販売店さんで本気系って聞いてましたけど、コレマジで本気系っすね…
gsx001

新型GSX-R250の情報まとめ(2018年4月1日時点)

  • 2018年3月時点では開発継続中(モーターサイクルショー2018)
  • 発売日(発表日?)は2018年ではない。恐らくは2019年
  • 「本気系」(販売店さん曰く)「本当に速い」(インドネシアスズキ中の人)
  • タイ生産が有力、次点でインドネシア
  • インドネシア市場向けだけど、グローバルモデル
  • 新型2気筒エンジン
ちなみに現状の情報はこんな感じです。詳しくはこちらの記事でどうぞ。

5月公開のスズキの新型GSX-R250関連っぽい特許

先日公開されたスズキの燃料タンク周りの特許がありまして…
”内燃機関の後方に複数の部品を互いに接近させて配置しながら、燃料タンクの回動による燃料ホースの耐久性の低下を抑制する。”
って感じです。狭いスペースで部品とか収めたいけど、燃料ホースの耐久性は落としたくないよって感じでしょうか。なんだかスポーツモデル向きの特許って感じですね。

それもそのはず…
gsx001
こちら、上記の特許の中にあった車両の図。
…現状こういうバイクいないですよね。いないのはわかりますが、コレ明らかにGSX-R系ですよね。
gsx-r125l8_ysf_side_4c
GSX-R125に似てるし。
GSX-R125に似てはいますが、違いは結構あります。でも新型GSX-R125の可能性も捨てきれないですけど…

広告

gsx006
”自動二輪車1の燃料配管構造5は、車体フレーム2に支持される並列2気筒のエンジン4と、吸気ポート43に接続されるスロットルボディ44と、エンジン4の上方に配置されるエアークリーナー42と、エアークリーナー42の上方に配置される燃料タンク30と、燃料ホース80を介してインジェクター55に接続される燃料ポンプ70と、を備え、燃料タンク30は支持軸64cを中心に回動し、燃料ポンプ70は支持軸64cとインジェクター55との間に配置され、燃料ホース80は、上流側接続部71から後方に伸長した後、第1屈曲部で向きを変えて車幅方向一方に伸長する第1流路部81と、第2屈曲部で向きを変えて前方に伸長し、下流側接続部74に接続される第2流路部82と、を含む。”
あ、並列二気筒ですし、DOHCですね。GSX-R125説は消えましたし、スイングアーム形状からして400、または250ぐらいでしょうね。

gsxr750_c_img01_l
引用元:GSX-R750:カラーバリエーション
スズキの大型スーパースポーツはスイングアームが大体こういう形です。画像はGSX-R750です。R600も同じです。

現状400の噂はありませんし、GSX-R250/300の噂はあります。
なので新型GSX-R250で確定でしょうね。ウホホイ…❤

その他の図ですが…
gsx002
トラスフレームですね。凄くかっこいい…
リアショックはもちろんモノショックで、リンク式ですね。
gsx003
わー車体細そう。
gsx004
うん、細い(確信)
gsx005
結構細部までフレームやエンジン書き込まれてますね。となるとコレがほぼそのまま市販モデルになる可能性が高そうですね。
gsx006
ダウンドラフト吸気でしょうね。
gsx007
シート回りも細そうですね。インドネシア市場向けですので、足つきは良いと思います。たぶん。
gsx008
gsx009
42がエアクリーナーですので、30の燃料タンクはカバー式ではなく金属製タンクでしょうね。

大体そんな感じです。んで、画像から推測すると…
gsx001
  • トラスフレーム
  • 倒立フロントフォーク
  • ラジアルマウントキャリパー
  • 低いセパレートハンドル
  • 顔はGSX-R系(横顔は凄くハンサム)
  • スイングアームは恐らくはアルミ(スチールの可能性もありますが)
  • DOHC水冷パラレルツイン
  • ダウンドラフト吸気
  • リンク式モノショック
  • タンクは金属製
  • 形状的におそらくはLEDヘッドライト
  • フロントは内臓式ウィンカーっぽい(ミラー下?)
  • 全体的に細そう
って感じですね。
あ、特許の画像って結構てきとうな事がありますし、あとあと変更があることもありますので、コレで仕様が確定ってわけではないです。ですがこの通りになる可能性が高いと思います。

販売店さんがおっしゃってた通りに本気系、インドネシアの中の人が言ってた通りに速そうですね…

コレ、見た感じCBR250RRにぶつけてきてますよね。装備的に。
販売店さんがCBR250RRみたいな奴って言ってましたけど、そうなりそうな予感…

Ninja250はオールマイティーで、YZF-R25もキープコンセプトらしいですけど、スズキはGSX250RがあるのでGSX-R250でははっちゃけてくれるみたいですね。
レプリカ戦争の時、最後にVガンマを出したスズキらしいモデルになりそう。

SUZ_NEW_MODELS
ちなみにこちらギリシャのV-Strom650/1000のメディア向け発表会で公開されたらしいリストです。
2018年モデルでGSX-R300、GSX-S250/300がいます。なのでネイキッド版のGSX-S250も期待できそうですね。

時期的に考えて&上記のリストも考慮すると、2018年のEICMAあたりでGSX-R300が発表になりそうですかね。発売は2019年でしょうけど。
これはいろんな意味で面白いことになりそうですね。2019年が凄く楽しみです。はよきてッッ❤❤❤

5月19日:Julak Sendie Designさんが特許の図を基に予想CGを公開してるよ

gsx-r300
引用元:New Render : GSX-R300 / GSX-R250 – Julak Sendie Design
その他画像はJulak Sendie Designさんでどうぞ。
わぉ、それっぽい。基本的に特許の図に色載せてるって感じですけど、多少修正や追加がされていますね。お疲れ様です。

こちら個人による予想CGですので、市販される時は結構見た目など違ってくると思いますが、市販されたときの姿を想像しやすいので、大変ありがたいです…Julak Sendie Designさんに感謝ですね。

5月25日:新型GSX-R250関連の新たな特許が公開されてるよ


gsx04
詳しくはこちらの記事でどうぞ。チャコールキャニスターをコンパクトに納めるぞ系の特許みたい。

広告