正式に発表されました。地味に変更点あるのでまとめました。
hutuurrdayo
3月15日:正式に発表されましたので、色々追記
3月14日:画像追加
3月11日:発表日の修正
3月6日更新:日本での発表日、発売日、先行受注期間、価格等追記

CBR1000RRってまだ2018年カラーが明らかになってませんけど、海外公式ページとかショップさんのページに2018年カラーがいましたよ。

CBR1000RR

18ym-cbr1000rr-fireblade-black-rfq
CBR1000RR_2018
引用元:CBR1000RR 2018 - Honda MC
こちらはスウェーデンホンダ公式ページです。
2018_CBR1000RR_600x400_MatteBlackMetallic_trans
こちらはアメリカホンダ公式。あ、デカールが2017年モデルと同じです。上記のスウェーデンと違う。
2018_CBR1000RR_600x400_GrandPrixRed_trans
こちらはアメリカホンダ公式。

CBR1000RR SP

CBR1000RRSP_Sport_2018_001 (1)
CBR1000RRSP_Sport_2018_002 (1)
引用元:CBR1000RR SP 2018 - Honda MC
こちらもスウェーデンホンダ公式ページです。

CBR1000RR SP2

c3 (1)
こちらイギリスホンダ公式。

上記の通り、公式ページページにありましたので、恐らくは日本でも2018年モデルとみて間違いないと思います。
…2017年カラーと同じじゃない?って思う方もいると思いますので、いつもの比較GIF動画つくったよ。

広告

CBR1000RR

レッド

hutuurrdayo
サイドカウルの上の方のデカールと、下の方のデカールが変わってますね。
SPのカラー名が変わってましたので、普通のCBR1000RRもレッドの色味がかわってるかもです。

マットブラック

mattrr
サイドカウル上の方のデカールが変わってます。文字が変わっただけですね。
アメリカでは2018年モデルと2017年モデルで変更点なさげです。デカールがそのままですので。
カラーはマットバリスティックブラックと書かれてましたので、変更なしですね。

CBR1000RR SP

spdayo
こちらもサイドカウル上のデカールと、下のデカールが変わってますね。
ちなみにカラー名がグランプリレッドです。2017年モデルはヴィクトリーレッドでした。
なので車体色(レッド部分)が変わる可能性もあります。

CBR1000RR SP2

sp2dayo
SP2もデカールの変更ですね。車体色もかわってるかもしれません。

SPとSP2はシート下あたりにケーブル増えてるように見えますが、イギリスの2017年モデルにも同じようにケーブルありますので、2018年モデルで何かしら変更あるとかじゃないと思います。(比較画像の2017年モデルは日本仕様です)

ちなみにスペック自体は変わって無かったです。馬力とか変わらず。
CBR1000RRが195kg(日本やイギリスの2017年モデルは196kg)になってましたけど、たぶん変わりないと思います。

追記

180km/hリミッター無しとかそういうお話も出てるよ…
詳しくはこちらの記事でどうぞ。
→2018年モデルはリミッターあるみたい。

3月6日追記:日本での発売日などの情報教えて頂きました

”3月16日正式発表、SPカラーはストライプとライト上のラベルが青白逆転の変更、なぜか3万円アップ。15日まで先行予約。先行予約分は、4月20日以降店頭納入の予定です。リミッターカットはないとおっしゃっていました。”
こちら※186さんのコメントです。ありがとうございます。3月6日

3月11日追記:3月15日発表ですって

”186です。大変申し訳ございません。正式発表は3月15日(木)の誤りです。
記事にしていただき大変ありがたいのですが、訂正をお願いいたします。”

こちら※186さんのコメントです。わざわざありがとうございます。
PCXが3月15日発表ですので、CBR1000RRも同日でしょうね。

”186です。 
うちのホンドリ間違っています。リミッターは無くなるが正しいようです。”

こちら※186さんのコメントです。何度もありがとうございます。

ヤマハ、カワサキ、スズキ(GSX-R1000R)は180km/hリミッターがなくなってますけど、CBR1000RRは180km/hリミッターがあるみたいです。

ホンダは対応がちょっと違うかもってお話もありましたので、もしかしたら販売店で解除してもらえるとかそういう感じかもですね。気になる方は販売店さんで聞いてみてね。
→ないらしいです、私も今度確認してみますね。

jfoisdajfasiodi
ちなみにSPは3万円値上げですって。となるとお値段249万4,800円って感じでしょうか。
カラーの変更だけで値上げって最近あんまりみないですけど、何かしら変更点あるんでしょうか?

2018年モデルの日本国内仕様のCBR1000RRの情報まとめ

  • 発表日:3月15日
  • 発売日:4月20日→4月26日
  • 先行受注期間:3月15日まで(?)
  • 価格:SPが3万円値上げ(249万4,800円?)
  • CBR1000RRマットブラックはデカールの文字が変わった
  • CBR1000RR(レッド)/SP/SP2はデカールがかわった
  • CBR1000RR(レッド)/SP/SP2は車体色がグランプリレッドに変わる
  • スペックとか装備とか変わりなさそう
  • 180km/hスピードリミッターはあるみたい→ないかも
大体そんな感じです。※186さん、情報ありがとうございました。

先行受注期間が3月15日までですので、気になってる方はそれまでに予約した方が良いと思いますよー
先行受注期間でしたら、バイクシーズンに間に合いそうですし。

3月14日:画像追加

c3 (1)
SP2
c3 (2)
fb
fb (4)
fb (3)
引用元:Fireblade CBF1000RR  | Powerful New 2017 Range | Honda UK
イギリス公式ページの画像だよ。

3月15日追記:正式に発表されました。

■CBR1000RR
product-02fafa
【2018年モデル】マットバリスティックブラックメタリック:204万6,600円
product-02 (10)
【2017年モデル】マットバリスティックブラックメタリック:201万4,200円
product-03 (10)
【2018年モデル】グランプリレッド:207万9,000円
product-03 (2)
【2017年モデル】ヴィクトリーレッド:204万6,600円

通常のCBR1000RRですけど、3万2,400円の値上げです。

ちなみに変更点がデカール以外にもありまして…
”従来のCBR1000RR SPとCBR1000RR SP2にのみ採用していた、深みのある塗装面を実現するオーバーコートクリアを、CBR1000RRの「グランプリレッド」「マットバリスティックブラックメタリック」の両カラーリングにも施すことで、より上質な印象としています。”
引用元:Honda | スーパースポーツモデル「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」「CBR1000RR SP2」のカラーリングを一部変更し発売
塗装が良い感じになりました。以前教えて頂いた通りですね。

■CBR1000RR SP
product-01 (18)
【2018年モデル】グランプリレッド:249万4,800円
product-01 (9)
【2017年モデル】ヴィクトリーレッド:246万2,400円

SPも3万2,400円値上げです。
変更点はカラーです。

■CBR1000RR SP2
product-04 (5)
【2018年モデル】グランプリレッド:305万6,400円
20台限定
product-04 (4)
【2017年モデル】ヴィクトリーレッド:302万4,000円
35台限定

SP2も3万2,400円値上げです。変更点はカラーだけでしょうか。

2018年モデルのCBR1000RRの変更点まとめ

  • 発売日は4月26日
  • ヴィクトリーレッドがグランプリレッドになった
  • デカールが多少変更(日本のマットブラックはそのままっぽい)
  • CBR1000RR(スタンダード)にもオーバーコートクリアされるようになった
  • スペックや装備の変更は無し
  • 全モデル3万2,400円の値上げ
  • 180km/hスピードリミッターが無くなるという確定的な情報は現状無さげ
大体上記の通りですかね。
発売日ですけど、4月20日ではなく、4月26日でした。すみません。

ちなみにSP2は今年は20台でして、既に抽選受付してますので、気になる方は公式ページからどうぞ。

広告