オンライン予約がはじまりましたよー正式な価格も発表です。発売日は9月みたい。
DdP9XPlX0AAg8f3
引用元:Yamaha Motor Europeさんのツイート
引用元:NIKEN 2018 - Motorcycles - Yamaha Motor UK
海外公式ページこちら

5月21日:海外メディアによるインプレ追記
5月18日:オンボード動画とかあるよ…❤ 純正アクセサリー情報追加
5月17日:オンライン予約がはじまりました。正式な価格も発表。色々と修正など
5月15日:プレステストもあるよ
5月4日:公式解説動画その3が公開されてるよ。
4月28日:香港のショップさんが価格公開してるよ
4月21日:ヨーロッパではティーザーサイト出来たよ
4月19日:公式動画等追加
4月4日:東京モーターサイクルショー2018で発売日と価格の情報聞いてきました。それから写真沢山撮ってきました。

NIKENの情報まとめ(5月18日時点)

  • イギリス価格:1万3,499ポンド(約200万6,500円)
  • ヨーロッパではMT-10SP(1万4,299ポンド)より安く、MT-10(1万1,499)より高い
  • 他の車種や国で比較した結果、個人的日本国内予想価格は180万円以下ぐらい
  • ヨーロッパでは9月から配車開始。
  • 日本では秋頃発売(東京モーターサイクルショー2018での情報)
  • 純正アクセサリーも公開されてる(ちょっと下の方見てね)
  • 生産台数は少ない(東京モーターサイクルショー2018での情報)
  • 日本で売る数も少ない

5月21日:海外メディアによるNIKENのインプレ等あります。英語の。

2018_YME_NIKEN_Stripped_Static-1 copy
引用元:Exclusive Video: Yamaha Niken steering s... | Visordown
VISORDOWN
ファーストインプレッション
インプレその2
ガワをひん剥いた動画

niken-2
引用元:Yamaha Niken first ride: Are we likin' the Niken? | MCN
MCN:インプレ

5月17日:予約がはじまりました。正式な価格も発表

fjoidsfsdoifajsi
引用元:2018 NIKEN
予約フォームに必要事項を入力するとメールが届き、そのメール印刷して14日以内にヤマハのお店に持っていけば、予約手続きが完了するんですって。配車日の連絡とかもあるみたい。

んで、イギリス価格とイタリア価格からNIKENの日本国内価格を予想してみましたが、大体170万円~180万円ぐらいになりそうです。高くても180万円台でおさまりそう。
詳しくはこちらの記事でどうぞ。

5月18日:メディア向け試乗&撮影会があったよ


メディア向け試乗会の動画。わーお。普通にバンクしてるぞい。
インプレもいくつかのメディアさんが公開してくれてます。こちらの記事でどうぞ。

NIKENの純正アクセサリー

純正アクセサリー装着車の写真を公開してくれてるショップさんがあるよ。
アクセサリーの画像ですね。MT-09用のマフラーとそっくり。
他にも純正アクセサリーありまして…
LR_2018_yam_niken_eu_presstest_accdet_002-60502
LR_2018_yam_niken_eu_presstest_accdet_003-60503
LR_2018_yam_niken_eu_presstest_accdet_004-60504
LR_2018_yam_niken_eu_presstest_accdet_006-60506
LR_2018_yam_niken_eu_presstest_accdet_005-60505
引用元:Yamaha NIKEN: Ride the Revolution - Saltire Motorcycles Edinburgh
  • マフラー(アクラポビッチ)
  • タンクパッド
  • ラジエターガード
  • チェーンガード
  • フロントアクスルガード
  • リアスタンドフック
  • ナックルガード
  • ナンバープレートホルダー
  • スポーツシート
があるみたい。日本にもいくつかは入ってきそうですね。
その他画像や詳細はsaltiremotorcycles.comさんでどうぞ。

NIKENのリリース


niken_pic_fmap
”ヤマハ発動機株式会社は、847cm3水冷・直列3気筒エンジンを搭載するロードスポーツのLMW*1の新製品「NIKEN(ナイケン)」*2を11月9日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」にて展示します。”

”なお「NIKEN」は2018年に市場投入予定です。”

引用元:「TRICITY125/155」に続く、フロント2輪の3輪バイク新製品 ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
全文はヤマハのプレスリリースでどうぞ。

NIKENのカラーラインアップ

2018_YAM_MXT850_EU_DNMG_STU_001_03_gal_worlds_full_tcm120-719875
グラファイト
現状明らかになってるのは1色です。恐らくは1色だけでしょうね→予約が始まった時点で1色ですので、2018年モデルは1色ですね。

NIKENの日本国内価格情報


gfsdgfgfsggfdd
東京モーターショーではMT-10より高いってお話でした。説明員さんのお話です。
なので税込167万4,000円以上って感じですね。詳しくはこちらの記事でどうぞ。

ちなみに…
”160万辺りだってよー”
こちら※94さんのコメントです、ありがとうございます。11月7日
もしかしたら税抜160万円ぐらいで、税込170万円~180万円ぐらいって感じかもですね。

jfoasdjioadsjfioads
引用元:KD Motorcycles - Accrington
こちらイギリスの販売店さんのページです。定価10,995ポンドみたいです…MT-10(11,299ポンド)より安いよ。詳しくはこちらの記事でどうぞ。
※フライング情報かもしれませんし、店舗による予想価格かもしれません。現状謎です。
→間違いでした。

4月4日追記:東京モーターサイクルショーで価格とか聞いてきました。

東京モーターサイクルショー2018で説明員さんに聞いてきたのですが、MT-10より高く、MT-10SPより高くないって感じでした。大体MT-10(SP)が目安になるみたい。

MT-10とMT-10SPの間と考えると、183万6,000円になります。
大体180万円以上って考えてれば良さそうですかね?うーん、わからん。

4月28日追記:香港のディーラーが価格を公開してるよ。

Yamaha MLT Hong Kongさんっていう香港のディーラーがNIKENの希望小売価格を公開してます。
小売価格16万8,800香港ドルと記載されています。日本円に直すと約233万3,500円です。

ちなみに香港では小売価格が下記の通りです。
  • MT-10SP:15万9,800香港ドル
  • MT-10:13万9,800香港ドル
そういう感じでして、香港ではMT-10SPより高いですね。
でも説明員さんの話ですと、日本ではMT-10SPより安いって感じのお話でした。
国によって価格が結構違うモデルとかたまにありますけど、NIKENもそんな感じみたい。

うーん、意外と高くなりそうな気がしてきたぞ…でも大体日本だと高くても200万円前後って感じでしょうね→そうでもなさそう。

5月17日:ヨーロッパで価格が正式に発表されました

fjoidsfsdoifajsi
イギリスは1万3,499ポンド。日本円だと約200万6,500円です。
foisdfjasodiaafds
フランスだと1万4,999ユーロ。日本円だと約195万円
fodsjfsadioj
イタリアだと1万4,990ユーロ。日本円だと約194万8,800円
引用元:2018 NIKEN
ヨーロッパではMT-10SPより10万円ぐらい安い価格設定です。

他のモデルや日本との価格を比較してみたのですが、大体日本国内だと180万円前後になりそうだと思います。高くても180万円台の可能性が高いです。
詳しくはこちらの記事でどうぞ。

NIKENの日本国内発売日情報

”2018年10月頃にオーストラリアのディーラーに届く予定(市販される?)”
引用元:New Yamaha models at WSBK - Australian Motorcycle News
全文、原文はAMCNさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性が高いです。

オーストラリアのメディアさん曰く、オーストラリアでは2018年10月頃に市販されるみたいです。
日本では現状情報出てませんので、2018年上半期の発売はなさそうですよね。なので出るとしても下半期です。
10月と言えば秋ですので、バイクシーズンですよね。日本でも10月市販かもですね。

4月4日追記:東京モーターサイクルショー2018で発売日の情報とか聞いてきました

発売日ですけど、日本国内では秋頃です。秋頃って説明員さんがおっしゃってましたので。
オーストラリアでは10月って情報有りますし、日本でも10月頃でほぼ間違いないと思います。

ちなみに生産台数は(かなり)少ないってお話でした。ですので絶対に買うぞって方は早めに予約した方が良いと思います。

5月17日:ヨーロッパでの発売日というか、配車日はわかったよ

  • 配車は9月に始まる
引用元:Yamaha Niken: video live dalla presentazione, ecco il prezzo - Motociclismo
原文はMotociclismoさんでどうぞ。
つまりは発売日は9月、または10月ですね。配車が9月に始まるので、まぁ普通に考えれば発売日は9月ですかね。
こちらヨーロッパ(イタリア)での話ですので、日本やその他の地域は現状不明です。

NIKNEの維持費とか

タイヤが1本増えてますし、フロント回りの仕組みが複雑ですので、やっぱり普通のバイクよりは維持費とかかかるんですって。
パーツが増えてますし、仕組みが複雑ですので、工賃結構かかりそうですね…

恐らくは独自の講習を受けた整備士さんじゃないと、フロント回りの整備等出来ないでしょうし。
VMAX取扱店の様にNIKEN取扱店とかできそうですね。

以下スペックやNIKENの撮ってきた写真等。装備や動画も載せてるよ。

広告

東京モーターサイクルショー2018で撮ってきたNIKENの写真

DSC05244
DSC05860
こういう写真でみるとデカッ!って印象ですけど、実物は思ったより大きくなかったです。
ゴールドウイングとかの方がデカい感あります。意外とスリムよ。
DSC05285
DSC05286
DSC05287
DSC05288
DSC05289
DSC05290
威圧感
DSC05248
DSC05249
DSC05250
DSC05253
DSC05261
DSC05262
真ん中から後ろに向かっては結構スリムです。
DSC05271
DSC05272
DSC05861
DSC05258
DSC05859
シュッとしたテール。リアフェンダーがスイングアームマウントなので、すっきりしてますね。
DSC05283
DSC05862
MT-09とそっくりなヘッドライト。かわいいしかっこいい顔だと思いました。
DSC05260
DSC05270
ハンドル周りは意外と普通。
DSC05255
DSC05850
DSC05851
DSC05276
DSC05278
DSC05279
DSC05291
この辺気になってる人いると思いましたので、写真いっぱい撮ったよ。
私は難しい話はわかりませんけど、ごちゃごちゃしてるなーって思いました。
にしてもこの角度、威圧感凄いよね。
DSC05864
フロントフォークですけど、ばねとか入ってるのは片方で、もう片方はねじれとか回転防止のための物って説明員さんが言ってたよ。(言葉は多少違うかもですが)
DSC05280
DSC05863
タイヤはブリヂストンです。専用開発タイヤでしたっけ。
DSC05259
DSC05268
リアサスペンションは普通にバイクですね。
DSC05264
エンジンはMT-09系です。
DSC05263
DSC05854
マフラーって筒って認識でしたけど、最近は箱って感じですよね。
DSC05274
シートですけど意外とでかかったです。
DSC05855
DSC05856
タンデムも問題なく出来そうだなーって思いました。
DSC05857
見た感じ、リアキャリアもつけられそうな感じでした。ワイズギアとかから出るでしょうね。
現状オプションの情報などは無いってお話でしたけども。
DSC05282
良いよね…

感想ですけど、質感とかはMT-09とかその辺と同じか、多少良いってぐらいでしょうか。

見るまではどんなヘンテコマシンじゃろか?って感じでしたが、現物はバイクの延長線上の乗り物って印象でした。
確かにデカいですけど、そんなに異様にデカいって事もないですし、フロントだけが特殊でそれ以外は普通にバイクって感じです。

置く場所とかには多少困りそうですし、乗り味は違ってくるんでしょうけど、普通にバイクとして所持&乗れそう。

個人的には縁遠い乗り物かと思ってましたけど、価格(まだ未定ですけど)や見た感じ的には、意外と身近な乗り物なのかな?って印象ですかね。
維持費は多少高くなるってお話でしたし、ちょっとデカいですけども。

リターンライダーさんとか、その辺がターゲットらしいですけど、派手な乗り物好きの方にも受けそうですよね。

NIKENのスペック(海外仕様)

・全長:2,150mm
・全幅:885mm
・全高:1,250mm
・ホイールベース:1,510mm
・シート高:820mm
・重量:263kg
・燃料タンク:18L
・最低地上高:150mm

・エンジン:水冷3気筒4バルブ
・排気量:847cc
・ボア×ストローク:78.0mm×59.1mm
・ギア:6速
・馬力:84.6kw(115.0PS)/10,000rpm
・トルク:87.5Nm/8,500rpm
 
・フレーム:ダイアモンド

・フロントサスペンション:倒立フォーク
 トラベル:110mm
・リアサスペンション:リンク式モノショック(フルアジャスタブル)
 トラベル:125mm
・キャスター:20°
・トレール:74mm
・バンク角:45°

・フロントブレーキ:298mmダブルディスク
・リアブレーキ:282mmシングルディスク
・フロントタイヤ:120/70 R 15
・リアタイヤ:190/55 R 17

こちらヨーロッパ仕様のスペックですけど、日本仕様も同じになると思います。
違っても誤差ぐらいだと思います。

NIKENの公式画像

2018_YAM_MXT850_EU_DNMG_STU_001_03_gal_worlds_full_tcm120-719875
2018_YAM_MXT850_EU_DNMG_STU_002_03_gal_worlds_full_tcm120-719878
2018_YAM_MXT850_EU_DNMG_STU_005_03_gal_worlds_full_tcm120-719881
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Action-001
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Action-002
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Static-002
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Static-004
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Action-006
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Static-005
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Static-007
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Static-010
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Static-011
その他画像は海外公式ページでどうぞ。
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-032
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-030
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-028
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-024
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-020
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-017
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-014
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-012
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-009
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-006
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-003
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-VR360-033
公式ページのぐるぐる回す奴の一部。
コンセプトモデルじゃないよ、市販モデルだよ…未来感あるよね。すごーい。

NIKENの装備

2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Static-008
・LEDヘッドライト
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-019
・LEDウィンカーミラー
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-012
・アルミニウム燃料タンク
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-008
・フルカラー液晶メーター
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-022
・3レベルのライディングモード
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-023
・YCC-T
・クルーズコントロール
・2レベルのトラクションコントロール
・アシスト&スリッパークラッチ
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-003
・クイックシフター
フレームは鉄とアルミ
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-009
4本フロントフォーク。倒立だよ。タイヤは専用開発タイヤ。
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-010
チェーンドライブです。
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-011
スイングアームは鋳造アルミ
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-013
リアのプリロードは手動というか工具つかわずにいじれるよ
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-014
リンク式モノショック。フルアジャスタブル。
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-015
シートはリアが結構狭いぞ→現物は意外とデカかったです。失礼しました。
2018-Yamaha-MXT850-EU-Graphite-Detail-017
マフラーとかもMTシリーズっぽい感じ。

東京モーターショーでのNIKENの写真

DSC00188
DSC00191
DSC00192
DSC00187
DSC00193
DSC00190
DSC00189
こちら友人のSZKさんに撮ってきてもらいました。ありがとうございました。
(MT-10より高いって情報もSZKさんに聞いてきてもらった情報です)

NIKENの動画

 
公式解説動画的な

公式PV
 
説明員さんの話とかとってる動画があったのですが、1分20秒あたりから結構興味深い事が聞けますよ。

公式動画。リーンの仕組み解説的な
 
ヤングマシンさんによる押し歩き動画。

公式装備等解説動画的な

公式解説動画3。電子制御とかその辺の解説です。

大体そんな感じです。
スーパー価格高いモデルだと思ってましたのでそこまで興味ありませんでしたが、意外と安いみたいですし、スペックも良い感じですよね…気になる。

とりあえずは試乗してみなきゃですね。ヤマハのお偉いさん方も乗ってみてねって言ってましたし。

広告