過去の製品のオマージュモデルです。元のモデルですが、戦争中のモデルです。
banner-desk
引用元:Royal Enfield Classic 500 Pegasus Edition – Made like a Gun
ロイヤルエンフィールドがニューモデルというか、クラシック500の派生モデルを発表しました。
お名前はClassic 500 Pegasus Editionです。公式ページはこちら
pegasus-brown-front
pegasus-brown-rhs
pegasus-brown-rear
pegasus-brown-lhs
引用元:Royal Enfield Classic 500 Pegasus Edition – Made like a Gun
…ロイヤルエンフィールドってそもそもがガチレトロっぽい見た目してますけど、これは更にって感じですね。戦時中のバイクって言われても普通に納得しそう。(ディスクブレーキですけど)
カラー名ですがService Brownです。

hikakudazoi
ちなみにこちらクラシック500との比較GIF画像。角度が違うのでずれてますね。
  • サイドバッグ、サイドバッグステーが付いてる
  • タンデムステップが付いてる
  • キックペダルが付いてる
  • タイヤの種類が違う
  • シート下のサイドカバーがバックル式になってる
  • ヘッドライトのバイザーがない
  • サイドカバー、タンクのエンブレム
  • タンクに書いてあるステンシルのシリアルナンバー
  • クランクケースカバーのカラー
  • エンジン、サイレンサー、エキゾーストパイプのカラー
  • ウィンカー、テールランプユニット、ヘッドライトリムのカラー
私が見た感じ、こんな感じ。
基本的にカラー違いの特別仕様車ですね。


こちら公式PVです。カッチョイイ…
昔のモデルというかオマージュ元だろうモデルも出てきますね。

んで、こちら過去のモデルのオマージュと書きましたけど…

広告

image11
引用元:Royal Enfield Classic 500 Pegasus Edition – Made like a Gun
こちらのモデルです…えぇ…
こちらのフレームですけど、Flying Flea Parachute Cradleってお名前でして、飛行機からパラシュートでバイクを投下するぞって事です。戦時中のバイクですね。

このバイクもクレードルもロイヤルエンフィールド製です。
ちなみにバイクはRE/WD 125ってお名前で126cc、62kg、64km/hで走行出来たとか。


こちら当時の映像と、このパラシュート部隊だった方々にお話聞いてる動画。

こちら実際に飛行機からバイクが投下されていたり、当時のバイクが動いてる様子がわかる動画。

戦時中のパラシュート部隊(Flying Fleaって呼ばれてたとか)とバイク(RE/WD 125)がベースのデザインって感じでしょうか。

motorcycle_2-desk
タンク中央のエンブレムは当時のロイヤルエンフィールドのエンブレムを再現したものですね。
ちなみに右の赤いマークはベレロフォンっていうギリシャ神話の英雄さんです。ペガサスに乗ってるよ。

ちなみにこちらは実際に戦時中に使われていた物がベースで、イギリスの空挺兵のマークだったとか。
詳しくはこちらのページで確認してね。英語です。
motorcycle_3-desk
キャンバス製のサイドバッグ。こちらにも空挺部隊のマークがついてるよ。
motorcycle_4-desk
motorcycle_5-desk
こちらのステンシルの数字ですけど、シリアルナンバーです。
なので1台1台番号が違います。下3桁が違うみたいですね。
gear-desk
ちなみに当時っぽいアパレルとかも売ってます。
jfoidsfajosi
引用元:pegasus collection | Royal Enfield
こういう感じで。

ちなみにこちらはお披露目の時の様子。

Royal Enfieldさん(@royalenfield)がシェアした投稿 -


Royal Enfieldさん(@royalenfield)がシェアした投稿 -


凄く本格的なお披露目ですね…
ちなみに動画に出ていた当時の部隊の方々もいますけど、お二人とも90代半ばですって。元気。

こちらのクラシック500ペガサスエディションですけど1000台限定で、生産国のインド国内では200台販売してます。残りの800台が他の国向けですね。

現状日本に入ってくるかは謎です。日本のロイヤルエンフィールドは現状何も情報出してませんし。
fjdsiofdasjio
引用元:CLASSIC 500 EFI (EURO4) | MOTORCYCLE (EURO4) | Royal Enfield - ロイヤルエンフィールド日本語公式サイト
ベースとなっているクラシック500のEURO4に適合したバージョンは日本でも売ってますので、日本でも売ることは出来そうですね。

主に生産国のインドと、舞台であるイギリス向けな商品なので、謎ですねぇ…
気になる方はお近くのロイヤルエンフィールドのディーラーさんで聞いてみてね。

広告