5月25日発売で106万520円です。発表されたのでまとめなおしたよ。
DSC00311
引用元:2017 Yamaha SCR950 Sport Heritage Motorcycle - Model Home
引用元:SCR950 2017 - Motorcycles - Yamaha Motor UK

引用元:"スクランブラー"スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
引用元:SCR950 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社

■リリース
fsadfsdadsfdsf
”ヤマハ発動機株式会社は、人気の"スクランブラー"スタイルに941cm3空冷Vツインエンジンを搭載したスポーツモデル「SCR950 ABS」を5月25日より発売します。”

”「SCR950 ABS」は、"Tough Explorer"をコンセプトに、鼓動感のあるVツインエンジンの搭載、自由度の高いライディングポジションの採用、1960年代のオンロード・オフロードを走行する"スクランブラー"を思わせるスタイリングを再現したモデルとして開発しました。”


SCR950_fmap

”主な特徴は、1) 幅の広いハンドル、ゼッケン風サイドカバー、前後スポークホイールの採用やヴィンテージ感を漂わせたカラー&グラフィックなどによる"スクランブラー"を感じさせるスタイリング、2) 優れたトルク、出力特性を発揮し心地よい鼓動感をライダーに伝える941cm3空冷4ストロークVツインFIエンジン、3) ロング&フラットなシートの採用、ハンドル位置、フットレスト位置などによる自由度の高いアップライトなライディングポジションなどです。”

”コンセプトを具現化するため、「BOLT」系をベースとしながらも、ライディングポジションの変更、新設計のリアフレームの採用、リヤタイヤの17インチ化など新フィーチャーを織り込みバランスを整えました。”

引用元:"スクランブラー"スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
全文はヤマハのプレスリリースでどうぞ。
公式ページはこちらです。

5月25日発売で、税込106万560円です。

■カラーリング
scr950_gallery_002_2017_001
scr950_color_001_2017_002
ビビッドレッドカクテル1
scr950_gallery_002_2017_002
scr950_color_002_2017_002
ダークブルーイッシュグレーメタリック8
日本では上記2色です。
その他画像は公式ページで見てね。

2017-Yamaha-SCR950-EU-Yamaha-Black-Studio-001
2017-Yamaha-SCR950-EU-Yamaha-Black-Studio-002
イギリスの2017年モデルにはヤマハブラックも居るよ。日本には居ないよ。
SRっぽくて渋いぜ。

ちなみに…
最初は赤と黒に白のラインが入ってるやつ(srっぽいやつ?)の2色になる可能性が高いそうです
しかし、xsr900がそうだったように3ヶ月後に新色を出すかもしれないとも言われました”
こちら以前※3さんから教えて頂いた(説明員さんから聞いたとのこと)のですが、ちょっとしたら新色出るかもってお話もあるみたい。
気になる方は販売店さんで聞いてみてね。

■お姿
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-VR360-030
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-VR360-027
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-VR360-016
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-VR360-013
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-VR360-011
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-VR360-009
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-VR360-001
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-VR360-032
UK公式ページのぐるぐる回るやつの一部。

img (32)
img (31)
img (30)
img (27)
img (26)
img (25)
img (23)
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Static-001
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Static-009
アンダーガードとかメーターバイザー(?)はオプションだよ

お次はスペックとか実物の写真とか

広告

■スペック
・全長:2,255mm
・全幅:895mm
・全高:1,170mm
・ホイールベース:1,575mm
・シート高:830mm
・重量:252kg
・燃料タンク:13L(イギリスでは13.2L)
・最低地上高:145mm

・エンジン:SOHC空冷V型(60°)二気筒4バルブ
・排気量:941cc
・ボア×ストローク:85.0mm×83.0mm
・馬力:40kw(54PS)/5,500rpm
・トルク:80Nm/3,000rpm
・燃費(WMTC):21.2km/L
・EURO4適合
・ミッション:5速 
・ベルトドライブ

・フロントサスペンション:41mm正立フォーク
・フロントトラベル:135mm
・リアサスペンション:ピギーバックリザーバータンク付ツインショック
・リアトラベル:110mm
・キャスター:29°
・トレール130mm

・フロントブレーキ:298mmシングルディスク/2POTキャリパー
・リアブレーキ:298mmシングルディスク/1POTキャリパー
・ABS:装備 
・フロントタイヤ:100/90-19M/C 57H
・リアタイヤ:140/80R17M/C 69H

イギリス仕様と日本仕様のタンクの容量は多分同じです。
日本は小数点切り捨てとのことですので、実際は13.2L入るんだと思います。

■装備とか
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-009
60°Vツインだよ。ローラーロッカーアームです。
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-004
フラットなダブルシート
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-005
リザーバータンク付のリアショック。ボルトRと似てるけど、専用セッティングですって。
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-006
テールランプもボルト系。リアフェンダーはスチール製です。
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-007
フランジレスタンク。つるっとしててかわいい。
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-010
ホイールはアルミリムだよ。フロント19インチ、リア17インチね。
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-003
タイヤはブリジストンのブロックタイヤ
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-012
シートは結構薄い気がする…
2017-Yamaha-SCR950-EU-Racing-Red-Detail-013
メーターもボルト系のシンプルなものですね。
img (17)
ベルトドライブです。
img (19)
ブレース付きのワイドなスチールハンドル
img (20)
リアディスクでかいしペータルタイプでかっこいい。スイングアームは鉄ですね。
img (21)
マフラーもボルト系。

■写真
DSC00273
DSC00272
DSC00276
DSC00274
DSC00279
DSC00311
DSC00310
鍵刺すところがタンク下ですね。
DSC00275
思ったよりデカかったです。
あとシートが薄い。

■アクセサリー
promotion1197h6V
fsdfsdasfsd
引用元:SCR950 - バイク用品・バイクパーツ | ヤマハ発動機グループ ワイズギア
ワイズギアさんが早速たくさん出してるよ。
気になる方はワイズギアのページでどうぞ。

1TP-F43B0-V0-00-engine-guards-xv950-studio-001
・エンジンガード
1TP-F33A0-V0-00-lowering-kit-xv950-studio-001
・ローダウンサス(2.5cmダウン)
YA3-57000-00-00-hlins-performance-shock-absorbers-
・オーリンズリアショック
イギリスのアクセサリーです。全部見たい方はこちらのページでどうぞ。

TSPR0Jy2tnWRcFIj2pggeDi2Ji82Gqrj--IUTUBEYfQ1
・スピードメーターバイザー
アメリカのアクセサリーです。全部見たい方はこちらのページでどうぞ。

■動画

日本公式PV

アメリカ公式PV

公式機能解説とかな動画

ヨーロッパ公式PV

オンボード動画。

同じくオンボード動画。アイドリングの音も聞けるよ

お馴染みバンス&ハインズのマフラーの排気音

燃調いじってるんでしょうか。結構ドロドロな排気音にも出来るみたい。

5月25日発売とのことですので、気になる方は販売店さんに行ってみてね。
多分予約等受け付けてもらえると思いますし。

広告