EURO5を見越してのモデルチェンジかもってお話。VVTついてるかもですって。
KTM-1290-Super-Adventure-T-009
引用元:SPY SHOTS: KTM's 1290 T and 790 T Adventure bikes caught out and about (the smaller bike has wings, the bigger bike is coming with a virtually full fairing)
5月29日:1290スーパーアドベンチャーのスパイショットも撮られているよ
  • 新型の1290スーパーデュークRのスパイショット
  • エキゾーストパイプの取り回しが変わってる
  • エンジン下に大きな触媒が付いてる
  • 恐らくは2020年のEURO5に備えている可能性が高い
  • ラジエターがかなり大きくなってる
引用元:2019 KTM Super Duke R Spy Photos
全文、原文はMOTORCYCLE.COMさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性が高いです。

032118-KTM-1290-Super-Duke-R-005
引用元:2019 KTM Super Duke R Spy Photos
こちらそのスパイショット。その他画像はMOTORCYCLE.COMさんでどうぞ。
pho_bike_90_re (8)
引用元:KTM - READY TO RACE
こちら現行モデル。

エキパイがエンジンにぐるぐる巻きになってますね。
それに触媒の箱がデカくなって、場所がエンジン下に移ってるよ。
ラジエターも縦に倍ぐらいの長さになってますね。

こういう感じで、結構な排ガス対策っぽい改良がされてますので、EURO5を見越してのモデルチェンジだろうって言われてます。

んで、排気系とかその辺以外にも変更点がありまして…

広告

  • メインフレームはトレリスフレームのままだが、新型
  • サブフレームも新型で、アルミキャストになってる(現行は鋼管)
  • 車体左側はプラスチック製のカバーがついてるが、これはテストのための一時的な物(恐らくはVVTを隠すためのカバーでは?)
  • スイングアームも新型
  • リアショックがリンク式になってる
  • ヘッドライト、ミラー、メーターマウント等は現行モデルと同じに見える。
  • 2018年のインターモト、またはEICMAで発表予定
引用元:2019 KTM Super Duke R Spy Photos
全文、原文はMOTORCYCLE.COMさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性が高いです。

メインフレームもサブフレームも新型ですって。
032118-KTM-1290-Super-Duke-R-005
引用元:2019 KTM Super Duke R Spy Photos
pho_bike_90_re (8)
引用元:KTM - READY TO RACE
確かにメインフレームは鋼管トレリスのままですけど、形変わってますね。
サブフレームもパイプからアルミキャストになってます。

032118-KTM-1290-Super-Duke-R-012
引用元:2019 KTM Super Duke R Spy Photos
こちらスパイショット。その他画像はMOTORCYCLE.COMさんでどうぞ。
pho_bike_90_li
引用元:KTM - READY TO RACE
こちら現行。

ヘッドライトやミラー、メーター回りはそのままっぽいです。
ホイールやフロントサスペンションやキャリパーも見た感じそのままっぽいですね。

スイングアームは別物で、リアショックがリンク式になってるんですって。
それからタンデムステップやリアフェンダーの形も変わってますね。
タンクシュラウドの形も変わってますので、カウル類も全部変わりそうですかね。

032118-KTM-1290-Super-Duke-R-010
引用元:2019 KTM Super Duke R Spy Photos
その他画像はMOTORCYCLE.COMさんでどうぞ。
テールランプとかまだ試作品っぽいですね。

こちらまだテスト段階みたいですので、市販バージョンでは色々変わってくるかもって感じみたい。
スパイショットのモデルは謎のカバーとか付いてますし。
MOTORCYCLE.COMさんはVVT付いてるんじゃないか?って予想されてますけど、それでしたら謎のカバーの理由も納得ですね。

そういう感じでして、2019年モデルの1290スーパーデュークRは今年のインターモトかEICMAあたりで発表されるみたいです。
なのでスーパーデュークRを買う予定の方は、もう少し待って新型が明らかになってからの方が良いかも。

5月29日:1290スーパーアドベンチャーのスパイショットも撮られているよ

KTM-1290-Super-Adventure-T-009
KTM-1290-Super-Adventure-T-017
  • KTMの2019年モデルの1290スーパーアドベンチャーTのスパイショット
  • フロントとサイドカウルがより長距離向きの形状(空力的に)にかわっている
引用元:SPY SHOTS: KTM's 1290 T and 790 T Adventure bikes caught out and about (the smaller bike has wings, the bigger bike is coming with a virtually full fairing)
全文、原文、その他画像はmorebikesさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性がありますので、情報元で確認してくださいね。

ウィンドプロテクションや熱風対策が強化されたみたいです。
フロントカウルは大きくなっていますが、大体は現行と似た顔になりそうですね。
テールランプ、ハンドガード、ミラー、フロントフェンダー、足回りは同じに見えます。リアキャリアはごつくなってる。

ちなみに現行モデルのサイドカウルはこんな感じです。
1290_super_adv_r_my17_90
fsafdfsdfsadfsdfsaf
普通にサイドカウルついてますね。うん、普通。
KTM-1290-Super-Adventure-T-017
引用元:SPY SHOTS: KTM's 1290 T and 790 T Adventure bikes caught out and about (the smaller bike has wings, the bigger bike is coming with a virtually full fairing)
こちら新型。エンジン周りまでカウルが広がってます。
エンジンの熱が足に直撃しないようにしてるって事みたい。それからライダーとタンデムライダーのためのウェザープロテクション(雨とか対策)を兼ねてるとか。
それから騒音対策の関係もありそうな気がする。

DSC06057
DSC06063
そういえば790アドベンチャーにもこういうのついてますね。今年のアドベンチャーは大体全部そうなるのかな?これゴツかっこいいよね。

大体そんな感じです。
2018年のEICMAでお披露目でしょうから、コレ系を購入を検討している方はもう少し待った方がいいかも。
恐らくですが、日本に入ってくるのは2019年春頃だと思います。(大体5月とか6月ぐらいですかね。)

広告