ハイブリッドがインドネシアで正式に発表されました。スペックも明らかに
DSC05427
引用元:welovehonda Indonesia - ホーム
引用元:PCX 150 eSP – Sepeda Motor Honda Terbaru by Astra-Honda.com
 
引用元:PCX150 (2018)
引用元:PCX 125cc – Honda xe máy
引用元:Honda PCX Hybrid | PT Astra Honda Motor

4月19日:PCXハイブリッドがインドネシアで正式に発表されました。
4月13日:インプレ追記
4月8日:インプレ頂きましたので載せました。メットイン情報あるよ。
4月2日:納期追記。その他情報追記。東京モーターサイクルショー関係の情報追記
3月20日:旧型PCX125/150、NMAX125/155と比較した記事ありますので気になる方はこちらでどうぞ、納期&値引き情報追記


14879
インドネシアで正式に発表されました。スペック等も明らかになってます。
詳しくはこちらの記事でどうぞ。今までの情報などもまとめてます。

PCXの東京モーターサイクルショーでの写真

DSC05553
DSC05557
DSC05558
めっちゃ光ってる面積広いよ。こういう導光板通したLEDの光って高級感ありますよね。
DSC05552
ディスクはちょっと変な感じ。
DSC05548
125ccクラスのスクーターのメーターとしてはトップクラスに高級感あったような。液晶がキレイ?でした。
DSC05549
DSC05550
シートは…ふつう…というか長時間乗ってみないといまいちわからんよね。
DSC05544
DSC05546
なかなか強そうなテール。Xって感じ。
DSC05551
オプション沢山付いてたんですけど、そのへん撮るの忘れちゃったっていう…

PCXって125ccスクーターの中ではお高い方ですけど、やっぱり値段なりに高級感ありました。
全体的に上質な感じでして、塗装とか灯火機類の高級感が良い感じでした。
プレミアム125ccスクーターって感じでしょうか。スペックもプレミアムですしね。

PCX ELECTRICの東京モーターサイクルショーでの写真

DSC05417
ELECTRICの写真とか情報は別の記事にまとめてますので、気になる方はそっち見てね。

新型PCXの足つき

普通のPCX125の足つきです。
平均身長、56kg~58kg、股下787mm、ライディングブーツはいて跨ったよ。
べた足でした。結構余裕あったと思います。シート高764mmの通り、足つきは良い方だと思います。

日本国内での発売日等の情報

PCX

  • 発表日:3月(3月15日)
  • 発売日:4月(4月6日)
  • 価格:税込34万2,360円
  • 備考:ABS仕様なし、リアドラム、スマートキー
  • 生産国:日本仕様はベトナム生産

PCX150

  • 発表日:3月(3月15日)
  • 発売日:5月(5月14日)→4月20日
  • 価格:37万3,680円(ABS:39万5,280円)
  • 備考:リアドラム、スマートキー
  • 生産国:日本仕様はベトナム生産

PCX HYBRID

  • 発表日:7月
  • 発売日:8月
  • 価格:税込44万円前後
  • 備考:リアドラム、スマートキー、ABS標準装備
  • 詳細:こちらの記事にまとめてます。

PCX ELECTRIC

  • 発表日:不明
  • 発売日:秋頃
  • 価格:不明
  • 備考:ABS標準装備
  • 詳細:こちらの記事にまとめてるよ。写真もあるよ。
販売店さん情報&コメント欄の方々情報です。皆さん情報ありがとうございました。

PCX150ですけど、発売日は5月を予定してましたけど、4月20日と正式に発表されました。発売日が早まりました。
嬉しい事ですけど、変更があった事は知りませんでしたのでそのまま情報載せてました、すみません。

新型PCXの納期&値引き情報(4月11日時点)

”現行150イエローと新型150、好きな色を採るか装備を採るかずっと悩んだ結果、新型150ABSブロンズメタリックを今日契約しました!”

”車両は既にバックオーダーの状態なので入荷日は未定となっていましたが、125程は待たされることはないだろうとバイク屋さんに言われました。”
※146さんのコメント。3月15日

”昨日カタログもらいに夢店行きました。迷ってブロンズメタリックで見積もりとりました。
見積もりは、メンテパックと延長保証つけてくれれば、1万引くってだけでした泣
まだ交渉してないですが、値引きは期待できなさそうです。”
※149さんのコメント。3月16日

”福岡の夢店の話では、納車日は4月中だろうって感じで、まだ上がってきてないそうです。”
※150さんのコメント。3月16日

”今日150コンビ注文しました
自賠3年、2.5万引きであと少しで40の価格でした
ここ10数年で6台ほど買った3社販売の個人店です”
※155さんのコメント。3月16日

”125を予約しました
自賠責3年、盗保2年込みで32.5万でした。
バックオーダー状態で納期は未定でそうです”
なしさんのコメント。3月18日

”本日、某夢店に電話で聞いたところ、まだバックオーダーにはなっていないとのことでした。
 ただ、色によっては納期に差が出るかも・・とも言っていました。

 ハイブリッドの情報が確定してから(150・ハイブリッドのどちらにするか)決めたいと思っていますが、そのころにバックオーダーになっていないといいなあ・・・・”
※157さんのコメント。3月18日(たぶんPCX150についてのコメントです)

”125のブロンズを予約しました。
諸経費込みで31万、8年前の初代PCXの下取り4万で差し引き27万でした。
顔なじみの町のバイク屋さんで、4月中には納車予定。”
※158さんのコメント。3月18日

”ウイング行って予約してきました。ドリームより値引きも高くて信頼出来るショップで正解でした。アドバイスありがとうございました!
白が1台確保できるみたいで、値引きは2万ちょいでしたがその他がサービスよかったので、契約。納期は、発売日か、近くには大丈夫との事でした。”
※159さんのコメント。3月20日

”今日 PCX125白 予約しました。 納車は4月中頃みたいです。 盗難保険1年 自賠責保険無し 
諸費用込みで 税込302000円でした。今から待ち遠しいです。”
※160さんのコメント。3月22日

”新型発表後、某夢にて改めて見積もりを貰いに行ってきました。
150ABS 白 2万引き 盗難保険1年 自賠責3年 純正ロングスクリーン で46万台でした。
これにETC2.0(助成金付き)つけると50万…ぐぬぬ
納車日は決まっていませんが4月中には大丈夫だろうとのことでした。”
※123さんのコメント。3月25日。

”今日(3月25日)羽の店で125Redで予約してきました!
ここで買うのは3回目で、良い二輪でもアップされているので探せば見つかりますが、
63,960円の値引で予約で、遅くとも4月中には届きそうです。”
煽ったり、暴言吐いたりしないでくださいね!うふふ笑さんのコメント。3月25日

”本日、ホンダドリームに見積りに行きました。
125のキャンディラスターレッド、本日契約であれば最短4/2納車との事でした。
車両本体値引きが8640円、現在所有している車両の30年度税金をホンダ持ちで
実質1万円弱の値引きです。契約に踏み切るか悩みます。”
※168さんのコメント。3月26日。

”前から予約していた125 納期が1週間早くなり、3月31日土曜日に取りに行くことになりました。 
28日に入荷するが、ナンバー等の為、31日の朝ならOKだそうです。
土曜日しか取りにいけないからいいけど。”
※169さんのコメント。3月30日

”近所の個人バイク屋さんで定価の一割引き、4/4納車で契約してきました。
色はブラック
夢店は値引き18000円でしたので諦めました。
グリップヒーターの価格も取り付け工賃も前型よりもかなり高くなっているそうで工賃込み30000円とのことでした。”
※171さんのコメント。3月30日。

”神奈川県内 ドリームにてPCX150ABS無し
値引き3.7万にて9日に購入しました。

納車は28日。
バックオーダーはギリギリ無いみたい。
ブロンズは人気との事。
初回ロット無くなると
次回は5月末のメーカー入荷になる模様。”
※192さんのコメント。4月11日

皆さんご報告ありがとうございますー

販売計画台数(125:15,000台、150:6,000台)からして、人気モデルになるのはほぼ間違いなさそうですかね。
ですので気になる方は早めに予約した方が良いと思います。春には乗りたいよね。

新型PCXに関する情報(4月6日時点)

”東京モーターサイクルショーでホンダスタッフの方に聞いてきました。
ハイブリッド・エレクトリックともに原付二種での販売。
ハイブリッドは、125なのに150相当の加速、というのを売りにする。

今後150cc等の計画はあるか、という問いに対して、
計画、ということではお話できないが、バイク界もHV化・EV化の波が来ている。
そういう流れの中で、他の排気量・車種にもHV・EVが波及していく可能性は高い。
その第1弾としてまずはPCXということ。
次に何の車種で、についてはまだ分からないが。

とのことでした。
濁されちゃいましたが、150のハイブリッドの可能性は十分ありそうですね。

往年の名車をHVやEVで復刻する時代が…来たら面白そうですよね。”
※162さんのコメント。3月24日

”前モデル(JF56/KF18)に比べると純正パーツが軒並み値上がりしていますね(^^;
後気をつけないといけないのは前モデルよりも各パーツの取付時間が増えています。
これは金額が上がると同時に外装が剥がしにくいということを意味しています。
(フロント周りを外すのにシート付近からバラさないといけないとか…)
DIYでやられる方は前モデルの方法は参考に成らないと思いますのでご注意を。”

”タイヤについて写真で見る限り125はシティグリップ、150はIRCのモビシティシリーズの未発表のタイヤが付いています。
この件を聞きましたら独占禁止法の関係で複数社のタイヤを採用しているとのことでした。
(上のインドネシアの写真でもIRCを履いてますね)
他の海外記事を見てると前輪はSCT-006、後輪はSCT-007という型番だそうです。”
※123さんのコメント。3月25日

”東京モーターサイクルショーに行って、実物見てきました。展示車は赤でしたが、テーマカラーだけあって綺麗なキャンディレッドでした。跨がってみたところ、足つきはあまり良くなく、172㎝/71㎏の自分で両足の底が半分づつ付く程度でした。また旧モデルより足を前に投げ足すポジションが取り易くなってます(NMAX程ではないですが)。ラゲッジスペースはかなり広く、メット+コンパクトなレインウェア程度なら余裕で入りそうです。なおリアブレーキをディスクにしなかったのは販売価格を抑える為だそうです。”
※166さんのコメント。3月25日。

”グリップヒーターの価格も取り付け工賃も前型よりもかなり高くなっているそうで工賃込み30000円とのことでした。”
※171さんのコメント。3月30日

”OGKのカムイ2フルフェイスはギリギリ、メットインに入りました。
少し当たっている感じですが、、、。”

”カムイ2はMサイズです。”
※178さんのコメント。4月6日。

みなさん報告ありがとうございますー

タイヤはやっぱり125と150で違いますよね。独禁法関係あるんですね。なるほど。

工賃が上がるってご報告が複数ありますが、ちょっと心配です。最近は車もバイクも自分で整備しにくくなってきましたよね…

新型PCX125のインプレ

”本日納車されました。2stジョグからの乗り換えでナラシ運転中ですが乗ってみた印象、身長172センチで足が短いんでしょうけどつま先立ちになっちゃいます;
サスは固め。路面の凸凹が結構伝わります。二人乗りでちょうど良い様に作られてるのかな?
外見や走行性能は上記以外不満は無いですが、問題はメットイン。
OGK Kabuto アサギのメットが入りませんでした。無理矢理入れる事は出来ますがその内ヒンジが壊れると思います。ちなみにS、M、L帽体のLサイズです参考になれば。”
※185さんのインプレ。4月7日

”3月25日に羽の店で予約したものです。
4月中には届くと聞いてましたが、昨日納車されて、今日慣らしで100kmほど走ってきました。

購入したショップでの話ですが、
初回はまずレッドとブロンズが納品されて、
白、黒は来週(4/13頃?)に納品されるとのことでした。
ショップのオーダーの半分以上は、予約だそうです。

軽くレポートしました。参考になれば^^
https://minkara.carview.co.jp/userid/265479/blog/41326960/”
※煽ったり、暴言吐いたりしないでくださいね!うふふ笑さんのインプレ。4月8日

”本日納車されました。白です。
インプレはタイヤが太い分安定感有りだと思います。路面の凹凸は結構拾いますが、固めかなってだけで、底つきは無くそんなに気になりませんでした。175センチですが、足つきはつま先立ちになりますね。シートが高めな為かと思います。乗り始めなのでポジションが決まって慣れれば問題無いと思います。何より、見た目も迫力増して、高級感もかなりあり、カッコイイです!”
※187さんのインプレ。4月8日

”昨日、ブラックを納車しました。
見た目はめちゃめちゃかっこいいです。
今なら街で走っていてもスクーター乗りからの視線はかなり感じれます。(笑)

走行のインプレッションとしては皆様と同じく固めでゴツゴツした印象があります。
コマジェ(マグザム純正サスペンションに変更)からの乗り換えですがかなりの違和感です。
そのうちに慣れると思いますが、、。

とはいえ初新車ですし完成度の高いかっこいいバイクです( ´ ▽ ` )”
※196さんのインプレ。4月12日

インプレありがとうございます!個人的にも迷ってる車種なのでありがたいです。
乗り心地とかは大体キープコンセプトって感じでしょうか?
初期型のPCXには乗った事あるのですが、良い感じでした。新型も気になるぜ…

ちなみにうふふ笑さんが詳しいインプレを書かれてますので、気になる方はリンク先でどうぞ。
一部引用させて頂きますが…
”まず3世代乗ってきて初めに共通して思ったのは、よく躾けられていること。
世代を重ねて行く度に安心感が増すといったところがある。”

”JF81からタイヤの太さが変わったので、安心出来るがなによりも
JF56のノーマルタイヤがドライでも滑るのが怖かった。
ウエットだと滑りまくりだった^^;
で、今回ウエットはまだだが、非常に安心出来たことが嬉しい。”

”OGK KAMUI-II(カムイ2)サイズXLを入れると
こんな感じでクローズ出来ず少しシートが浮きます。”

引用元:「PCX125(JF81)の初乗りレポート」アルズのブログ | Car & Day Life - みんカラ
写真とか全文はリンク先でどうぞ。
3代乗り継いでらっしゃる方みたいですので、ありがたいインプレですね。

広告

2018年モデルの新型PCXのカラー

PCX(125)

product-01 (19)
キャンディラスターレッド
product-02 (18)
ブライトブロンズメタリック
product-03 (11)
パールジャスミンホワイト
product-04 (6)
ポセイドンブラックメタリック

PCX150

product-05 (4)
キャンディラスターレッド
product-06 (1)
ブライトブロンズメタリック
product-07
パールジャスミンホワイト
product-08 (1)
ポセイドンブラックメタリック

カラーは125と150で共通です。見た目の違いはテールカウルのエンブレムと原付二種ステッカー、タイヤぐらい?
タイヤですけど、どうも125と150で違うみたい。パターンが違う。

どの色も良い感じですね。
以前のモデルではツートンカラーありましたので、恐らくは新型も後ほどツートンカラーとか出てくるかもですね。

タイのPCX150のカラー

04 (1)
・ホワイト
02
・レッド
03
・ブラック
01
・シルバー

インドネシアのPCX150のカラー

55829
ワンダフルホワイト
55000
マジェスティックレッド
96056
グラマーゴールド
58477
ブリリアントブラック

ベトナムカラー

PCX150

Black-Matte-01-1
マットブラック
Silver-Matte-01-1
マットシルバー

PCX125

Black-01
ブラック
White-01-1
ホワイト
Silver-01
シルバー
Red-01-1
レッド

結構お国によって色が別ですね。
似た系統の色なので同じ色かな?って思ったけど、色味とか違います。気合入ってますね。

日本仕様のPCXのスペック

【】はPCX150
・全長:1,925mm
・全幅:745mm
・全高:1,105mm
・ホイールベース:1,315mm
・シート高:764mm
・重量:130kg【131kg】
・燃料タンク:8.0L
・最低地上高:137mm

・エンジン:SOHC水冷単気筒
・排気量:124cc【149cc】
・ボア×ストローク:52.4mm×57.9mm
【57.3mm×57.9mm】
・圧縮比:11:1【10.6:1】
・馬力:9.0kw(12.2PS)/8,500rpm
 【11kw(14.5PS)/8,500rpm】
・トルク:12Nm/5,000rpm
 【14Nm / 6,500rpm】
・燃費(WMTC):50.7km/L【46.0km/L】
 
・フレーム:ダブルクレードル
・フロントサスペンション:正立
・リアサスペンション:ユニットスイング
・キャスター:27°
・トレール:85mm
・メットイン:28L

・フロントブレーキ
 CBS:コンビブレーキ/3POT
 ABS(PCX150のみ):ABS/2POT
・リアブレーキ:ドラム
・フロントタイヤ:100/80-14M/C 48P
・リアタイヤ:120/70-14M/C 55P

日本仕様では125にABS仕様はありませんし、リアディスクブレーキのモデルもないよ。
リアがディスクブレーキなのはインドネシアだけですかね。あちらの国の好みなんでしょうか(NAMXに対抗するためでしょうね)

装備

jodspfjdoasijapdiof
・LEDヘッドライト
・LEDテールランプ
・LEDウィンカー
・フルデジタルメーター
・ウェルカムライト(タイのみ)

・新型フレーム
・ちょっと変わったエンジン
・太くなった前後タイヤ(100/120)
・リアディスクブレーキ(インドネシアのみ)
・コンビブレーキモデル&ABSモデル(ABSは150のみ)

・スマートキーシステム
・アイドリングストップ
・電源付きフロントポケット
・3L容量アップのメットイン(28L)


フレーム変わって、エンジンも変わってますので、ほぼフルモデルチェンジですね。
アイドリングストップは新型にもついてるみたい。オミットされた装備は無さそう。
日本仕様はドラムブレーキです。

お姿

jiofjdsoijofia
25348519_10156035021208453_2641248114686591979_n
07-Product-Banner-Size-1920x615-px
07
28Lメットイン
Unbox-FA-01
シートストッパーも健在。
06
電源付きフロントポケット。
05
ミシュランの専用開発タイヤ
DenDuixe-01
LEDテールライト&ウィンカー
xe-Font-01
かっこいいテール
feature_meter-FA-01
新型メーター。現行と似てるね。時計とか燃料計ついてるよ。
DenXe-01
LEDポジション付きLEDヘッドライト
02info
タイモデルにはウェルカムライトとかついてるよ…(他の国はなさげ)
smartkey-01
スマートキーだよ。どの国でもスマートキーです。日本もだよ。
PhuocNhun-01
タイとベトナムはリアブレーキがドラムです。インドネシアはディスク。日本はドラム。
BanhTruoc-01_540x356_acf_cropped
150にはABS仕様もあります。125はおなじみコンビブレーキだよ。
P10_ENG-01
エンジンですけど、馬力はちょっと上がって、トルクはちょっと下がったよ(ベトナムモデル)

インドネシア在住の方に頂いたPCX150の写真

ND8BuLs2
ba3uf6ip
こちらブライトブロンズメタリックですね。インドネシアのグラマーゴールドです。
WFVPUQLg
こちらはホワイト
tNmFaI1o
かっこいいメーター回り。PCXってハンドルにカバー付いてないのが便利で良いですよね。
rr5bCoZk
メットイン。28Lです。広くていいよね…
-ZdUJFIg
インドネシアモデルなので、リアディスクだよ
wTxB-V-V
タンデムステップは結構幅広タイプ。かっちょいい。

こちらのお写真ですけど、インドネシアに在住の方に頂きました。
ありがとうございますー!めっちゃありがたいです…

インドネシアでのPCXの販売状況ですけど、こちらも教えて頂けまして…
”予約開始から一日で1万2000台予約があったらしいですよ”
ヒエッ…

流石はバイク大国インドネシアですね。桁が違う。
インドネシアではPCXは輸入モデルでしたが、今回から現地生産になりました。
ですのでお値段がかなり安くなったんですよね。そういうのもあってか、新型PCXは大人気みたいですね。

3月3日追記:オプションの画像とかその他お写真など追加で頂きました

LRNOaEA6
ストリートファッションイベントがありまして、そこでホンダがブース出してたんですって。
バイク人気ですねぇ…
XTPlKSRI
ちなみにCRF150Lもいたんですって。日本にも来てほしいな♥
pMaiTRei
TtpEYPVy
マットレッドちゃん。マットでレッドって結構珍しいですよね。かなり目立ちそう。
K_EBk_-Y
リアタイヤ。14インチでリア120サイズですので、迫力ありますね。個人的には嬉しい変更点。
TRCxe64G
純正オプションのメッキなパーツ。お顔の眉毛あたりですね。
HWd0Vrds
同じくドレスアップパーツ。左のはどこのでしょうか?テールカウルのキャリアのとこでしょうか。謎。
右上はマフラーエンド、右下は給油口カバーですね。
rSyR946l
ハイスクリーン。純正であるって良いよね。→日本でもあるよ。

こちらも同じくインドネシア在住の方にお写真頂きました。何度もありがとうございます!
これらのパーツですけど、恐らくは日本でもオプションとして用意されると思います。

2018年モデルの変更点

・全長:5mm短く
・全幅:5mm長く
・全高:5mm高く
・シート高:4mm高く
・最低地上高:2㎜高く

・排気量(150):3cc小さく
・ボア×ストローク(150):ボアが0.7mm小さく
・エンジン(125):馬力0.4kw(約0.5PS)アップ、燃費0.1km/Lアップ
・エンジン(150):馬力1kw(約1.4PS)アップ、最大トルク発生回転数は1,500rpm高く、燃費0.4km/Lアップ

・フロントタイヤ:90/90-14M/C 46P→100/80-14M/C 48P
・リアタイヤ:100/90-14M/C 51P→120/70-14M/C 61P 

・ABSモデル:あり(150のみ)
・メットイン:3Lアップ
・スマートキー:あり
・メーター:フルデジタル
・フレーム:アンダーボーン→ダブルクレードル
・シート:新型(形状変更)
・サスペンション:新型(ストロークアップ)

faoifdjfafj
こちら比較GIF動画。
キープコンセプトですけど、結構見た目が変わってますね。
フレームが別物ですので、サスの位置も違いますね。

kattyokattyoaheahe
もう一つ比較GIF画像。正統進化って感じですね。
でも旧型は旧型で違ったかっこよさがあるので、甲乙つけがたいですね。

動画


インドネシア公式PV

タイの公式CM

タイの公式PV

公式の動画。会場での様子。

会場での動画。ウォークアラウンドだったり、シートあけたり。

新型PCX150の最高速

Top Speed #allnewpcx150 ternyata nembus 141kmph sob.... Video by : bayu pratama

rajendra macantua.comさん(@razarajendra)がシェアした投稿 -


PCX150は141km/hを記録してますね。150ccのスクーターって結構スピード出るんですね。びっくり。
→ほかの記事でご指摘あったのですが、下り坂等の可能性もありますので、その辺注意してくださいね。

同じく最高速動画。

大体そんな感じです。
発売日が変更あったりでびっくりですけど、早まったのでめでたいですね。

kakudogatigauyo
旧型PCX125/150、新型PCX125/150、NMAX125/155の比較記事とかありますので、気になる方はこちらの記事でどうぞ。

広告