種類のロッカーアームをそれぞれ間に挟んでいる。このうち、バルブに直接接しているロッカーアームは低回転用のみで、高回転用は低回転時において空振りするようになっている。”
”高回転時はピンが油圧によってロッカーアームを貫き、低回転用と高回転用の動きを同調させる。この際、カムがロッカーアームを押し下げるにあたって、カム山は高回転用の方が大きいため、今度は低回転用カムがロッカーアームに届かず、空振りする。”
”これにより、高回転用カムによる動作が高回転用ロッカーアーム、さらにはピンを介して低回転用ロッカーアームへ伝わることで、バルブの動作は高回転用カムに従う。この動作はエンジン油圧・エンジン温度・車両速度・エンジン回転速度とスロットル位置などを考慮し、ECUでコントロールされる。”
引用元:VTEC - Wikipedia
wikipediaの解説はこんな感じです。なるほど…?


わかりやすい解説動画ありました。感謝。つかみが最高。
歯車マークの設定から字幕、自動翻訳→日本語って選ぶとわかりやすいよ。

2020年モデルの新型CBR1000RRに搭載されるVTECがこのDOHC VTECっぽいってお話ですけど、現状正式名称などは不明です。しかしながらVTECって名前はつくでしょうね。

海外の動画とか見てて思うんですけど、VTECってフレーズに大興奮する層が結構いるみたいですね。
なのでCBR1000RRにVTEC搭載ってなると、それこそ大興奮する人居そう。おめでとうございます。

そういえばBMWのGSもVVT装備って噂ありますので、今後大排気量モデル等はVVT装備が主流になってくるのかもですね。

大体そんな感じです。
2020年モデルのCBR1000RR、大幅進化って感じですねぇ…8耐で無双しそう。
価格や腕的に私は乗れないでしょうけど、ハイテクマシンは見てて楽しいので凄いの期待しちゃうぞ。


ちなみにこのVTEC Just Kicked In Yo!ってのは4chで使われているネットスラング的な物らしいです。
ジーザス!

広告