東京モーターサイクルショーで写真撮ってきました。CB1000Rの足つきも。
DSC05590

CB1000Rカスタマイズドコンセプト

DSC05628
こちら跨るときは専用ブースに並ばなきゃダメでした。
DSC05629
カスタマイズドコンセプトですので、色々とカスタムしてあったよ。
DSC05630
カーボンパーツ多いよ。
DSC05632
カーボンハンドルバーです。まさかの。
DSC05634
ミラーもカーボンです。
DSC05635
フロントフェンダーもカーボン
DSC05637
ブレーキディスクですけど、使い込んでるというか、普通に乗ってる車両感ありますね。
DSC05638
DSC05639
ん、ホイールが変な感じだぞ…
DSC05640
マフラーはヤマモトレーシングですね。
DSC05641
インナーフェンダーもカーボン
DSC05643
前後ホイールがカーボンだよ。ゴイスー
DSC05645
スイングアームマウントのリアフェンダーってリア回りすっきりしていいですね。

CB1000Rの足つき

  • 平均身長、56kg~58kg、股下787mm、ライディングブーツはいてる人間がまたがった
  • 足の真ん中ぐらいまで付く。結構足つき悪いけど、意外といけそう感はあった。
  • ちなみに管理人はCBR250RR、SV650、FORZA、とかがべた足です。

CB1000Rの感想ですけど、マッスルで塊感(?)があり、重厚感(?)があるんですけど、結構コンパクトに感じました。

凄くアバウトな事言いますけど、あんまり現実感がないというか、コンセプトモデルっぽさ?を感じました。
なんだかホンダの市販車っぽくないというか、でもホンダらしさもあるような…
ヨーロッパのメーカー感もありました。

広告

2018年モデルの新型ゴールドウイング

DSC05585
DSC05586
DSC05588
DSC05592
DSC05590
お目目が綺麗。凄く明るそう。ローで10灯ですかね。多い…

でかいんですけど、意外とコンパクトっぽさも感じました。旧型より小さいんでしたっけ。
当たり前ですけど高級感ありました…こういうバイク憧れますね。

旧型はあまり若者向きなデザインではなかったと個人的には思いますが、新型は若者(?)な私も欲しいというか、いつかは所有したいって思えるデザインだと感じました。
こういうの乗られる大人になりたいな…って思いましたし。

CBR1000RRW

DSC05646
こちらCBR1000RRカスタマイズドコンセプトことCBR1000RRWです。
DSC05649
CBR1000RRのレーサーですね。なんだかオーラが違うというか、あふれ出る高級感って感じでした。
DSC05648
ブレーキディスクが凄くキレイでした。YUTAKA製。舐めたくなりますね。

江口寿史先生のカブのポスター

DSC06110
柱に江口寿史先生のイラストが貼って(?)ありました。
50ccのスーパーカブですね。靴はコンバースのオールスターかな?
DSC06119
江口寿史先生のポスター、欲しかったけど手に入らなかったのでありがたい…
110のスーパーカブ。ドクターマーチンですかね?
DSC06114
クロスカブ50ですね。靴はメレルのカメレオン2ストームゴアテックスかな?
うーん、やっぱり超欲しいぜ。ホンダさん、市販してくれないですかね…

大体そんな感じです。
ちなみにホンダブースってほとんど跨りOKだったのですが、一番人気はモンキー125だったと思います。
人が跨ってない時間は無かったんじゃ?ってぐらいみんな跨ってたよ。
会場全体で見ても一番人気だったんじゃないでしょうか。

DSC05347
ちなみにそのモンキー125とスーパーカブC125の写真とか情報載せてる記事ありますので、気になる方はこちらどうぞ。

広告