公道走行不可な競技用モデルですが、2サイクルでインジェクションって凄いですね。
KTM EXC 2018_engine
タイムライン見てる時にKTMさんの呟きが目に入ったんですけど…
…2ストローク??フューエルインジェクション??
21世紀にそんなまさか。マジか。

広告

KTM EXC 2018_engine
・2018年のEXCレンジ(競技用エンデューロモデル)の一部が、2サイクルでフューエルインジェクションなモデルとして発売される
 
・燃料消費量を大幅に削減し、燃料の混合や、キャブのジェットを変更する必要がなくなった。
・それだけではなく、この新型2ストロークモデルはパワーデリバリーと乗り心地において、全く新しい体験を提供する。

・このTPI (Transfer Port Injection)と呼ばれる2サイクルフューエルインジェクションのテクノロジーは革命的だと考えられる。

・詳細は2017年5月15日に発表する
・2018年モデルの「KTM 250 EXC TPI」と「KTM 300 EXC TPI」は5月に発表される
・ヨーロッパでは初夏に発売される
・アメリカとカナダでは2018年モデルの「 KTM 250 XC-W TPI」が晩秋に非常に限られた量発売される予定
引用元:KTM PRESS CENTER
全文、原文はKTMのプレスリリースでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性が高いです。 

ちなみにTPIではありませんが、EXCはこんな感じ。
pho_bike_90_re
pho_bike_90_li
こちら250 EXCです。
水冷2ストローク単気筒の競技用モデルです。燃料含まずで100kgだよ。
公式ページはこちら
101万円です。

pho_bike_90_re (1)
pho_bike_90_li (1)
pho_bike_90_hi
pho_bike_pers_livo
こちらは300 EXCです。
250 EXCの排気量アップバージョンですかね。
日本では売って無さげです。

pho_bike_90_re (2)
こちら250 XC-Wです。
アメリカで売ってます。基本的に上記の250 EXCと同じ物みたい。名前が違うだけですかね。

んで、この250 EXC系のエンジンですが…
pho_bike_det (3)
こんな感じ。
KTM EXC 2018_engine
引用元:KTM PRESS CENTER
んで、TPIちゃん。
結構違う箇所が多いですが、ベースは250EXC系のエンジンみたいですね。
これらの250 EXCですが、競技用車両ですので公道走行は不可です。

私はこの辺のモデルは全然知らないのですが…
yz250_index_color_001_2017_001
引用元:YZ250/YZ125 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社
ヤマハのYZ250も2サイクルですが、混合給油ですし、キャブレター仕様です。

yz250f_index_color_2017_001
引用元:YZ250F - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社
ヤマハのYZ250Fはインジェクション仕様ですが、4サイクルです。

そんな感じでして、2サイクルでインジェクションなモデルって今までなかったみたい。
乗り心地が気になりますね…FIですし結構乗りやすいモデルになっているのでしょうか。

技術が進んで、公道走行可能モデルとかも出てくれると嬉しいですね…
まぁ4サイクルのバイクでも厳しい時代ですので、ほぼ無理でしょうけど。

このTPI系の250&300EXCはヨーロッパでは初夏に発売ですって。
日本ではいつごろでしょうか…この辺は全然わからないですね。

とりあえず2017年5月15日に詳細発表されるとのことですので、それを待ちましょう。

※追記:色々とそうでもないみたい。
・EXCはヨーロッパでは公道走行出来たみたい(たぶんEURO4でダメになってるだろうけど)
・他にも色々と2サイクルインジェクションのモデルも居るっぽいぞ


コメント欄で教えて頂きました、ありがとうございます。
気になる方はコメント欄を見てね。 

広告