ABSじゃない方のバージョンが1万5,000台生産って感じのようです。
fasfdsfasfadsfa
・新型CBR250RRの市販バージョンの生産が開始される
・現地で生産される
・台数は1,5000台
・申請されたコードから、ABSがないバージョンだと思われる

引用元:tmcblog.com » 15 Ribu unit Honda CBR250RR Siap Diproduksi. . . . Tapi disinyalir ini Baru sebagian
ですって。原文、全文はtmcblogさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性が高いです。

NJKB-CBR250RR (1)
引用元:tmcblog.com » 15 Ribu unit Honda CBR250RR Siap Diproduksi. . . . Tapi disinyalir ini Baru sebagian
ちなみに以前流出(?)した、NJKBと呼ばれる「自動車販売価値の数字」とかそんな奴です。
こちらに新型CBR250RRの申請コードらしきものがのってます。
上がABSモデルで、下が通常版って感じですかね。価格的に。

広告

fasfdsfasfadsfa
んで、今回のTPT。
お名前はR5F04R25L0 M/Tですので、上記のtmcblogさんの表の安い方があてはまりますね。
つまりはABSじゃない方です。

ステータスがProsesからSelesaiになってます。
意味的にはテスト状態だったものが、完成というか生産車になったって事ですかね。

ちなみに9月26日と記載がありますので、昨日申請、または登録されたようです。
つまりは今から大量生産って感じだと思います。

fsafsdfadsfadsf
ステータスですけどこちらでは「生産」ですね。(上記と意味は同じです)
輸入車じゃなく、現地生産です。台数は15,000台です。

これって現地で売る分ですよね、かなり強気な生産台数なような。
あちらって250ccってプレミアムクラスですし、税金結構高いみたいですし…
 
ABSじゃない方が1万5,000台ですので、tmcblogさんはABSを5,000台つくるんじゃない?って感じのこと言ってました。
 

最近プレステストがあって、市販バージョンの大量生産がはじまりましたので、インドネシアでの市販はそろそろみたいですね。

fafdsfffsaf
引用元:::::::歡迎蒞臨榮秋重機官方網站:::::::
発売日ですけど、台湾の並行輸入車が11月30日なので、恐らくはインドネシアの現地の発売日も11月30日とか、それ以前だと思われます。

大体9月26日から11月30日まで2ヶ月ですので、2か月間で15,000台(またはそれに近い数) 生産するって感じですかね?

そうであれば、日本での市販も意外と早い段階で来そう?(日本の分は国内工場組立っぽいですけど)
やっぱり噂の通りに春ごろ市販ですかね。

広告