海外では価格なども発表されてましたので、まとめました。
B812BEA6247047388B2314231D80DCFF
引用元:V-Strom 650
引用元:V-Strom 650XT
引用元:V-Strom650
引用元:Suzuki Cycles - Product Lines - Cycles - Products - V-Strom 650 - 2017 - DL650A
引用元:Suzuki Cycles - Product Lines - Cycles - Products - V-Strom 650 - 2017 - DL650XA

カラーラインアップ
57f38a7a3d4b5 (1)
チャンピオンイエロー
57f38a7a3e082 (1)
グラススパークルブラック
57f38a7a3ebe3 (1)
パールグレイシャー(グラシア)ホワイト
の3色です。日本ではどのカラーが売られるかは不明。
57f26c5b399c8 (1)
57f26c5b40eb9 (1)
57f26c5b433ab (1)
こちらはワイヤースポークホイールのXT

57f38a7a44cf1 (1)
57f38a7a44038 (1)
57f38a7a45804 (1)
57f38a7a434b6 (1)
57f38a7a46e4a (1)
お姿こんな感じ。
現行モデルは2眼のねこちゃんみたいな顔でしたが、V-Strom1000みたいなお顔になりました。

57f37f37562bc
57f37f375778f
57f37f37582ee
57f37f3758e15
57f37f3759834
DR-BIG系のデザインですって。

57f38a7a368ca
1000とそっくりなお顔。ハロゲンです。
57f38a7a38499
LEDテールランプ。
57f38a7a3b2e7
スリム化した大容量タンク。(20L)
タンクの両サイドにあった樹脂カバーを外して、タンクがスリム化&マグネットのタンクバッグに対応しやすくなったり。
57f37f3762ee4
シートの前の方がスリムになり、足がつきやすくなったとか。
dl650xal7_yu1_rside_4c
シート下のフレームカバーもスリム化し、足がつきやすくなったとか。
57f38a7a3c93f
9mm長くなったスクリーン。位置は3段階調整。
57f37f3762086
ダイヤルアジャストなリアサスペンション。
リバウンドとプリロードの調整が可能。
57f37f376155a
リアキャリアとシートは並行ですって。大きな荷物も積みやすいですね。

XTの装備。
57f37f376afaf
57f37f376a53a
ワイイヤースポークホイール。チューブレスタイヤですって。
フロントは19インチ、リア17インチです。
タイヤはブリヂストンのBATTLAX ADVENTURE A40
57f37f3769b61
アンダーガード
57f37f376ba79
ナックルバイザーも装備

お次は装備(中身)とか。

広告

スペック
・全長:2,275mm
・全幅:835mm(910mm)
・全高:1,405mm
・ホイールベース:1,560mm
・シート高:830mm
・重量:213.0kg(216.0kg)
・燃料タンク:20.0L
・最低地上高:170mm

・エンジン:水冷DOHC90°Vツイン
・排気量:645cc
・ボア×ストローク:81.0mm×62.6mm
・ギア:6速
・馬力:52.00kw(70.70PS)/8,800rpm
・トルク:62.00Nm/6,500rpm
 
・フロントサスペンション:正立
・リアサスペンション:リンクタイプモノショック
・フロントブレーキ:310mmダブルディスク/2POTキャリパー
・リアブレーキ:260mmシングルディスク/1POTキャリパー
・フロントタイヤ:110/80R19M/C 59V
・リアタイヤ:150/70R17M/C 69V

イギリス仕様のスペックです。ABSモデルですね。
()はXTです。

XTは…
・ワイヤースポークホイール(チューブレス)
・アンダーガード
・ナックルバイザー

装備です。

装備。
57f38a7a34f4d
エンジンは新型SV650系でしょうね。馬力などは違うみたいですが。
ロー~ミッドレンジのトルク重視のセッティングのようです。もちろんトップエンドも犠牲にしてないとか。
57f37f375a35e
デュアルスパークテクノロジー(1気筒辺りプラグ2本)
高い燃焼効率だとか。
57f37f376001e
レジンコートピストン(ピストンのスカート部にレジンコートを施してる)
シリンダーとピストンのフリクション低減。
57f37f37638eb
SDTVフューエルインジェクションシステム(スロットルボディあたり2枚のバタフライバルブを備えている)
スムーズなエンジン始動と安定したアイドリングを実現。
57f37f3764257
ローRPMアシスト
発進時や低回転時に地味に回転数上げてくれる。
57f366337b542
スズキイージースタートシステム
セルをワンプッシュで、エンジン付くまでセル回してくれるとか。
基本的にはSV650の公式ページの解説見てほしいです☆彡
57f37f375e7eb
57f37f375f431
新型のダウンタイプのマフラー。EURO4対応です。かっちょいい。
57f37f375bd5f
多機能メーター
・アナログタコメーター
・ギヤポジションインジケーター
・デジタルスピードメーター
・オドメーター
・ツイントリップメーター
・時計
・燃料計
・クーラント温度計
・外気温計
・バッテリー電圧
・残りの燃料でどれくらい走れるか計(あと50km走れるぞ、とかそんな感じ)
・平均燃費計、瞬間燃費計
・トラクションコントロールモード
・LEDによる、凍結、ハイビーム、ニュートラル、故障(MIL)、ABS、トラクションコンロトールモード、水温計
57f37f3764c9e
57f366048c27a
アドバンスドトラクションコントロールシステム
3モードあり…
・OFF
・スポーツライディングやいい感じの路面状況(適度に介入する)
・濡れた、または凍った路面(すぐ介入する)
って感じ。
57f37f37557ad
フロントカウルに12V電源を標準装備。ハンドルの近くですね。

オプションも沢山ありまして…
fsdafsdfasfasdfasdfsdf
・55Lトップケース
・サイドケース(パニアケース)
・ツーリングスクリーン
・グリップヒーター
・ハイシート
・ローシート
・アクセサリーバー(フォグランプとかつけたり)
・タンクバッグ(S/L)
・チェーンガード
・センタースタンド
・LEDフォグランプ
・LEDウィンカー
とか。
ちなみにアクセサリーシミュレーターとかあります。

57f37f3778b25 (1)
57f37f376da9d
57f37f376fad5
57f37f3775518
57f37f3776afd
57f37f37775dd (1)
57f37f377961b
57f37f377a124
色々とちょうど良さそうですね。装備とかサイズとか重量とか的に。
フルパニアでもしっくりくるバランスですね。かっこいい。
 
アメリカでのお値段ですけど…
fsafsdsdfdsfdsssfsdaf
普通の新型V-Storom650は8,799ドル。日本円で約99万8,000円。
ffasdfasdfdfd
現行モデルは8,399ドル。日本円で約95万2,500円。
400ドル(約4万5,500円)の値上げですね。
fasdfsdadsfadsfs
日本では現行モデルが90万7,200円。
となると新型は日本国内ですと大体95万円ぐらいですかね。もう少し高くなりそう?

fadfsafadfsdf
新型V-Strom650XTは9,299ドル。約105万4,500円。
ffasdfasdfdfd
現行モデルは8,499ドル。約96万4,000円。
800ドル(約9万500円)の値上げですね。
ナックルガードとエンジンガードついてるからですかね。
fasfdsfsddsfdss
日本では現行モデルは95万400円です。
こちらも恐らくは5万円ぐらいの値上げでしょうか。100万円ちょっとぐらい?

トラコンとかついて、5万円ぐらいの値上げなら十分というか、いい感じですね。
でも、便利機能沢山つきましたし、メーターとかかっこよくなってますし…
あんまり値上げしないと良いですねー

発売時期についてですが…
fdsafdsfsdsdfdsfasds
イギリスでは2017年初頭って感じです。EARLY.
発表当時のプレスリリースでは、ヨーロッパは2017年春って話でしたね。

ちなみにヨーロッパで2017年春発売ってプレスリリースに載ってたGSX-S750は…
たぶんそう遠くない内に国内でも発表・発売されそうですね。
2017年国内投入予定ですし、現物お披露目してますし、春とか夏ごろですかね?

となると同じくヨーロッパで2017年春発売なV-Strom650もGSX-S750と同じ時期か、それよりちょっと遅いぐらいですかね?
個人的な予想ですが、そんな感じがします。

最後にPV

V-Strom650のPV
 
V-StromファミリーのPV 

そんな感じー

fasfdfasfsfsdfsa
引用元:【K・COMPANY(ケイ・カンパニー)】NEWモデル!お待たせいたしました!!
V-stromシリーズやGSX-R125も日本国内販売予定みたいですので、恐らくはある程度の発売時期や価格なども決まってるんじゃないでしょうか。
購入を検討している方は販売店さんに行ってみるのもいいかもしれませんね。

追記:色々明らかに
”スズキワールドの方に聞いてみたところ発売は5月、6月あたりと言われました…
英語版のカタログはできているようで、見せてもらうことができました!
モーターサイクルショーに展示するらしいので、待っている方楽しみにしときましょー!”

”あくまで推測ですけど、価格に関しては100万以内に抑えて来るのでは?と店長さんは言ってました。
XTも100万以内に抑えてきたら即決しちゃいそうです笑” 

こちら※15さんに教えて頂きました、ありがとうございます!

春頃発売じゃろって感じでしたけど、5月、6月あたりですって。
結構すぐですね!

広告