フルスペックが流出してるような…今年ってBMWのリークが多いですね。
※正式に発表されました。詳しくはこちらの記事でどうぞ。
P90327384_highRes_bmw-s-1000-rr-11-201

せいしきにはっぴょうされました

P90327384_highRes_bmw-s-1000-rr-11-201
詳しくはこちらの記事でどうぞ。

11月5日:お姿&フルスペックが流出してるよ…

レッドちゃん
HPカラーですね。今回はMモータースポーツって名前になりそうですけど。
スイングアームとメーター
正面顔。BMWらしいというか、綺麗なお顔ですね
現状ホワイトとレッドの2色のみ判明してますね。この2色だけっぽいです。
サイドカウルにエラみたいなのついてますね。パニガーレV4Rにもありましたよね。
スペック表…気になる部分だけ文字にしてみましょ

カラー

  • レーシングレッド
  • Mモータースポーツ

サイズ等

  • 全長:2,073㎜
  • 全幅(ミラー含む):848mm
  • 全高(ミラー含まず):1,151mm
  • シート高:824㎜
  • インナーレッグカーブ:1,827mm
  • 車両重量:197kg
  • タンク容量:16.5L(リザーブ4L)

エンジン

  • ボア×ストローク:80mm×49.7mm
  • 排気量:999cc
  • 馬力:152kw(207HP)/13,500rpm
  • トルク:113Nm/11,000rpm
  • 圧縮比:13.3:1
  • 最高速:299km/h
  • 燃費:100km/6.4L(約15.6km/L)
  • オクタン価:95-98RON
  • EURO4適合
  • BMWシフトカムのおかげで5,500rpm~14,500rpmで100Nm超えのトルクが発生

車体

  • BMWフレックスアルミニウムフレーム
  • 45mm倒立フォーク
  • WSBK(由来の?)鍛造スイングアーム
  • ホイールベース:1,441mm(ノーマルサスペンション)
  • トレール:96.5mm(ノーマルサス)
  • フロントタイヤ:120/70 ZR17
  • リアタイヤ:190/55 ZR17
  • フロントブレーキ:320mm/4POTラジアルマウント
  • リアブレーキ:220mm/1POT
  • ABS:BMWモトラッドレースABS(OFF可能)

電子制御類

  • 4つのスタンダードなドライビングモード
  • 3つのカスタマイズ可能なドライビングモード(オプション)
  • エンジンブレーキコントロール
  • ローンチコントロール
  • ピットレーンリミッター
  • ウィリーコントロール
  • ヒルスタートコントロールPro
  • ダイナミックブレーキコントロール
  • ダイナミックダンピングコントロール(セミアクティブサスペンションのオプション)

標準装備

  • ドライビングモード(ロード/ダイナミック/レース/レイン)
  • ダイナミックトラクションコントロール
  • ABS Pro(OFF可能)
  • 一人乗りな構成
  • Power-assisted transmission Pro(たぶんシフトアシストProの事)
  • TFT6.5型液晶メーター
  • フルLED(灯火機類)
  • ヒルスタートコントロール

オプション

  • Proドライビングモード(レースプロ1/2/3)(調整可能なスライドコントロール/ローンチコントロール/ピットレーンリミッター/ウィリーコントロール/ヒルスタートコントロールPro/ダイナミックブレーキコントロール)
  • ダイナミックトラクションコントロール
  • クルーズコントロール
  • パッセンジャーキット(リアシート、タンデムステップ)
  • アンチセフト(盗難防止)
  • グリップヒーター
  • 赤いリムステッカー(?)
  • DRC(たぶんRDCの間違い。タイヤの空気圧コントロール)
  • エマージェンシーコールシステム

パッケージの種類

ダイナミックパッケージ

  • ダイナミックダンピングコントロール
  • クルーズコントロール
  • グリップヒーター

レースパッケージ

  • Proドライビングモード
  • M鍛造ホイール
  • Mバッテリー
  • アジャスタブルMスイングアームピボット

パッケージM

  • Proドライビングモード
  • Mカーボンホイール
  • Mバッテリー
  • アジャスタブルMスイングアームピボット
  • Mシート
大体こんな感じですね。はしょってるとことか独自解釈ありますので、気になる方はs1000rrgramさんんのインスタで確認してね。

何かところどころ怪しいところありましたけど、コレどうなんでしょうね。
フェイクの可能性も多少はあると思います。

広告

10月31日:スペックが流出


こういう感じで、スペックが流出しました。
お姿も明らかに。

反対側。

レッドも居ました。現状流出してるのこれぐらいかしら?

2019年モデルの新型S1000RRのスペック

テクニカルデータ

  • 水冷4気筒
  • BMW シフトカム装備
  • 排気量:999cc
  • 馬力:152kw(207HP) / 13,500rpm
  • トルク:113Nm / 11,000rpm
  • 車両重量:197kg(Mパッケージは193.5kg)
  • シート高:824mm
  • インナーレッグ曲線:1,827mm(内またの端から端までの長さ的な)
  • 最高速:299km/h
  • タンク容量:16.5L(リザーブ:約4L)

標準装備

  • BMWモトラッドレースABS
  • ABS Pro
  • 4ライディングモード(レイン、ロード、ダイナミック、レース)
  • DTC(ダイナミックトラクションコントロール)
  • HSC(ヒルスタートコントロール)
  • シフトアシストPro
  • フルカラー液晶メーター
  • LEDウィンカー
  • LEDヘッドライト
  • LEDテールランプ

オプション

  • Mカーボンパーツ
  • Mフットレスト
  • Mブレーキ、クラッチレバー
  • スモークスクリーン
  • バブルスクリーン
  • スモークバブルスクリーン
  • シート(LOW:814mm、824mm、HIGH:849mm)
  • Mデータロガー&ラップトリガー
  • Mカバーキット
  • Mキャリブレーションキット
  • タンクバッグ
  • リアバッグ
…わーお。EURO5適合でこのスペックですよね。つよい。
車重とスペック的に、現行ではトップクラスのパワーウェイトレシオですね。一番でしょうか?

 
シフトカムはR1250GSにも装備されている可変バルブタイミング&リフトです。
リッターSSにも可変バルブ機構が当たり前の時代になってきましたね。

広告

10月28日:ティーザー第4弾公開


こんな感じ。あんまりわからない系。S1000RRってのはわかりますが。

10月21日:公式ティーザー第2弾と第3弾が公開されてたよ。


こちらは第2弾。あんまりわからない系。

こちら第3弾。あ、結構わかる系ティーザーですね。
fadsjij
コンテナ。
jpidsfajp
危険物。
fdspijasi
乞うご期待的な。
fjdsiasjfi
あらーハンサム間違いなし
fsdjipas
fsdojifasi
プロジェクタータイプのLEDヘッドライトですね。
大体こんな感じです。ある程度お姿明らかになりましたね。

fsdpjfasi
ちょいちょい補正するとこんな感じ。
ホワイトがメインカラーでブルーとレッドが入ってる、いわゆるHP(モータースポーツ)カラーですね。

スパイショットや意匠登録の図で大体お姿明らかになってますけど、新型S1000RRってスーパーかっこいいのでは?私は超好き系っぽい。
性能に関しても文句なさそうなので、人気モデル待ったなしでしょうね…でも値段が怖いよね。

EICMAで発表ですので、悶々としながら待ちましょう。

10月5日:公式ティーザー公開。メーターのスパイショットも撮られてるよ

全部まとめてる方の記事に貼ってましたけど、こっちに貼り忘れていました。失礼しました。
ティーザーが公開されています。
fdsaopifadjiofa
判別不可能ですが、排気音は4気筒ですので新型S1000RRですね。EICMAで発表です。

ちなみにメーターのスパイショットも撮られていまして…

こんな感じ。
40516584_491910644657032_8042494365771498138_n
引用元:212 ✊🏻👊🏻💨さん(@the_track_life) • Instagram写真と動画
新規デザインのフル液晶メーターですね。何だか見慣れない表示が沢山。
DTCはダイナミックトラクションコントロール、RACE PRO 1はライディングモードかな?
メーター中央の角度はバンク角とかその辺関連ですかね。

他にもスパイショットありまして…

結構最近のスパイショット。 意匠登録まんまですね。となるとこのまま市販ですね。かっこいい。
View this post on Instagram

New S1000rr 2019 #s1000rr2019 #s1000rrgram #bmws1000rr @s1000rrgram @doppel_r

Yohan catanさん(@s1000rraddict)がシェアした投稿 -


ちょっと前のスパイショット。この頃からお姿変わらず。

今回わかった事ですけど…
  • EICMAで発表
  • デザインは意匠登録のまま
  • メーターは新デザインのフルカラー液晶
って感じですね。以下意匠登録の図と情報まとめです。

9月5日:2019年モデルの新型S1000RRが意匠登録されてるよ

MOTORCYCLE.COMさんがBMWの新型S1000RRの意匠が登録されてるって記事書いてましたので、私も調べてみたら意匠登録されてたよ。

sdifsfjsadiof
こんな感じ。(画面サイズの都合でこの画像は上下でコラージュしてるよ。)

申請が2018年2月23日、2017年2月23日付の優先権がドイツで主張されているよ。つまりは最初の出願(ドイツで?)は2017年2月23日って事になりますかね。
fjoisdfjsiofasfas
あ、スパイショットのモデルとほぼ同じですね。
フロントフレームかもってお話でしたけど、そうじゃないみたい。普通にフレームあるよね。
現行とフレームは別物です、形が違うよ。

スイングアームですけど、逆タイプですね。レーサーみたい。レーシー…
fdsojfsdoifajsf
リアフレームはスパイショットと同じくパイプのトラスフレーム。
エンジンですけど、クランクケースカバーの見た目やマウント位置が違いますので、新型エンジンでしょうね。

スパイショットのモデルとホイールが違うよ。
ミドルカウルの形状もスパイショットと一部がちょっと違う。

それによー見たら左右でミドルカウルのデザイン違いますね。左右非対称だよ。
現行と同じパターンですね。

fefsda
お顔。ヘッドライトにレンズついてますけど、基本的に以前のスパイショットの物とヘッドライトも同じでしょうか。プロジェクタータイプっぽいです。
fjoisdfoasjfias
こじんまりテール。
fojidsjfasioda
裏側。お弁当箱がすっごくでっかいです。なのでサイレンサーが現行より小さくできたのかな?
4-2-1ですかね。
fsdifasdjoi
俯瞰。見た感じ、メーターは液晶っぽいですね。恐らくは他のモデルと同様にフルカラー液晶になると思います。
P90234046_highRes_bmw-s-1000-rr-10-201
現行はこういうデジタル+アナログタイプのメーターです。私これすき。

左ハンドルスイッチがBMWの多機能タイプのアレ(ぐるぐる回るやつ)なので、色々と便利な電子装備付いてそう。
P90234073_highRes_bmw-s-1000-rr-10-201
こちら現行モデルの左ハンドルスイッチ。ぐるぐるついてないよ。

大体そんな感じです。見た目は間違いなくかっこいいですね、個人的に超好みっぽい。
相変わらず悪そうですけど、多少獰猛さが減って、インテリっぽくなってますよね。主人公のライバルポジション的な?ちょっとキザなタイプの。

2019年モデルの新型S1000RRの情報まとめ(10月時点)

niteruzo
こちら比較GIF画像。
tapiokapara
同じく比較GIF画像。反対側。
大まかな形はほぼ一緒ですね。フレームとか車体は別物ですけど。
  • 新型アルミフレーム
  • サブフレームはパイプフレーム
  • スイングアームも新型
  • ホイールも新型
  • ヘッドライトは左右対称だけど、ミドルカウルは左右非対称
  • エンジンは新型(現行ベースかは謎)
  • EURO5準拠だろう
  • VVAや逆回転クランクシャフト採用の噂もある
  • 新型フルカラー液晶メーター
  • 電子装備類(電子制御類)が追加されてそう
  • コーナリングABSが装備されるだろう
  • 2018年のインターモト、またはEICMAあたりで発表だろう
大体こんな感じですね。
お姿は明らかになりましたので、あとはスペックと装備、そしてお値段ですね…

スペックや装備は間違いのない物になるでしょうけど、色々と装備が追加されるみたいですので、お値段凄そう…

以下、8月以前の2019年モデルの新型S1000RRに関する情報です。

過去の新型S1000RRに関する情報(2017年時点)

  • 2018年モデルの新型S1000RR
  • Motorradマガジンが撮ったスパイショット
  • スイングアームが再設計されている
  • シャーシの形状のモディファイ(修正)
  • ボディーワークの変更
  • 新しい排気系
  • 新しいヘッドライト
  • エンジンケースが変更されている事から、エンジン内部がモディファイされている事が示唆される
  • IMUとかつきそう。(つまりはコーナリングABSとか)
  • TFT液晶メーターも。
  • EURO4に準拠しつつ、ちょっとパワーアップしてくれる事を期待する
  • 製品仕様に近い見た目(テスト最終段階)から、2017年のEICMAで2018年モデルとして発表されるだろう。
引用元:2018 BMW S1000RR Spotted with Updates - Asphalt & Rubber
全文、原文はasphalt&rubberさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性がありますので、情報元で確認してくださいね。

072617-2018-bmw-s1000rr-spied-001
今時流行り?のLEDのプロジェクタータイプですね。
左右対称の顔。
072617-2018-bmw-s1000rr-spied-003
ウィンカーミラーですね。フォルムは現行S1000RRに似てるような。
072617-2018-bmw-s1000rr-spied-004
クレマー?おーサメみたいでかっこいい。
072617-2018-bmw-s1000rr-spied-006
当たり前ですけどクイックシフター付いてますね。
スイングアームが変な感じー凄く軽そう。
引用元:2018 BMW S1000RR Spy Photos - Motorcycle.com
その他画像や詳細はMOTORCYCLE.COMさんでどうぞ。

おぉ、正統派かっこいい系ですね。色が黒なのも影響してますが、悪そう。
ノートンのV4にお顔がちょっと似ているような。bajajのパルサーに多少似てるかな?

P90189357_highRes_bmw-s-1000-rr-black-
P90189359_highRes_bmw-s-1000-rr-black-
こちら現行S1000RR

新型ですけど…
  • ウィンカーミラー
  • ヘッドライト(プロジェクタータイプのLED)
  • サイレンサー小型化(お弁当箱ありますが)
  • ホイールは別物
  • フレーム別物
  • エンジンケースカバーも別物
  • スイングアーム別物(さかさまタイプ。ワークスみたい)
  • サブフレームも別物(アルミ)
  • エンジン別物
って感じ?

現行のイメージは残しつつ、今時っぽくなってますね。かっちょいい。
でもデザインにあんまりBMWっぽさを感じない気がするんですけど、気のせいですかね。(私はBMWに造詣が深いわけではありませんが)

P90268547_highRes_bmw-r-1200-gs-advent
ちなみにこちら2018年モデルのR1200GSのメーターです。
BMWでカラー液晶って初でしょうか?
こういうTFT液晶なメーターが付くんじゃって噂です。

新型S1000RRですけど、スーパーかっちょいいっぽいので楽しみですね。
装備や性能もパワーアップしてそうですし。
あとはお値段がどれくらいパワーアップするかですね…

ちなみにサブフレームは鋼管かと思ってたのですが、どうもアルミなのは変わりないみたい。
IMUもついて、コーナリングABSやらなんやら、沢山の電子制御つくだろうってお話です。

私が見た感じですと、MOTORCYCLISTさんのページが一番情報詳しいような。
詳細はMOTORCYCLISTさんのページでどうぞ。

8月9日時点の2019年モデルの新型S1000RRに関する情報

  • 2019年モデルの新型S1000RRについて
  • 逆回転クランクシャフトが採用されそう
  • 排気量は変わらない
  • 可変バルブタイミング機構(恐らくは油圧式)
  • 車体は完全新設計
  • フレームはパニガーレV4の様なフロントフレーム形式っぽい
引用元:News Prodotto, BMW S 1000 RR 2019: nuovi dettagli in vista di EICMA | GPone.com
全文、原文はGPone.comさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性がありますので、情報元で確認してくださいね。

フロントフレームについてですが…
DSC05813
こちらパニガーレV4さんの中身。
DSC05830
こういう感じでエンジンがフレームを兼ねてるようなタイプ。
新型S1000RRもこういうタイプになりそうだとか。
072617-2018-bmw-s1000rr-spied-006
引用元:2018 BMW S1000RR Spy Photos - Motorcycle.com
うーん、そう見えるような見えない様な…

ちなみに逆回転クランクシャフトですけど、MotoGP車両で使われてまして、パニガーレV4でも採用されています。
”クランクシャフトが進行方向に回転することによるジャイロ効果が、車体の安定性を生み出すと考えられてきましたが、そのメリットを捨ててでも、重量による慣性でライダーが制御できない領域を少なくしようという新しい考え方、それが「カウンター・ローテーティング(逆回転)・クランクシャフト」です。”
”若干の出力損失があるのですが、それよりもライダーがよりアクセルを早く、よりワイドに開けられるというメリットが得られます。”
引用元:ドゥカティ パニガーレーV4、クランク逆回転と不等間隔爆発のヒミツとは | レスポンス(Response.jp)
全文はResponseさんでどうぞ。
パワーよりもコントロール性を重視した物って感じでしょうか。

リッターSS、レーシーな方に寄っていってますね。海外勢は特に。
どんどんレーサーの技術を採用してるような。スイングアームに関してもそんな感じですし。
浪漫があって良いですけど、お値段が怖いよね…

こちらのS1000RRは恐らくは2018年のEIMCAやインターモトあたりで発表になると思われます。
なので2019年モデルですね。S1000RR購入予定の人はもう少し待った方が良いと思います。