これまたアメリカでのお国へ提出する書類から明らかに。Ninja H2とVersys1000も何かしら変更あるみたいよ。
hfdsuiofashius

2019年モデルの新型ZX-10RとVERSYS1000、Ninja H2の情報

  • カワサキがアメリカの米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)に最近書類を提出した
  • 車両識別番号システムがどのようにして機能しているのかをNHTSAに伝える書類
  • そのリストにカワサキの2019年モデルのリストが含まれている
  • 2019年に変更がないモデルは
・Z1000
・Ninja1000
・ZX-14R
・Ninja H2 SX
・Ninja650
・Z650
・Ninja400
・VERSYS-X300
・Z900
・Z900RS
・Z900RS Cafe

  • このリストの中には、先日新型が明らかになったZX-6R、そしてZX-10Rが無い。(Versys1000とNinja H2も載ってないよ)
  • (2017年11月提出の2018年モデルのリストには、ZX-10R/ABS/RR/SEが載ってた)
  • この書類は2019年に新型ZX-10Rが出るという強力な証拠になるが、CARBの文書と違って何が変わるかの手がかり等は全くない。(CARBには新型ZX-10Rの書類がまだ提出されてない)
  • 2018年モデルのZX-10R SEが装備している電子制御サスペンション等が、(2019年モデルの)ZX-10Rに搭載される可能性が高いと思われる。
  • パワーアップ、軽量化、テクノロジーの向上、見た目の変更は確実にあるだろう。
引用元:Next-gen ZX-10 set for 2019
全文、原文はbennetsさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性がありますので、情報元で確認してくださいね。

広告

新型ZX-R6については、こちらの記事でどうぞ。
排気量や車重は変わらず、EURO4適合って感じみたい。

そういう感じでして新型ZX-10Rが出るみたいです。ZX-6Rに続いてZX-10Rまでも…カワサキイケイケっすね。マジ強い。

2019年モデルのZX-10Rについて勝手に予想タイム

現状どういう点が変更されるかの手がかりは何もないみたいです。
ライバルの…
main-06
CBR1000RR
2018-Yamaha-YZF-R1-EU-Yamaha-Blue-Studio-001
YZF-R1
DajZey0V4AAqktL
GSX-R1000
等と比べてみて、ZX-10Rに無い装備と言えば…
18ZX1000S_40RGN1DRF1CG_A_002
  • LEDヘッドライト
  • フルカラー液晶メーター
  • しばらく変わってない見た目
  • 電子制御サスペンション(SEにはついてるよ)
  • クイックシフターのダウン(SEやRRにはついてるよ)
ぐらいでしょうか。(私この辺のモデルの詳しい事はいまいちわからないです。)
ぶっちゃけ現行モデルでも戦闘力的には十分な気がしますね。(SBKでカワサキ強いし)

個人的にはLEDヘッドライトとフルカラー液晶メーターはつくと思います。最近のSSだと装備して当たり前的な装備になってますし。クイックシフターのダウン対応も可能性高そうですね。

個人的にはどういう見た目になるのかが気になります。現行でも十分今っぽくてかっこいいと思いますけど、新型ZX-10Rのデザインによって今後カワサキのデザインの方向性がどんな感じになるのかわかる気がしますし。

2019年モデルの新型Versys1000を勝手に予想タイム

んで、他にも気になるのはVersys1000とNinja H2ですよね。
18KLZ1000B_40RBK2DRF1CG_A
VERSYS1000はしばらくモデルチェンジしてないってイメージ。
4気筒で120PSなエンジン詰んでるアドベンチャーです。車重は250kg

bennetsさん的にはよりオフロード向けな車体になって、エンジンは140PSになるんじゃ?って予想されてます。

確かに最近各社オンロードよりオフロード寄りの大排気量アドベンチャー作ってますよね。なのでVERSYS1000もそっちの方向性になるかもですね。
ちなみに140PSって値ですけど…
img_01-01 (7)
同系列のエンジン積んだZ1000とNinja1000は140PSです。なのでこっちのエンジンにアップデートするって予想なんだと思います。

個人的にはエンジンや電子制御類はNinja1000と同じ様な感じになるんじゃないかなーって思います。
あとは見た目の変更でしょうね。LEDヘッドライトも付くと思います。
フレームがよりオフ向きになると面白いですね…その辺はどうなんでしょう?

2019年モデルの新型Ninja H2を勝手に予想タイム

Ninja H2は結構マイナーチェンジ多いですよね。初年度モデルからだと…
  • 排気系の変更
  • アシスト&スリッパークラッチ装備
  • IMU装備
  • 電子制御類のアップデート(KCMF等)
  • クイックシフターがダウン対応
  • リアサスがオーリンズになった
  • ECU改良
等でしょうか。

んで2019年モデルも何かしらアップデートがあるみたいです。
うーん、全然想像つきません。他に改良する点ってあるんでしょうか?
そもそもジャンルがハイパースポーツなので、どういう方向性を目指しているのか私にはわかりませんし…

18ZX1000X_201GY1DRF2CG_A_001
見た目に関しても唯一無二感があっていいと思いますし。

Kawasaki-Soul-Charger-SC-02-concept
引用元:Kawasaki SC-02 “Soul Charger” Concept Debuts at EICMA
bennetsさん的にはSC-02ソウルチャージャー的なネイキッド系になるっていう可能性もあるんじゃない?的な…
ちなみにSC-02ソウルチャージャーはカワサキがEICMA2015で発表したコンセプトイメージです。

Concept_SC_01_CG
引用元:第44回 東京モーターショー2015 : Kawasaki モーターサイクル&エンジンカンパニー
ちなみにこちらはSC-01スピリットチャージャーです。同じくコンセプトデザイン的な。

H2系でヒントがあると言えば、現状上記のSC-01とSC-02ぐらいですよね。
んでフルカウルなSC-01っぽいモデルはいますので、残すはSC-01って感じなんでしょうね。

個人的にはちょっとした装備や電子制御類のアップデートぐらいだろうと思います。
カワサキの象徴的なモデルですので、そんな早くに大きなアップデートは無さそう…と思いました。

そういえばNinja S2、Ninja R2、Ninja E2等が以前に商標登録されてますけど、その辺は何かしらあるんでしょうかね?気になる。

大体そんな感じです。今年もカワサキは色々とワクワクを提供してくれそうですね。
EICMA2018が楽しみ…

広告