こちらワールドドゥカティウィークでの写真みたいです。撮影禁止らしいですけど。
Ducati-SuperSport-S-World-Ducati-Week
引用元:Ducati SuperSport S Spotted at World Ducati Week
・ワールドドゥカティウィークで撮影された写真

・見た目はパニガーレに近い感じだけど、トレリスフレームから察するに、モンスター1200のプラットフォームを使ってそう

・片持ちスイングアーム、オーリンズのサスペンション、そんなにグレードが高くないブレンボのキャリパーがついてる

・車体はモンスター1200がベースだと思われるが、エンジンはハイパーモタード939に使われている937ccのエンジンではと会場では噂になってるとか。

・ このスーパースポーツSとスーパースポーツは今年の後半、11月のEICMAか、ひょっとすると10月のインターモトで 発表されると思われる

引用元:Ducati SuperSport S Spotted at World Ducati Week
ですって。全文はasphaltandrubber.comさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性が高いです。

広告

どうやらワールドドゥカティウィークでの2つの新モデルのうちの1つはこちらのスーパースポーツだったみたいです。
このスーパースポーツというのはDUCATIのSSシリーズの事です。空冷Lツインで、フルカウルな。(今回のは水冷でしょうけど)
そういえば噂では900ssみたいなモダンレトロ系スポーツモデルって感じでしたけど、半分当たってますね。

Ducati-SuperSport-S-World-Ducati-Week
引用元:Ducati SuperSport S Spotted at World Ducati Week
画像で比較してみましょう。
mediagallery_output_image_[1920x1080]
mediagallery_output_image_[1920x1080]
引用元:Monster 1200 S
こちら現行モンスター1200Sです。
あ、確かに似てますね。
mediagallery_output_image_[1920x1080]
引用元:Superbike 1299 Panigale
こちらパニガーレ1299。これとはあまり似ていませんね。
kumi05
引用元:ドゥカティ スーパーバイク959パニガーレ 試乗インプレッション
こちら959パニガーレ。
やっぱりパニガーレではないみたいですね。

こちらのSSですけど、ベースはモンスターっぽいですね。
結構似てる点が多いです。

スパイショットですし、公式発表ではありませんので、現状は確かな事はわかってないみたい。

※7月3日更新
Ducati_Supersport_02
Ducati_Supersport_01
引用元:SPY SHOT: New Ducati Supersport S revealed
こんな感じでシャットアウトされたブースで公開されていたSS。
ブースに入るときはカメラやら携帯電話やらを預かってたみたいですが、それをかいくぐって撮影した人が、この画像をアップロードしたみたい。
プロジェクト1312というコードネーム?でして、発売されるときは939スーパースポーツSって名前になるのでは?と予想されています。

※7月3日追記
・名前はスーパースポーツだけど、いわゆるSSではなく、スポーツツアラーって感じ。(以前のSSと同じく)

・エンジンはドゥカティハイパーモタード939に使われている937cc(水冷Lツイン)のエンジン

・車体はモンスターと同じ

・エキゾーストパイプやらがエンジンから後輪あたりまでのスペースを占拠してるので、アンダーカウルがない。(左右でカウルがつながってない)

・マフラーはモンスター1200のマフラーに似ていてるショットガンスタイルの片側2本出しマフラーで、長さはより短くなっている。

・顔はパニガーレによく似ていて、同じLEDヘッドライトを使用している。

・ウィンドスクリーンはムルティストラーダ1200に似ていて、片手で高さの調整が可能。

・乗車姿勢はなかなかスポーティながら、多少の快適性のために、クリップオンハンドルは5cmほどフォークチューブの頂点より上についてる(トップブリッジより5cm上ってことですかね。)

・バナナスタイルのシートはメインシートの表面積が広いのみならず、パッセンジャーのシートも広くなっている。

・元のSSシリーズと同じ流れをくむバイク

・車体色は白と赤で、スタンダードモデルの価格設定は14000ユーロから15000ユーロ前後と言われている
引用元:Some Details on the New Ducati Supersport
ですって。全文はasphaltandrubber.comさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また、間違っている可能性が高いです。

カウルとタンクが繋がって見えましたのでもしかしたらコラ画像かと思っていたのですが、こまかなディティールなどの話が上がってきていますので、このSSが存在するって事ですよね。

お顔はパニガーレとよく似ているとのことですが、パニガーレはこんな顔です。
mediagallery_output_image_[1920x1080]
mediagallery_output_image_[1920x1080]
引用元:Superbike 1299 Panigale S
かっこいいぜ。同じLEDライトらしいです。

モンスター1200のマフラーはこんな感じ。
mediagallery_output_image_[1920x1080]
引用元:Monster 1200
こんな感じのマフラーのようですが、より短くなってるとか。それでもちゃんとEURO4対応ですって。

ちなみにベースモデル(スパイショットはSモデル)は14000ユーロから15000ユーロ前後になると言われているみたいですが、円に換算しますと160万円~170万円ぐらいってことになります。
ちなみにパニガーレ959は16490ユーロ(190万円)ですので、価格は近くなるみたい。

日本でのパニガーレ959の価格は200万円ですので、日本でのこのSSの価格は170万円とか180万円になりそう?

※7月7日更新
supersport1
・プロジェクト1312って名前の意味は、第13プロジェクトで2012年に開始したって意味

・市販されるときの名称は「Super Sport 939」と「Super Sport 939 S」って名称になるだろう

・スーパースポーツとスーパースポーツSの2モデルが出るが、今後排気量が拡大したモデルや縮小したモデルが出るかは疑問である。

・スーパースポーツSのベースとなったモンスターには、821ccと1200ccのバージョンがある。(今後これらのエンジンを使用したバージョンが出る可能性もあるかも)

・片持ちスイングアームと、Y字スポークホイールはパニガーレ1299の物と同じように見える。

・ピレリのディアブロロッソ2を履いているが、恐らく生産バージョンでも同じタイヤが使われると思われる。 

・タイヤサイズはフロントが120/70 ZR17、リアが180/60 ZR17。

・スパイショットのスーパースポーツSは公道メインなバイクなので、電子制御のないオーリンズの前後サスペンションを装備していた。

・スタンダードなモデル(Sじゃ無い方)だとオーリンズのサスペンションではなく、ドゥカティ821stripeに使われているザックスのフルアジャスタブルサスペンションが使われる可能性が高い。

・エンジンのベースはハイパーモタード939に使われているTestastretta 11ºLツイン937ccの水冷エンジン。
このエンジンはかなりの改良がされていて、DUCATI曰く80%を変更したとか。

・このエンジンは110馬力前後出るようになるだろう

・その他の排気量のエンジンを検討しているという話は、現状ではないが、以前のスーパースポーツシリーズは400cc~1000ccのモデルがあった。

・フロントはダブルの320mmのセミフローティングディスク、ラジアルマスターシリンダーで、キャリパーはブレンボM4-32(4ピストンモノブロックキャリパー)をラジアルマウント。
ABSは標準装備。
(モンスター1200と一緒) 

・リアの装備は写真では確認できなかったが、245mmディスクで2ピストンキャリーパーの可能性が高い。
これはスタンダードとSでブレーキの差別化は無く、同じ物になるだろう。 

・スタンダードとSのどちらも、ドゥカティの8レベルのトラクションコントロールにリンクされた、スポーツ、ツーリング、アーバンの3モードのライディングモードを装備する。

・最低でもこのレベルのライディングモードと電子制御は搭載されるだろう。
引用元:Ducati SuperSport in detail 
ですって。全文はMCNさんでどうぞ。
私の訳は意訳ですし、はしょっています。また間違えている可能性が高いです。

大体はモンスター1200って感じみたいですね。
でもエンジンとかは改良しているようです。

※8月18日追記:スパイショットが撮られています
supersport-1
引用元:Ducati SuperSport 939 spied | MCN
イタリアでスパイショットが撮られているようです。
詳しくはこちらでどうぞ。

広告