今回はエンジンの冷却系の特許です。ラジエター関連だよ。
r250en (6)

新型GSX-R250に関する最近の情報

2018年5月12日:特許の図が公開されてるよ。本気系…ッッ❤

gsx001
  • トラスフレーム→ダイヤモンドフレームですね。失礼しました。
  • 倒立フロントフォーク
  • ラジアルマウントキャリパー
  • 低いセパレートハンドル
  • 顔はGSX-R系(横顔は凄くハンサム)
  • スイングアームは恐らくはアルミ(スチールの可能性もありますが)→スチールっぽい
  • DOHC水冷並列二気筒
  • ダウンドラフト吸気
  • リンク式モノショック(プリロードアジャスター付)
  • タンクは金属製
  • 形状的におそらくはLEDヘッドライト
  • フロントは内臓式ウィンカーっぽい(ミラー下?)
  • 全体的に細そう
って感じです。特許でお姿などが明らかに。詳しくはこちらの記事でどうぞ。他にも沢山図があるよ。

5月19日:Julak Sendie Designさんが特許の図を基に予想CGを公開してるよ


gsx-r300
引用元:New Render : GSX-R300 / GSX-R250 – Julak Sendie Design
その他画像はJulak Sendie Designさんでどうぞ。
わぉ、それっぽい。基本的に特許の図に色載せてるって感じですけど、多少修正や追加がされていますね。お疲れ様です。

こちら個人による予想CGですので、市販される時は結構見た目など違ってくると思いますが、市販されたときの姿を想像しやすいので大変ありがたいです…Julak Sendie Designさんに感謝ですね。

5月25日:新型GSX-R250関連の新たな特許が公開されてるよ

gsx04
詳しくはこちらの記事でどうぞ。チャコールキャニスターをコンパクトに納めるぞ系の特許みたい。

7月26日:エアクリーナー関連の特許も公開されてたよ


gsx-r250エアフィルター-6
詳しくはこちらの記事でどうぞ。エアクリーナーをスリムにしちゃうぞ的な。

8月9日:ラジエーター関連の特許が公開されてるよ

r250en (6)
ラジエーター関連の特許が公開されています。新たな図等も。詳しくはこちらの記事でどうぞ。

新型GSX-R250の情報まとめ(2018年8月9日時点)

  • 2018年3月時点では開発継続中
  • 2018年5月に特許が公開された
  • 発売日(発表日)は2018年ではない。恐らくは2019年
  • 「本気系」(販売店談)「本当に速い」(インドネシアスズキの中の人)
  • タイ生産が有力、次点でインドネシア
  • インドネシア市場向けだけど、グローバルモデル(300㏄モデルもあるみたい)
  • 新型2気筒エンジン→DOHC水冷並列二気筒
  • ダウンドラフト吸気
  • スロットルバイワイヤではない普通のワイヤー式
  • ダイヤモンドフレーム
  • スイングアームは異形。アルミかスチールかは不明だが、スチールっぽい
  • リンク式モノショック(プリロードアジャスター付)
  • 倒立フロントフォーク
  • ラジアルマウントキャリパー→普通の型押し2POTの可能性もある
  • 顔はGSX-R系
  • 低いセパレートハンドル
  • タンクは金属製
  • 形状的におそらくはLEDヘッドライト
  • フロントは内臓式ウィンカーっぽい(ミラー下?)
  • スリムでコンパクトになりそう。特許的に

新型GSX-R250に関する管理人の勝手な予想

  • 抑えるとこ抑えてるのでCBR250RRより安価になると思う。スズキですし。
  • 発表は恐らくは2019年頃だと思う。または2018年のEICMAとか?→2018年後半に発表されるって噂がタイであるよ→でも微妙な気もする
  • 発売日はインドネシアでも日本でも2019年中になりそう。2018年はないって日本のスズキの人が断言したので
  • インドネシア向けモデルですがグローバルモデルなので、日本に入ってくるのもそう遅くならないと思う
日本の販売店さんが「本気系」、インドネシア中の人が「本当に速い」って言ってますので、性能的には期待して良さそうですね…♥→まさにそんな感じの見た目や装備してました。

CBR250RRはインドネシアで発表、Ninja250/400は日本のモーターショーで発表、GSX250Rは中国で発表でしたので、個人的にはGSX-R250はおそらくはインドネシアとかタイのイベント等で発表かなーって思います。

そろそろ新型YZF-R25が出ますし、スズキが新型GSX-R250を出せば、新型250ccフルカウルが全て揃いますね。
AP250とかJP250が楽しいことになりそう。うーん、色々と楽しみですね。

以下、2016年から現在に至るまでの噂まとめです。下に行くほど新しくなってるよ。
結構昔から噂があったんですよね。インドネシアのメディアさんって凄い。

広告

新型GSX-R250に関する過去の情報

2016年9月

・スズキがS440って名前の倒立フォークを開発中
・SHOWA製だろう
・アウターチューブの太さは41mm~45㎜の間
(インドネシアメディア情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2016年10月

・R250(GSX-R250)も開発中
(コメント欄。中の人情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2016年12月

・GSX-R250は2018年登場で、40馬力
(コメント欄。販売店情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2017年1月

・GSX-R250出すみたい。再来年あたり。
(コメント欄)
・GSX-R250も開発中
・新型の2気筒エンジン
・本気系
・1年後ぐらいって話
・開発中ではあるが、市販されるかはまだわからない
・その頃も市場が盛り上がっていれば市販されるのでは?
(管理人が販売店で聞いてきた情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2017年3月

・開発中
・開発中ではあるが、市販されるかはまだ不明
・市販されない可能性もある
・1年後にはまだ出ていないと思う
・2年ぐらい待っても出てない場合は…
・期待して待っててね
(管理人がモーターサイクルショーで聞いた来た情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2017年7月

・インドネシア市場向けの新型GSX-R250が出るって噂
・250ccのパラレルツインで、タイで開発中って噂
(インドネシアメディア情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2017年8月

SUZ_NEW_MODELS
・ギリシャのV-Strom1000/V-Strom650のメディア向け発表会的なイベントで、上記の表が公開されたみたい
・GSX-R300とかGSX-S250/300という車種名がある。
(ギリシャメディア情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2017年8月

・インドネシアスズキの営業部長さんのお話
・「(CBR250RRやNinja250、YZF-R25等のスポーツ250cc市場に)まだ準備段階だがスズキも参入するだろう」
・新型エンジンである事をほのめかしていた
・タイ、またはインドネシア生産っぽい
(インドネシアメディア情報)

・”開発中とのことは、信頼できる情報筋から聞きました。あとは、いつ出すか。”
(コメント欄)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2017年9月

・インドネシアスズキの営業責任者板山 誠次氏に聞いた話
・スズキはインドネシアではGSX250Rは発売しない
・「インドネシアはより良くなるはず。」との発言があるので、もっとスポーティなモデルがインドネシアでは発売されるのでは?
・生産は中国ではなく、タイ
(インドネシアメディア情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2017年9月

・インドネシアスズキのセールス&マーケティングマネージャーに聞いた話
・250ccクラスのスポーツモデルを準備中
・まだ研究(調査)中で、研究(調査)は80%終わっている
・発売は2018年ではない
・「速い。えぇ、本当に速い。」(インドネシアの250ccスポーツモデルが好きなユーザーに対しての発言)
(インドネシアメディア情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2017年10月

・開発中だが、秘密
・なにかしらはやってる
(SZKさんが東京モーターショーで聞いてきた情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2018年3月

・スズキの新型車両の(開発)コードが明らかになっている
・49K00はブラケットからしてフルカウルスポーツ系。だがGSX-R250のと関係は不明
(インドネシアメディア情報)
詳細はこちらの記事でどうぞ。

2018年3月(東京モーターサイクルショー)

・GSX-R250は開発継続中
・2018年には出ない。2019年っぽい。
・二気筒
・本気系ってのはあながち間違いじゃ無さげ
(管理人が東京モーターサイクルショー2018で聞いてきた情報)
発売日ですけど2018年は無いんですって。恐らくは2019年だと思われます。話しぶり的に。

過去の情報は大体こんな感じでした。
特許の図が出てきましたので、いよいよ感はありますね。恐らくは2019年発表ぐらいでしょうか?

広告