中の人が延期になりそうっておっしゃったんですって。それに実証実験が12月からですし…
DSC05395
まずは過去の情報とか。

PCX ELECTRICに関する最近の情報(8月6日)

”EVの情報止まっちゃってますね・・・。
2か月前(6月初めくらい)にホンダの中の人からボロっと出た話ですけど、もしかしたら今年中が難しいかもしれないって話です。
理由とかは聞けなかったですけど、バッテリーの取り扱い(充電スタンド)等なんじゃないでしょうか。※Gogoro社と同じ形式にするにしても設置場所や維持費とか・・・”
”そういえば、先月にこんなリリースが。
https://www.honda.co.jp/news/2018/c180713.html
今年の12月にインドネシアで実験開始なので日本では本当に来年以降になりそうですね。”
こちら※40さんのコメントです。ありがとうございますー!8月6日

なんと延期になりそうな感じだとか…ちなみに事前にアナウンスされていた発売日は2018年秋です。
なので遅くとも11月頃かな?って感じでしたが、延期となると2019年になりかもしれませんね…

んで、上記のリリースですが…
1531458026786
”本田技研工業株式会社(代表取締役社長:八郷 隆弘、以下Honda)とパナソニック株式会社(代表取締役社長:津賀 一宏、以下Panasonic)は、着脱可能な可搬式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(以下、モバイルパワーパック)」と、それを搭載する電動二輪車などの電動モビリティーを用いて、バッテリーシェアリングの実証研究をインドネシアで2018年12月(予定)に開始します。”
”本実証研究では、モバイルパワーパックを供給する充電ステーションを数十箇所設置し、複数個のモバイルパワーパックを同時に充電しておくことで、充電済みのものを随時提供します。移動中にバッテリー残量が少なくなったユーザーは、最寄りの充電ステーションで充電済みのモバイルパワーパックに交換し、走行を続けることができます。”
引用元:Honda | インドネシアで着脱式可搬バッテリーと電動二輪車を用いたバッテリーシェアリングの実証研究を開始
全文はホンダのリリースでどうぞ。
上記の画像は充電ステーションのコンセプトモデルの図なんですけど…
1531458027001
引用元:Honda | インドネシアで着脱式可搬バッテリーと電動二輪車を用いたバッテリーシェアリングの実証研究を開始
こちらバッテリーパックの図。あ、コレ見覚えあるゾ
DSC05867
PCX ELECTRICのバッテリーと同じ物ですね。
つまりはPCX ELECTRICがインドネシアの実証実験で使われると見て良さげでしょうか。
電動二輪車等とありますし、わざわざ新規に電動バイク作る事はなさそうですし。

こちらの実証実験が12月からですので、流石に実証実験の前に市販って可能性は低いですよね。
日本で先に発売して、そのデータをインドネシアの実証実験で生かす、とかそういう事する可能性は流石に無いでしょうし。

そういう感じですので、PCX ELECTRICはもう少し時間がかかりそうな感じです。
各社電動バイク作ってる(スズキもインド向けの出すらしいよ)みたいですので、その辺にも期待ですね。

以下、過去の情報等まとめです。
写真沢山ありますし、東京モーターサイクルショーで聞いてきた情報とかもあるよ。

広告

PCX ELECTRICの日本国内発売日と価格

IMG_0182
引用元:ブログでもお伝えします。ホンダのNEWモデル発売予定! | ティーズ社長公式ブログ 爽快日記 | T'sカフェ | 仙台のバイクショップ「ティーズ」
パールグレアホワイト
その他画像はティーズさんのブログでどうぞ。

PCX ELECTRICの日本国内発売日

発売日は上記の通りに秋頃です。ちなみにPCX150は5月予定から、4月20日に変更になりましたので、多少の変更がある可能性はあります。→2019年に延期になりそう…

PCX ELECTRICの日本国内価格

価格は未定ですが、結構高くはなりそうですかね?
モーターサイクルショーでの説明員さんの話しぶり的には65万円はしなさそうな雰囲気でしたけど、価格とかについてはアバウトな値や例え等、何も答えて頂けなかったので、管理人の個人的な予想になります。

近日発表ってお話でしたので、それ待ちですね。

東京モーターショー2017での情報と写真

PCX ELECTRICの写真

DSC00247
DSC00248
DSC00249
DSC00250

東京モーターショー2017でのPCX ELECTRICの情報

  • 作りが別物だから値段は不明。
  • 最高速は内緒。
  • 航続距離は目標200km前後。軽いツーリングと通勤する人をターゲット。
  • 前例が無いので、販売目標台数は消極的な数
上記写真と情報は友人のSZK氏に頂きました。ありがとうございました。

東京モーターショー2017時点でのPCX ELECTRICの動画


公式PV

ウォークアラウンド動画

開発者インタビュー

んで、東京モーターサイクルショー2018で写真撮ったり、情報聞いてきましたので、載せますね。

東京モーターサイクルショー2018での写真と情報

PCX ELECTRICの写真

DSC05420
DSC05419
DSC05418
DSC05417
DSC05416
DSC05401
DSC05394
DSC05391
ホワイトにライトブルーの差し色のおしゃれさん。ぱっと見は普通のPCXって感じ。
DSC05395
DSC05397
水色のパーツ、なんだかアイシャドーに見えてきたぞ。
DSC05422
DSC05403
PCX ELECTRICももちろんスマートキーです。どれくらい便利なものか試してみたい…
DSC05399
ホイール、なかなか高級感ありますね。かっちょいい。
DSC05421
PCX ELECTRICは免許的には125ccクラスですが、フロントブレーキはABS仕様です。
125ccのPCXでABSのモデルに乗りたいのであれば、PCX HYBRIDかPCX ELECTRICにするしかなさそう。または現地モデルの輸入。
DSC05405
サイレンサーとか無いのですっきりしたスイングアーム周辺。
DSC05407
ミシュランの専用開発タイヤ。
DSC05872
リアはドラムブレーキです。EVなのでちょっと変な感じのスイングアーム。モーターですね。
DSC05873
謎の太いオレンジのケーブル。
DSC05406
DSC05410
凄く長いリアサスペンション。
DSC05412
DSC05414
他のPCXと違ってリアフェンダーがスイングアームマウントです。更にマフラーも無いので、リアがすっきり。
DSC05870
DSC05415
DSC05402
青いステッチが入ったシート。
DSC05404
シートは基本的に他のPCXと似た感じですね。
DSC05867
メットイン。ヘルメットは入らなさそう。バッテリーは2つまで搭載可能でしたっけ。
ちなみにバッテリーは取り外して室内で充電も出来ます。スゲー
DSC05868
ヘルメット入らないじゃん!って思ってましたけど、ヘルメットホルダーが付いてますので、一応大丈夫ですかね。
DSC05390
スペック。見慣れない定格出力って項目あるぞい。

東京モーターサイクルショー2018でのPCX ELECTRICの情報

  • 航続距離は200kmぐらいはあるっぽい。肯定はされなかったが、否定もされなかった。
  • 最高速は100km/hは出なさそうな表情というか、ニュアンスだったような。
  • 125ccクラスとして街乗りで困らない速度は出る。話しぶり的には80km/hぐらいは出そうな気がする。否定されなかった。どうなんでしょうね?的な。
  • 正式発表されるときもパワーについてのスペックは馬力とかではなく、定格出力
  • 充電時間は常識的な範囲内っぽい。
  • 長距離ツーリング等には向かないが、短距離ツーリングや、街乗りではガソリン車とそん色なく使えるように作ってるって感じ。
  • 近日中に正式発表される。発表までかなり近そう。
こちらモーターサイクルショーで説明員さんに聞いたお話です。

ホンダの説明員さんは言えないことは絶対に言わないし、答えにくい事は上手に回避されますので、大体は話しぶりとかリアクションで判断しています。
なので上記の情報は全然間違ってる可能性もあります。その辺気を付けてね。

どうも航続距離は200㎞前後、最高速は100km/hはいかなさそうな感じです。この辺は合ってそうな気がする。

お話色々と聞いてて思ったのですが、街乗りでしたら全然ガソリン車と同じ様に使えそうな感じでした。その辺はホンダなのでしっかりと作ってるみたいです。
私は125ccスクーターはほぼ街乗りですので、私の用途に合ってる…

私は125ccスクーターの乗換を検討してますので、凄く気になるモデルです。
航続距離200㎞あれば全然問題ないですし、80km/hぐらいでれば街乗りで困りませんし。
メットインについても、でかいリアボックス付ければ困る事はないでしょうし。
それから排ガスでないので、降りてすぐに家の中に入れられるのが良いよね。

あとは価格ですねー
50万円台でしたら、安く感じます。
60万円台でしたら、まぁそうなるよねって感じ。
70万円台でしたら、125ccクラスのEVだし、それぐらいはしますよねー
80万円台でしたら、たけー!
って感じですかね。個人的には。

近日に正式発表らしいので、それを楽しみに待ってます。

余談ですし、昨年も言いましたけど、ホンダの説明員さんって凄く良い人多いですよね。
皆さん丁寧に対応してくれますし、言えないことは絶対に言わないけど、なんとか伝わってほしい…的な雰囲気を感じます。

説明員さんが良い人ってだけで、そのメーカーの事を好きになっちゃいそう。
作者と作品は別けて考えるべきかもですが、自分が買うかもしれないバイクの開発をしてる人は、感じが良い人の方がそのバイクを買いたくなりますよね。

広告