正式に発表されました。こりゃあ125ccオフも期待できるのかな?モタード出して♥
jfoiadsfidoaio
引用元:Yamaha Indonesiaさんのツイート
12月3日:動画追加
12月2日:正式に発表されました。過去の情報はこちら
8月15日:WR155/WR155Rで商標登録されてる。お名前的にYZF-R15ベース
3月17日:スパイショットですが、スズキのDR150でした
2019年3月14日:スパイショット撮られているよ→ベース車両あったよ
2018年5月:2019年上半期デビューらしい

2020年モデルの新型WR155Rのリリース

公式ページこちら

2020年モデルの新型WR155Rのカラーラインアップ

2019112911470064141D82260
ヤマハブルー
2019112911470092261L97901
ヤマハブラック

2020年モデルの新型WR155Rの画像

t50-360deg-550-33
t50-360deg-550-01 (1)
t50-360deg-550-05 (1)
t50-360deg-550-08
t50-360deg-550-10 (1)
t50-360deg-550-12
t50-360deg-550-15
t50-360deg-550-19 (1)
t50-360deg-550-23
t50-360deg-550-28 (1)
あらーふっつーにかっこいいですね。
今時のオフ車って感じ。シュッとしてる。ヨーロッパでウケそう。

2020年モデルの新型WR155Rの動画




ウォークアラウンド動画。

広告

2020年モデルの新型WR155Rの装備

05Tx_01
・YZF-R15系水冷単気筒エンジン
エンジンスペックはYZF-R15やMT-15と違いまして、低回転型になってます。専用セッティングですね。

05Tx_02
・41mm正立フォーク
長さは899.1mm

05Tx_04
・モノクロスサス
プリロード調整可

05Tx_03
・アルミリムホイール
タイヤはデュアルパーパスタイヤ

05Tx_05
・セミダブルクレードルフレーム
あ、YZF-R15やMT-15とはフレームが違います。恐らくは旧型WR125Rと同じフレームですかね。似てるし。

05Tx_06
・モノクロ液晶メーター
この辺はちゃんとオフっぽい見た目してますけど、YZF-R15やMT-15の様な多機能メーターですね。
ギアポジとか燃料計測ついてるし。

05Tx_07
・ハザードランプ装備
ヘッドライトはハロゲンです。オフ車ですしね。

05Tx_08
・大容量燃料タンク
8.1Lタンクです。確かに155ccのオフ車にしてはビッグ。

05Tx_09
・前後ディスクブレーキ
ペータルタイプつーかウェーブタイプのディスク。
ABSは無いです。

スイングアームは鉄かな?アルミって記載ないし、形的に。

2020年モデルの新型WR155Rのスペック

  • 全長:2,145mm
  • 全幅:840mm
  • 全高:1,200mm
  • ホイールベース:1,430mm
  • シート高:888mm
  • 重量:134kg
  • 燃料タンク:8.1L
  • 最低地上高:245mm
  • エンジン:SOHC水冷単気筒VVA
  • 排気量:155.09cc
  • ボア×ストローク:58.0mm×58.7mm
  • 圧縮比:11.6:1
  • ギア:6速
  • 馬力:12.3kw(16.7PS)/10,000rpm
  • トルク:14.3Nm/6,500rpm
  • フロントサスペンション:41mm正立
  • リアサスペンション:モノショック
  • フロントブレーキ:240mmディスク/2POT
  • リアブレーキ:220mmディスク/1POT
  • フロントタイヤ:2.75-21 45P
  • リアタイヤ:4.10-18 59P

2020年モデルの新型WR155Rの変更点

WR155R/MT-15

エンジンスペック

  • 馬力:12.3kw(16.7PS)/10,000rpm / 14.2kw(19.3PS)/10,000rpm
  • トルク:14.3Nm/6,500rpm / 14.7Nm/8,500rpm
こういう感じで、馬力とトルクの値や発生回転数が変わってます。
オフ向けの専用セッティングって感じですね。やる気。

フレーム

Q0VHPRYBwgjU18udJsaH
YZF-R15やMT-15はデルタボックスフレームですが
05Tx_05
WR155Rはセミダブルクレードルフレームです。たぶん旧型WR125Rと同じ奴。
オフっぽい見た目のバイクでは無く、ちゃんとしたオフ車ですねぇ…

装備

  • ヘッドライト:ハロゲン / LED
  • テールランプ:バルブ(?) / LED
  • クラッチ:普通(?) / アシスト&スリッパークラッチ
  • スイングアーム:鉄(?) / アルミ
  • フロントフォーク:正立 / 倒立
  • フロントホイール:21インチ / 17インチ
  • リアホイール:18インチ / 17インチ
装備一覧やスペック表にアシスト&スリッパークラッチって記載がないので、多分オミットされてそう。

2020年モデルの新型WR155Rの価格

  • YZF-R15:3,607万5,000ルピア(約27万8,700円)
  • MT-15:3,565万ルピア(約27万6,400円)
  • WR155R:3,690万ルピア(約28万6,100円)
こんな感じで、ほぼ価格は変わらず。一番高いけど。

専用セッティングや専用フレームだったりで価格が結構上がりそうと思いましたけど、要所でコストダウンしてるみたいです。

コストダウンしている箇所も、オフ車として必要が無いというかあんまり重視しない部分っぽいので、なんだか質実剛健って感じで良いですね。

WR155R、多分日本でも買えるよ

毎度の事なんですけど、SOXさんはYZF-R15とかそういうモデルを日本に並行輸入してます。たぶんWR155Rも入れてくれそう。
CRF150Lとかも入れてくれてますし。

12月6日:SOXさんで取り扱うよ

上記の通りにSOXさんでの取り扱いが決まったよ。はえー

なのでどうしてもWR155R乗りたいって方は並行輸入に強いお店でどうぞ。正規販売の可能性は激低ですんで。

ちなみにYZF-R15はYZF-R125、MT-15はMT-125になりましたので、恐らくはWR155Rも新型WR125Rになる可能性は高いと思います。ヤマハってオフ車があんまりいませんし。

新型WR125Rが日本で正規販売されると嬉しいですけどねぇ…どうなんでしょ。

広告