RRはそのままでしたけど、Factoryは排気量上がってパワーアップしてるよ。
RSV4_factory_1100_frontale
引用元:Details about 2019 Aprilia RSV4 1100 Factory and RSV4 RR Unveiled - Motorcycle.com News

2019年モデルのRSV4 1100 Factroyが発表されました

  • 2019年モデルのRSV4 Factoryが発表された
  • カーボンパーツ(フロントフェンダー、サイドパネル、サイレンサーのヒートガード、ウィングレット)
  • アクラポビッチの公道用チタンサイレンサー
  • フロントキャリパーはブレンボのStylema(現行はM430)
  • BOSCH製リチウムイオンバッテリー
  • 排気量は1,078cc
  • ボアが81mmに拡大
  • ストローク、圧縮比は変わらず。
  • 馬力は217HP / 13,200rpm(多分PSの間違いだと思う)
  • トルクは122Nm / 11,000rpm
  • 車両重量は199kg
  • 新しいステアリングブッシュ(上下ともに+3mm)により、ヘッドストックの角度が減少し、新しいステアリングヨークのオフセットも2mm減少(?)
  • それによってホイールベースが4mm短くなった
  • フロントフォークのトラベルが5mm伸びて125mmになった
  • スイングアームも若干の変更があり、ヨーとねじれに大幅に強くなった
引用元:Details about 2019 Aprilia RSV4 1100 Factory and RSV4 RR Unveiled - Motorcycle.com News
全文、原文はmotorcycle.comさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性がありますので、情報元で確認してくださいね。

馬力に関しては、214HPや、217CVって載せてるページもありましたので、217HPではなく、214HP(217PS)だと思います。

2019年モデルのRSV4 1100 Factroyのお姿

RSV4_factory_1100_frontale
RSV4_factory_1100_34dx
RSV4_factory_1100_latdx
引用元:Details about 2019 Aprilia RSV4 1100 Factory and RSV4 RR Unveiled - Motorcycle.com News
その他画像はmotorcycle.comさんでどうぞ。

変更点というか比較というか

お姿

nanamebadho
斜めの比較GIF画像
mayokodae
真横の比較GIF画像。
2019の1100の方がお尻が下がってますね。フロントのトラベルが伸びたとかその辺の影響ですかね。
syau
こういう感じで、見た目の変更点はウィングレットぐらいです。あとカラー。

スペック

  • 排気量:+78.4cc
  • ボア:+3mm
  • 馬力:+13HP / +200rpm
  • トルク:+7Nm / +500rpm
  • 車両重量:-5kg
車両重量に関しては日本のRFと比較しています。海外のは乾燥重量でしたので。

大体そんな感じです。噂通りのモデルチェンジでしたね。
基本的には排気量拡大、フロントキャリパー変更、排気系変更って感じですね。

その他(ギア比とかオイルポンプ、ECUのマップ等)結構変わってますけども、サスペンション(セッティングは変わってるけど)や電子制御(多少の調整はありますが)等、車体や電子制御類は大きく変わっていません。

そういう感じでして、アプリリアさんも排気量拡大パターンになりました。999ccはRRがありますしね。
EURO5適合かは記載がありませんでしたが、排気量上げたパターンですし、恐らくはEURO5適合モデルだと思います。

広告

以下、過去の情報です。

2018年7月:2019年モデル(?)の新型RSV4に関する噂

  • 排気量は1,100cc前後
  • 2つの排気量のモデルがあると思われる(1,100ccと1,000cc)
  • ベンチテストは完了していて、1,100ccのモデルは215~220PS
  • パワーが上がっているのでフレームは補強されているが、現行と大きくは変わらないデザイン
  • 5~6kg軽量化されている
  • EURO5適合
  • 2019年中頃発売(発表?)
引用元:News Prodotto, Aprilia scalda il motore della prossima RSV4 | GPone.com
全文、原文はGPONEさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性がありますので、情報元で確認してくださいね。

噂って感じですけど、妙に情報が具体的ですよね…
恐らくはリークとかなんじゃないでしょうか。2019年中頃発表(たぶん発表)とありますが、となると2020年モデルって感じでしょうか?

現行モデルってどんな感じでしたっけ&予想タイム

Aprilia-RSV4-RF-2016_34dx
Aprilia-RSV4-RF-2016_latdx
引用元:Aprilia | RSV4
お姿こんな感じです。RSV4 RFちゃんです。公式ページこちら
乾燥重量185kg、馬力は201HPです。
RSV4-RF-image1
引用元:RSV4 RF - Aprilia
本国のカラーはこんな感じ。似てますけど、カラー違うよ。
30420417_10156654452269162_2669910495904502384_o
26840906_10156372399544162_5521547181217061315_o
27023700_10156372399814162_2498720573313747235_o
ちなみにこういう感じでアプリリアのMotoGP車両っぽいウィングレットとかも発売されました。サーキット向けの純正キットパーツです。
36442713_10156839054364162_1791777793734868992_o
ちなみにこちらアプリリアのMotoGP車両です。

となると新型RSV4は最初からこういうウィングが付いてる可能性とかあるかもですね。
または1,000ccバージョンのみ最初からついてるとか。

bike_TUONO_v4_1100_2018 (1)
引用元:Aprilia | TUONO V4 1100 Factory 2018
ちなみに派生車種?なTUONO V4は1,100cc(厳密には1,077cc)エンジンです。馬力は175HPですが。

そういう感じで新型出るらしいので、RSV4の購入を検討している方はもう少し待った方が良いかもですね。
2019年中頃発売らしいので、恐らくはEICMA2018で発表とかでしょうか。またはインターモトとか。

→2019年モデルが発表されましたが、RSV4 RRに関しては何も変更ないです。詳しくはこちら

広告