各車スペックが明らかになったので、比較してみました。
250cchikakushitayatu
引用元:Welovehonda.com
引用元:YZF-R3/YZF-R25 - バイク スクーター | ヤマハ発動機株式会社
引用元:Ninja 250・Ninja 250 ABS Special Edition・Ninja 250 ABS KRT Edition・Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition | 株式会社カワサキモータースジャパン
引用元:GSX250R-铃木跨骑车-铃木摩托车-豪爵-欢迎来到我们的世界
引用元:Ninja 250 : Kawasaki モーターサイクル&エンジンカンパニー
引用元:Suzuki Cycles - Product Lines - Cycles - Products - GSX250R - 2018 - GSX250R
引用元:Suzuki GSX250R | Suzuki GB PLC
引用元:GSX250R|スズキ バイク
引用元:CBR250RR | Honda
引用元:Kawasaki Motor Indonesia
引用元:Kawasaki Motor Indonesia
引用元:Kawasaki Motor Indonesia
引用元:Canadian Kawasaki Motors Inc.
引用元:Ninja 400 MY 2018 - Kawasaki United Kingdom
引用元:Ninja 250 LIGHTWEIGHT, SHARP-LOOKING, HIGH-PERFORMANCE SPORT MODEL OFFERS EXCITEMENT AND EASE OF RIDING TO A WIDE RANGE OF CUSTOMERS
引用元:Ninja 400 LIGHTWEIGHT, SHARP-LOOKING, HIGH-PERFORMANCE SPORT MODEL OFFERS EXCITEMENT AND EASE OF RIDING TO A WIDE RANGE OF CUSTOMERS

引用元:Ninja 400 MY 2018 - Kawasaki United Kingdom
引用元:Ninja 400 MY 2018 - Kawasaki Europe 

引用元:Ninja 250・Ninja 250 KRT Edition | 株式会社カワサキモータースジャパン

■価格
GSX250R52万7,040円
Ninja25055万3,500円(62万460円~64万1,520円)
YZF-R2555万6,200円(59万9,400円)
YZF-R25(2018)56万7,000円(61万200円)
新型Ninja250なし(62万9,640円)
CBR250RR75万6,000円(80万6,760円)
 ヴィクトリーレッド:77万7,600円(82万8,360円)

()内はABSモデルの価格です。

GSX250RNinja250(2万6,460円)→YZF-R25(2018)(1万3,500円)→新型Ninja250(1万9,440円)→CBR250RR(17万7,120円)
価格差こんな感じです。左より右がいくら高いか。

■見た目
DSC00067
color06_001zoom (2)
17_EX250L_BU1_RF
29408DF755A643359AAE2A64FF2508FF
2018ninja250_grn
みんなシュッとしててかっこいい。GSX250Rだけ単眼です。

■ヘッドライト、テールランプ、ウィンカー等
CBR250RR
DSC00063
DSC00098
日本仕様の顔はこんな感じよ。ウィンカーが付きました。
DSC00077
DSC00510
全てLEDです。
しかもテールランプとポジションランプは導光チューブ通しての光なので、かっちょいい。

YZF-R25
feature08_001
ハロゲンヘッドライト
feature07_001
LEDテールランプ。ウィンカーは普通の電球です。

Ninja250
13EX250LM_G_04
ハロゲンヘッドライト
13EX250LM_G_22
テールランプは電球。ウィンカーも。

GSX250R
DSC00910
fdsfdsdsfdsf
DSC00831
ヘッドライトはハロゲンです。ウィンカーは電球ですが、ポジションとテールランプはLED。

新型Ninja250
18EX400G_242GN2SFAA3CG_A
ninja250-feature-styling
ヘッドライトはLED
DSC00228
テールライトもLEDです。ウィンカーはバルブ

■メーター
CBR250RR
1295d8b6
多機能メーターちゃん
フルデジタル。ラップタイマーまでついてます。水温計もちゃんとバーグラフです。

YZF-R25
feature04_001
アナログタコメーターです。

Ninja250
16_EX250LM_G_01
こちらもアナログタコメーター。ギアポジがついてません。 

GSX250R
581b51c29ac87
反転液晶のフルデジタル。小型ですね。

新型Ninja250
18EX400G_242GN2FMEA3CG_A
ninja400-feature-cockpit
Ninja650とかそれ系と大体同じなメーターです。アナログタコ+デジタルスピードの凄い奴。

大体皆さん似た感じで、多機能です。
Ninja250以外はみなさんギアポジションインジケーターついてます。新型はギアポジついてるよ。
新型Ninja250はお兄さん方と大体一緒な豪華なメーターだよ。

■サイズ
新型Ninja250:1,990mm×710mm×1,125mm
Ninja250:2,020mm×715mm×1,110mm
CBR250RR:2,065×725×1,095 mm
GSX250R:2,085mm×740mm×1,110mm
YZF-R25:2,090mm×720mm×1,135mm

新型Ninjaは凄くコンパクトです。ホイールベースも短いよ。

■ホイールベース
新型Ninja250:1,370mm
YZF-R25:1,380mm
CBR250RR:1,390mm
Ninja250:1,410mm
GSX250R:1,430mm

ホイールベースが短いと小回りが利く感じですかね。
長いと直進安定性が増しますので、ツアラーよりって感じでしょうか。

■シート高
YZF-R25:780mm
Ninja250:785mm
CBR250RR:790mm
GSX250R:790mm
新型Ninja250:795mm

大体皆さん一緒。
シートの形や幅によって足つきってかわってくるので、実際にまたがってみないとわかりませんが。
私は平均身長ぐらいで股下787mmですが、CBR250RRはベタ足です。

お次は中身

広告

■車重()はABS
CBR250RR:165kg(167kg)
新型Ninja250:(166kg)
YZF-R25:166kg(168kg)
YZF-R25(2018):167kg(170kg)
Ninja250:172kg(174kg)
GSX250R:178kg(181kg)

馬力の高いお二方ですが、車重も軽い。

■馬力
CBR250RR:28kw(38PS)/12,500rpm
 ※インドネシア仕様:28.5kw(38.7PS)/12,500rpm

新型Ninja250:27kw(37PS)/12,500rpm
 ※インドネシア仕様:28.5 kW(39 PS)/12,500rpm

YZF-R25:27kw(36PS)/12,000rpm
 ※インドネシア仕様:26.5kw(36PS)/12,000rpm

YZF-R25(2018):26kw(35PS):12,000rpm

Ninja250:23kw(31PS)/11,000rpm
 ※インドネシア仕様:23.5kw(32 PS)/11,000rpm

GSX250R:18kw(24PS)/8,000rpm
 ※イギリス仕様:18.4kw(25PS)/8,000rpm

ちなみにGSX250Rはイギリス仕様とエンジン同じって開発者さんが言ってましたので、実際には日本仕様も25PSみたい。

インドネシアですけど、EURO3相当なので日本より排ガス規制が緩いよ。
新型Ninja250のインドネシア仕様が28.5kwなので、インドネシアのCBR250RRと同じ馬力です。(公式ページには39PSって載ってますが)

■トルク
CBR250RR:23.3Nm/11,000rpm
 ※インドネシア仕様:23.3Nm/11,000rpm

新型Ninja250:23Nm/10,000rpm
 ※インドネシア仕様:23.5Nm/10,000rpm

YZF-R25:23Nm/10,000rpm
 ※インドネシア仕様:22.6Nm/10,000rpm

GSX250R:22Nm/6,500rpm
 ※イギリス仕様:23.40Nm/6,500rpm

Ninja250:21Nm/8,500rpm
 ※インドネシア仕様:21Nm/10,000rpm

GSX250Rですが、流石は低回転型まったりエンジンですね。
トルクが太く、回転数も低いです。街乗り向きですね。単気筒エンジンみたい。

インドネシア仕様ではNinja250がトルクトップでしたが、日本仕様だとCBR250RRがトップです。

■ボア×ストローク
CBR250RR:62.0mm×41.3mm
Ninja250:62.0mm×41.2mm
新型Ninja250:62.0mm×41.2mm
YZF-R25:60.0mm×44.1mm
GSX250R:53.5mm×55.2mm

皆さんショートストロークの中、GSX250Rだけロングストロークですね。
一人だけ向いている方向が違う。

新型Ninja250は現行Ninja250とボアストロークが同じですが、オールニューエンジンです。

■パワーウェイトレシオ
(ABSの車重/日本仕様の馬力)

CBR250RR:4.387
DSC00927

新型Ninja250:4.522
DSC00234 

YZF-R25:4.576
YZF-R25(2018):4.809
color06_002zoom (1)

Ninja250:5.564
17_EX250L_BK1_LS

GSX250R:7.396
DSC00912
日本にはGSX250RのABS仕様がないので、車重はイギリス仕様の181kgで計算したよ。

■タンク容量()は海外仕様
Ninja250:17L(17L)
GSX250R:15L(15.0L)
CBR250RR:14L(14.5L)
新型Ninja250:14L(14L)
YZF-R25:14L(14L)

皆さん大体似た感じ。
Ninja250の17Lって凄く大容量ですね。航続距離長そう。
CBR250RRは実際は14.5L入るみたい。0.5Lの差は地味にありがたいよね…

■燃費(WMTCモード値)
GSX250R:32.5km/L
YZF-R25(2018):27.2km/L
CBR250RR:26.7km/L
新型Ninja250:26.2km/L
YZF-R25:26.2km/L
Ninja250:25.7km/L

GSX250Rですけど、本当に街乗り向きって感じですね。
CBR250RRですけど、実燃費は上記よりちょっと良いぐらいです。大体28ぐらいですかね。

■航続距離(WMTC×日本仕様のタンク容量)
GSX250R:487.5km
Ninja250:436.9km
YZF-R25(2018):380.8km
CBR250RR:373.8km
新型Ninja250:366.8
YZF-R25:366.8km

R25やCBR250RR、新型Ninja250はタンク容量が少ないので、航続距離が短いですね。
ですが300km超えてれば、全然困らないと思います。私は困ったことないです。

■ブレーキ
CBR250RR:310mm2POT/240mm1POT
DSC00084
DSC00081

新型Ninja250:310mm2POT/220mm2POT
All-New-Kawasaki-Ninja-250-FI-Versi-2018-Warna-Hijau-Striping-p7

YZF-R25:298mm2POT/220mm1POT
feature11_001
feature12_001

GSX250R:290mm2POT/240mm1POT
DSC00913
DSC00833

Ninja250:290mm2POT/220mm2POT
13EX250LM_G_07
13EX250LM_G_42

みなさんブレーキの仕様は大体一緒ですね。Ninja250はリア2POTだよ。
CBR250RRだけ誇らしげにNISSINって書いてあります。

■フロントフォーク
DSC00529

CBR250RR:37mm倒立
新型Ninja250:41mm正立
YZF-R25:41mm正立
Ninja250:37mm正立
GSX250R:37mm正立

CBR250RRのみ倒立フォークです。SHOWA製です。
YZF-R25と新型Ninja250はぶっといぜ。
みなさん調整できないタイプです。

■リアサスペンション
GSX250R:7段階調整
YZF-R25:7段階調整
新型Ninja250:5段階調整
Ninja250:5段階調整
CBR250RR:5段階調整

皆さんプリロードアジャスターのみです。

■タイヤサイズ
Ninja250:フロント110/70-17M/C 54H リア140/70-17M/C 66H
 (フロント110/70R-17M/C 54H リア150/60R-17M/C 66H)
新型Ninja250:フロント110/70-17M/C (54H) リア140/70-17M/C (66H)
YZF-R25:フロント110/70-17M/C 54S リア140/70-17M/C 66S
CBR250RR:フロント110/70R17M/C 54H  リア140/70R17M/C 66H
GSX250R:フロント110/80-17M/C 57H リア140/70-17M/C 66H

Ninja250はウィンターテストエディションがリアタイヤが150で太いです。しかもラジアル。
CBR250RRはインドネシア仕様はバイアス(RX-01)でしたが、日本仕様はラジアル(GPR300)だよ。
GSX250Rだけ110/80ですね。

新型Ninja250ですけど、後ほどウィンターテストエディション的なのが出るってお話もありますが、現状不明。

■スイングアーム
CBR250RR:アルミガルアーム
DSC00104

YZF-R25:スチール
feature12_001

Ninja250:スチール
13EX250LM_G_42

新型Ninja250:スチール
2451058630

GSX250R:スチール
DSC00653

CBR250RRは豪華なアルミ製でガルアームです。
YZF-R25は角材じゃないのでアルミっぽく見えますが、スチール製です。
GSX250RとNinja250(新型も)はいわゆる角材って奴ですね。

■特徴
CBR250RR:倒立フォーク、ライドバイワイヤ、アルミ製ガルアーム、3レベルのライディングモード、クラス最高馬力
新型Ninja250:クラス最軽量、充実装備、それでいてお値段控えめ。
YZF-R25:41mmフォーク、高出力だけどお買い得プライス
Ninja250:FCC製アシスト&スリッパークラッチ、ラジアルワイドタイヤ仕様あり、航続距離長い
GSX250R:乗りやすいロングストロークエンジン、低燃費、航続距離長い

って感じでしょうか。私の個人的なイメージですが。

■ポジション
newninja250chang
こちら新型単体のポジション。

■旧型Ninja250
ninnin

位置はシートで合わせてあります。
新型は旧型よりハンドル手前で、足は後ろ気味。でも似てますね。

■CBR250RR
cbr250rrninja
CBR250RRはやっぱりポジション全然違いますね。
私はCBR250RRに乗ってますけど、そんなにポジションきついとかは感じませんが。

■YZF-R25
r25newnin
ポジションかなり似てるみたい。大体一緒。
ちなみに全長は100mm、ホイールベースは10mm、Ninja250が小さいよ。

■GSX250R
sinningsx
GSX250Rとも結構似てますね。新型Ninja250の方がコンパクトかな?

■最高速
CBR250RR:170km/h(実測で170km/h出るって開発者さんに聞きました)

動画では167km/hです。

YZF-R25:158.04km/h(純正に近いタイヤ)

Ninja250:155.79km/h(ハイグリップタイヤ)

お馴染み丸山浩さんの動画です。データロガーとありましたので、実測でしょうか。

新型Ninja250:現状不明
”ホームストレートでは6速全開、ピーク14000rpmでのメーター読みで160㎞/hを示していた。”
引用元:噂の新型Ninja250/400 「試乗で分かったリアルな最高速」【新型ニンジャ】|MotorFan[モーターファン]
詳細はモーターファンさんでどうぞ。

最初の方で排気音とかわかるよ。

GSX250R:125km/h~130km/h(中国サイト曰く、実測はそれぐらいっぽい)

メーター読みでは140km/h超えるぐらい?(動画では139km/hを記録してます)

個体差ありますし、場所や気候、コンディション、乗る人などで最高速って変わってきますので、何とも言えません。

ですがスペック的に
CBR250RR>新型Ninja250>YZF-R25>Ninja250>GSX250R
って感じでしょうね。

■カラーリング
Ninja250
img_01-01 (9)
img_02-01 (2)
ノーマル
img_04-01
SE
img_07-01 (6)
KRTエディション
img_10-01 (1)
KRTウィンターテストエディション
5色展開。

新型Ninja250
All-New-Kawasaki-Ninja-250-FI-Versi-2018-Warna-biru-2-p7
キャンディープラズマブルー
2018ninja250_se_grn
ライムグリーン×エボニー
2018ninja250_abs_red
パッションレッド×メタリックフラットスパークブラック
日本ではこの4色みたいです。他のカラーはこちらの記事でどうぞ。

CBR250RR
RH_BLK_abs_10
マットガンパウダーブラックメタリック
RH_SILV-abs_10
ソードシルバーメタリック
RH_RED_abs_10
ヴィクトリーレッド
3色展開
日本限定色があるって話でしたが、今のところ発表されていません…
DSC00240
こちらのホワイトが2018年カラーとして追加されます。(多少変更点ありますが)
時期はいまいち不明ですが、販売店さんで聞いた時はたしか春頃って言ってたような。

※追記:レプソルエディションが発表されました。
C3u4UyAVUAA78fl
引用元:welovehondaさんのツイート
今の所インドネシア限定のカラーみたいです、現状。
詳しくはこちらの記事でどうぞ。

GSX250R
pc
クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト
pc (1)
キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック
pc (2)
パールネブラーブラック

YZF-R25
・2016年モデル
color06_001zoom (2)
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー) 
color05_001zoom (1)
ホワイトメタリック6(ホワイト/レッド)
color04_001zoom (2)
マットグレーメタリック3(マットグレー) 

・2017年モデル
yzf-r25_gallery_002_2017_004
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
yzf-r25_gallery_002_2017_005
マットブラック2(マットブラック)
yzf-r25_gallery_002_2017_006
ホワイトメタリック6(ホワイト)

・2018年モデル
yzf-r25a_color_001_2018_003
ディープパープリッシュブルーメタリックC
yzf-r25a_color_002_2018_003
ブラックメタリックX
yzf-r25a_color_003_2018_003
ホワイトメタリック6
2018年モデルからスペックかわりました。

■PV

テレビCM


Ninja300


日本製PV


PV

CM

丸山浩さんのインプレ動画も載せておきますね。

 
こちらNinja400ですが、装備は同じですので。
 

大体比較する部分ってこんな感じでしょうか。

カタログスペック比べた人間がいう事じゃないですけど、乗ってみないと色々とわからないことが多いので、個人的には購入の前に試乗をおすすめします。

私は買おうと思ってた車両に試乗したら、振動強い…めっちゃ熱い…癖が強い…のでやめた事ありますし。

ちなみに私はCBR250RRに乗ってますが、なんというかスペックではわからない凄さや癖(排気音、フレームや足回りの良さ、質感、エンブレ強い等)ありますので、やっぱり現物見て、乗ってから判断した方が良いと思います。

広告