個人的に気になってるミドルクラスのSV650、Z650、MT-07、NC750Sを比較してみました。
matome
引用元:SV650 ABS|スズキ バイク
引用元:MT-07 - バイク スクーター | ヤマハ発動機株式会社
引用元:NC750S | Honda
引用元:Z650 MY 2017 - Kawasaki Europe
引用元:Z650 : Kawasaki モーターサイクル&エンジンカンパニー
引用元:Suzuki Cycles - Product Lines - Cycles - Products - SV650 - 2017 - SV650
引用元:Suzuki Cycles - Product Lines - Cycles - Products - SV650 - 2017 - SV650A
引用元:Overview – NC750S 2016 – Street – Range – Motorcycles – Honda
引用元:2017 Z650 ABS Sport Motorcycle by Kawasaki
引用元:SV650
引用元:Honda NC750S - Ride Your Way - YouTube

引用元:Z650 ABS | 株式会社カワサキモータースジャパン

■価格
sv650al6_yww_right
SV650(ABS):73万8,720円
まさかのMT-07(ABS)よりも10,800円もお安いという価格設定。
公式ページはこちらです。

s50 (1)
Z650(ABS)7,399ドル(約80万3,000円)
恐らく日本での国内価格はMT-07やSV650とほぼかわらないと思います。
アメリカでの価格がMT-07もSV650も7,499ドルですので。
公式ページはこちら

mt-07_color_001_2017_001
MT-0771万640円(ABS:76万320円)
2017年モデルで微妙に値上がりしました。ちなみに新排ガス規制には適合していません。
…つまりはそろそろモデルチェンジ?LEDの4つ目の奴になるんですかね。
公式ページはこちらです。

pic-color-ABS-01
NC750S69万120円(ABS:74万880円)
ツートンは1万6,200円増しです。DCTモデルは80万6,760円から。
新型になってかっこよくなったぞ。
公式ページはこちら

広告

■デザイン
・全体
A52AE5C08CDB49E8809424EBB61E4649
color01_001zoom (1)
rhs
pic-library02 (1)
SVはスタンダードなネイキッド、MTやNC、Zは今風ってかんじ。

・ライト
SV650
A065588A62D144E3A2F4A371A44134B435E10EB517ED4B9199595585BD1FE807
MT-07 
feature05_001
feature10_001
Z650
17_ER650H_G_06
17_ER650H_WT1_FA
NC750S
c4 (18)

みなさんハロゲンですが、NCだけLEDヘッドライトです。
SVは昔懐かし丸目。

・テール
SV650
D9CB5B9143794E6C8220D48D8D02E5F0
3EBDF60E792E42B885EF2DD11C1043F4
MT-07 
fasfsafdsaa
2016-Yamaha-MT-07-EU-Race-Blu-Detail-006
feature08_001
Z650
17_ER650H_WT1_BA
17_ER650H_WT1_LB
17_ER650H_G_20
NC750S
fasdfdasdfadsfd
fsddsdsafafd

みんなLEDテール。各社個性があっていいですね。Z650はおなじみZテールランプ。

・メーター
SV650
55CDB7BCD7CB4F8F9DD87E0C62C46F85
MT-07 
feature09_001
Z650
17_ER650H_G_08
 
NC750S

fassdfdsdsfasdf

みなさん情報量の多いフルデジタルメーター。
全車ギアポジションインジケーター付です。 
ガソリン残量や時計等、必要な要素は全車種についてるみたい。

Z650のメーターですけど、アナログっぽいデジタルタコメーターです。
面白くて良いですねー

■サイズ
・全体
2016-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Action-002
AFB616B61A4949ECAF5929766E6F5C3A
dcs
c5

Z650:2,055mm×775mm×1,080mm
MT-07:2,085mm×745mm×1,090mm
SV650:2,140mm×760mm×1,090mm
NC750S:2,215mm×775mm×1,130mm

大きさは小さい順でこんな感じです。
Z650とMT-07は凄くコンパクトですね。Zとか250cc並みですね。すごい。

・ホイールベース
MT-07:1,400mm
Z650:1,410mm
SV650:1,445mm
NC750S:1,520mm

ホイールベースはSV650が一番長いみたい。
意外とNC750Sのホイールベースって短いんですね。
確認ミスでした、失礼しました。(daiさんご指摘ありがとうございます)

・シート高
NC750S
c4 (20)
SV650

5645c9781e462
Z650
17_ER650H_G_19
MT-07

mt-07_005wide


SV650:785mm
NC750S:790mm
Z650:790mm
MT-07:805mm

みなさん結構シート高が低いぞ。ビギナーや女性にも優しい。
SVだけつながってるタイプ。SVが一番タンデムはしやすそうですね。
SVもMTもNCもケツ痛シートとの評判です。1時間で尻が痛くなるみたいです。
Z650はどうなんでしょうね。

・車両重量
MT-07:182kg
Z650:187kg
SV650:196kg
NC750S:218kg

MTは軽量化とコストダウンについて徹底的に研究開発したみたい。
NCはメットインついてたりと方向性が違うので重めですね。

・タイヤサイズ

MT-07
fasfsafdsaa
SV650
 
D9CB5B9143794E6C8220D48D8D02E5F0
Z650
17_ER650H_WT1_BA
NC750S
fasdfdasdfadsfd

MT-07:フロント120/70 ZR 17M/C (58W) 後180/55 ZR 17M/C (73W)
SV650:フロント120/70 ZR 17M/C (58W) 後160/60 ZR 17M/C (69W)
Z650:フロント120/70ZR17M/C (58W) リア160/60ZR17M/C (69W)
NC750S:フロント120/70ZR17M/C(58W) リア160/60ZR17M/C(69W)

みなさん大体一緒。
でもMTだけ太いぞ。リア180。
MT-07、スリムなのにタイヤが太いのでかなり迫力がありますね。強そう。

■ブレーキ
MT-07
feature06_001
SV650
sv650al6_abs-crop-u11861
Z650
17_ER650H_G_12
NC750S
c4 (21)

MT-07:対向4POT 282mmダブルディスク
Z650:片押し2POT 300mmダブルディスク
SV650:片押2POT 290mmダブルディスク
NC750S:片押し2POT 320mmシングルディスク

MTだけ対向4POT。おなじみ住友キャリパーですかね。(今はつくってるとこ違いますが)
NCはシングルディスクです。

■サスペンション
SV650 
sv650al6_rearsus
MT-07
2016-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Detail-002
Z650
17_ER650H_G_17
NC750S
pic-03

MT-07:正立41mm リア:モノショック、イニシャルアジャスター(9段階)
SV650:正立41mm リア:モノショック、プリロードアジャスター(7段階)
Z650:正立41mm リア:モノショック(ホリゾンタルバックリンク)、プリロードアジャスター
NC750S:正立41mm リア:モノショック、プリロードアジャスター(7段階)

サスペンションはみなさん大体一緒。
Z650のホリゾンタルバックリンクサスの解説はカワサキの公式ページでどうぞ。
NC750SはフロントフォークがショーワのSDBVです。ちょっと豪華。
皆さんフロントに調整機能はないみたい。

■エンジン

NC750S:水冷直列二気筒745cc(OHC) 270度位相クランク
pic-01
MT-07:水冷直列二気筒688cc 270度位相クランク
2016-Yamaha-MT-07-EU-Race-Blu-Detail-001
Z650:水冷直列二気筒649cc 180度位相クランク
17_ER650H_G_15
SV650:水冷V型二気筒645cc

sv650_eg_diagonal

270°位相クランクっていうのは簡単に言えば直列(並列)二気筒だけど、Vツインっぽい特性のパラツインってことでしょうか。性能やら乗り心地やらが結構いいらしい。最近人気ですよね。
グラディウスには乗った事ありますけど、凄く良い感じのエンジンでした。音も鼓動も心地いい。

・馬力
SV650:56.0 kW (76.1PS) /8,500 rpm
MT-07:54kW(73.4PS)/9,000 rpm
Z650:50kw(68PS)/8,000rpm
NC750S:40kw(54.4PS)/6,250rpm

馬力はSVが一番高いようです。
グラディウスが72PSだったのですが、パワーアップしました。
Z650はちょっと馬力落ちてますけど、EURO4適合なのでしょうがないような。

・パワーウェイトレシオ(車重/馬力)
MT-07:2.48
SV650:2.58
Z650:2.75
NC750S:4.01

NC以外は似た感じですね。最高速とか加速もそこまで違いが無さそう。
NCはまったり低回転エンジンで、ちょっと方向性が違います。なのでこの結果も納得。

・トルク
NC750S:68Nm/4,750rpm
MT-07:68Nm/6,500rpm
Z650:65Nm/6,500rpm
SV650:64Nm/8,100rpm

NC、低回転からの鬼トルク。超低回転型エンジンですねー
みなさんトルクも十分ですね。

・燃費(WMTCモード値)
pic-library01
3EE70E1620B244B9AD2368AF0BF6089B

2016-Yamaha-MT-07-EU-Race-Blu-Action-003
yaa

NC750S:28.3km/L
SV650:26.6km/L
MT-07:24.1km/L

Z650:24.0km/L

流石はOHCで低回転エンジンなNC750Sは燃費が良いですね。
ちなみに実燃費もかなり良いみたい。ホンダって燃費良すぎる車両多い気がする。

■燃料タンク
・容量
Z650
17_ER650H_G_07
NC750S
pic-library06
SV650

sv650al6_fueltank_yww
MT-07
feature08_002

Z650:15L(ヨーロッパ)/4.0ガロン(アメリカ)
NC750S:14L(日本)/14.1L(ヨーロッパ)
MT-07:13L(日本)/14L(ヨーロッパ)/3.7ガロン(アメリカ)
SV650:13L(日本)/13.8L(ヨーロッパ)/3.6ガロン(アメリカ)

燃料タンクの容量もみなさん大してかわらないようです。
日本の表記ではSVもMTも変わりませんが…

”燃料タンク容量  記入値は,整数位までとし,小数点以下を切り捨てる。ただし,容量が10l未満の場合には,小数点以下第1位までとし,第2位以下を切り捨てる。”
引用元:JIS D 0010:1994 二輪自動車−仕様書様式
とのことです。小数点は切り捨てなんですね。13.8Lでも13Lって日本では表記するようです。
そのため、恐らくですけども日本もヨーロッパもアメリカもタンクは同じで、容量も同じだと思われます。
※ご指摘頂きましたので修正しました。ありがとうございました。

・航続距離(燃費×燃料タンク容量)
NC750S:399.0km
SV650:367.1km
Z650:360km
MT-07:337.4km

タンク容量はヨーロッパ表記の値を使ってます。
流石は燃費マシンのNCですね。約400kmです。すげぇ。
でもみなさん350km近くありますので、どれに乗っても航続距離で困ることはないですね。

■排気音
 
MT-07アイドリング音 
 
MT-07加速音。0-100動画だよ。


SV650。純正なのに迫力のある排気音ですね。規制大丈夫?


こちらはNC750Xです。エンジンやマフラーは同じなので、音は一緒でしょう。

 
Z650とER-6nの排気音を比較した動画。

排気音は完全に好みですね。
ちなみにグラディウスに乗ったことありますけど、凄くテンションが上がる排気音でした。迫力あるよ。
SV以外は直列二気筒ですけども、OHCだったり、位相や排気量が違ったりで、結構違いがありますね。

■スイングアーム
SV650:鉄製楕円パイプ
sv650al7_action_15-crop-u11649
754DBB301B1147F095081E2B4D35BF59
MT-07:鉄製プレス材?

color01_002zoom

2016-Yamaha-MT-07-EU-Race-Blu-Detail-007
Z650:不明(たぶん鉄製?)
spx (1)
17_ER650H_G_18
NC750S:鉄製
c4 (23)

スイングアームに拘りがある方もいますので。
たぶん皆さん鉄製です。
NC750Sはいわゆる角材スイングアーム。SV650は角材っぽいけど、楕円?というか丸みがあります。
MT-07とZ650は変わった形ですね。かっちょいい。

■ブレーキレバー
SV650:ブレーキ5段階
A065588A62D144E3A2F4A371A44134B4
MT-07:ブレーキ5段階
feature05_001
Z650:ブレーキ、クラッチともに5段階
17_ER650H_G_10
17_ER650H_G_11
NC750S:ブレーキ6段階
pic-library02 (2)

Z650はクラッチも調整できるよ!
NC750Sは6段階で調整できます。

■独自機能
SV650
sv650al6_starterswitch
スズキイージースタートシステム。
チョンっとワンタッチするだけでエンジンを始動します。押し続けなくてイイヨ
ics-30_0930-crop-u11784 
ローRPMアシスト。
発進する時、クラッチを切った時、等のエンジンが低回転の時に微妙に回転数を上げてくれる機能。
発進時のエンジンストール防止や渋滞時に便利って感じ。

Z650
17_ER650H_I_02
アシスト&スリッパークラッチ
ETC標準装備

NC750
fasfdasfadsfsdfd
21リットルメットインスペース

って感じ。NCのメットインですけど、超便利らしいです。
特にリアボックスとかつけてない人は感動するでしょうねー
ちなみにSVのローRPMアシストって思ったより便利らしいです。

■リアキャリア
MT-07
Q5KYSK083E01
引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1027/item/Q5KYSK083E01
純正リアキャリアです。39Lの純正ボックスをつける事が可能とか。50Lは付けないでって注意書きあり。
ある程度の荷重には耐えられそう。社外キャリアも出てます。
ページはこちら。

SV650
210-239
210-239t2
引用元:SV650
現在は純正が出ていません。画像はキジマさんのリアキャリアです。
耐荷重は5kgで、税込20,520円。
公式ページはこちら。その他便利なヘルメットロックとかありますよ。

NC750S
08l70-mka-d80
引用元:Honda | バイク | Honda二輪純正アクセサリー | NC750S
純正キャリア。耐荷重3kg。税込30,240円。

Z650
999940937_Topcase-34-bike_17ER650H_WT1_RF_2048x1708
999940937_topcase-side-bike_17ER650H_WT1_2048x1708
999940937_17ER650H_WT1_Top_case_2048x1708
リアボックス(30L)
ボックス1万584円
カバー1万5,120円
ブラケット(キャリア?)1万4,580円

■カラーバリエーション
MT-07:4色(2016年モデル)
color01_001zoom (2)
color02_001zoom
color03_001zoom
color04_001zoom
↓2017年モデル:計4色
mt-07_gallery_002_2017_001
ブルーイッシュグレーソリッド4
mt-07_gallery_002_2017_002
ディープパープリッシュブルーメタリックC
ABSモデル:上記2色
mt-07_gallery_002_2017_004
マットダークグレーメタリック6
mt-07_gallery_002_2017_003
ブルーイッシュホワイトパール1
スタンダードモデル:上記2色

SV650:3色
sv650al6_ykv_right
マットブラックメタリックNo.2
sv650al6_yww_right
パールグレッシャーホワイト
sv650al6_yvz_rightside_4c
パールミラレッド
sv650al6_ysf_rightside
※日本には水色が居ないよ

Z650:2色
17_ER650H_WT1_RF
パールフラットスターダストホワイト/メタリックスパークブラック
17_ER650H_BK2_RF
メタリックフラットスパークブラック/メタリックスパークブラック
17_ER650H_GN1_RF
キャンディーライムグリーン/メタリックスパークブラック
※日本未発売
17_ER650H_SL1_RF
メタリックフラットローチタニウム/メタリックスパークブラック
※日本未発売

NC750S:3色
pic-color-ABS-01 (1)
パールグレアホワイト
pic-color-ABS-02 (1)
グラファイトブラック
pic-color-ABS-03
マットガンパウダーブラックメタリック

■アクセサリー
MT-07
fasfsdfsfsdfsdfaf
引用元:MT-07のアクセサリーをご紹介
MT-07は沢山の純正アクセサリーが出ています。
詳しくはワイズギアのページでどうぞ。

SV650
13662298_1215384611862267_8229074983271308812_o
引用元:Suzuki Moto France
SV650の派生車種やカスタムモデルなどまとめてみました。
気になる方はこちらの記事でご確認ください。

fasfdsfadfasdfsdf
引用元:SV650 ABS|スズキ バイク
SV650もアクセサリーとか出ました。あの発表された時に一緒に居たアクセサリー装着車ですね。
詳しくはスズキのページでどうぞ。カタカナで「スズキ」って書いてあるシート、良いよね…

NC750S
fadsfafasfasfasdf
引用元:Honda | バイク | Honda二輪純正アクセサリー | NC750S
NCもいっぱい純正アクセサリーあります。いいですねー
センタースタンドってあると結構ありがたいですよね
詳しくはホンダのページでどうぞ。

Z650
fdsafdsasfadsfdasas
17_ER650H_WT1_RF_OP_A

17_ER650H_WT1_BA_OP_A
17_ER650H_WT1_TA_OP_A
公式ページにアクセサリー一覧がありますので、そちらでどうぞ。
ちなみにアクセサリーの大き目の画像とかまとめてはいます。こちらでどうぞ。

■PV 

SV650
 
SV650の公式PV。0:25から始動音とアイドリング音、0:35あたりから終わりまでずっと色んな回転数での走行音を楽しめます。スズキさんわかってるー

MT-07
 
唐突なアニメ。全体的に中二病っぽい。
ちなみにアニメは本編もあるぞ…無料で全話見られます。こちらでどうぞ。

Z650

機能やら解説動画。

公式PV

NC750S

機能解説動画

PV

■良さげな動画
 
SV650、MT-07、Z650を比較した動画。
シート下スペースのチェックしたり、その他色々比較してるよ。
排気音チェックは7分5秒からあるよ。

  
Z650とER-6nの性能比較動画。
0-100km/hとか0-130km/hのタイムを結構刻んで記録してくれてます。
馬力やトルクもダイノマシンでチェックして、パワーグラフつくってくれたり。

 
Z650の最高速動画。
日本では180km/hリミッターつくでしょうけど、180km/hまでは結構すぐみたいですね。スゴーイ

■インプレ

SV650
■Lavochkinさんのインプレ
先週の香川の試乗会でSV650乗ったついでに、MT07も乗ってきたので軽く比較インプレでも書いときます。
 
まず前評判通りハンドリングはmtの方がクイックですが、svの方も中々軽やかです。
スペックが近いgsr750が塊感のあるゴロッと寝ていくのに対して、svはスパッと寝かせられ変な癖もありません。
mtは前後が詰まっていてややオフ車に近く、svは正統派なネイキッドといった感じ。軽やかさを求めてる方はどっちを買っても後悔する事はないと思われます。
 
エンジンは全体的にsvの方がトルクがあってパワフル。特に低回転はsvの方が明らかトルクフルですが、低速で徐行する分にはちょっと過剰な所もあり良し悪し・・・あとmtはギア比がワイド寄りなのか、公道走る分にはmtのほうがギアガチャガチャしなくて楽。
 
外見は好みだけど、質感は以外とsvの方が重厚感あって良し。メーターバイザーも案外気にならない。
スポーティーなガワに反して日常使いに便利なmt、正統派の外見の割に中身はスポーツ指向のsvという風に感じました。参考までに。

■twitterのフォローしている方のインプレ
普段乗ってるのがxt250xっていうのもあって、ちょっと前傾なバイクは乗り慣れてないです。

足つきは170/68キロで両足かかとまで
片足だとべったり。
シートは絞り込まれていて、乗りやすいです。

lowRPMアシストはギアが入ってると半クラ状態で200〜400回転ぐらい回転数を上げてくれます。
エンジン音を聴いてると、上がったのがはっきりわかります。
ただ、今回はそれを使って発進することはしませんでした。

セルは押すだけでエンジンかかるまで回ります。

ブレーキのタッチは結構やわらかめで、よく言う握った分だけ効くっていうタイプです。
カッチリガツンと効く感じではないです。

アイドリングはヒュンヒュンいってて結構鼓動感もあります。
自分のxt250xぐらいあったと思います。

低回転はトルクもあって、lowRPMアシストものおかげもあり、エンストの心配はほとんどないですね。

街中で普通に乗る分なら4速以上はいらないかもしれないです。
4速5000回転ぐらいで60キロ
6速だと2000回転以下で60キロ
その状態でもスロットル開ければきちんと加速します。(大型だから当たり前かも?)

ハンドリングはナチュラルです。曲がろうと思った分だけ曲がります。(試乗車だからあんまり思い切って操作できなかったのもある)

なんにせよノーマルの状態でも、すごく楽しいバイクで、大型初心者(私もですが)に向いてると思います。ツーリングからワインディングまでこなせるバイクですね。
 
(追記:押し歩きやエンジン熱についてお聞きしたところ…)
押し歩きですが、やはり重量が違うのでxtと比べると、流石に重いですね…
ただ、リッタークラスと比べると楽に取り回しできますよ。

xtは空冷なので少し回して乗ると右脚が熱くなってくるのですが、SVはそこまで気にならなかったですね。(私の前にも試乗されてる方々いました)
今日はMT-09トレーサーにも試乗したのですが、むしろそっちの方の熱が気になりました笑

インプレありがとうございました。
SV650はニュートラルなバイクみたいですね。
グラディウスは乗った事ありますが、見た目以外そんな感じでした。

そんな感じー
スペックは似た感じでも、実際に乗ると全然違ったりしますので、購入するならやっぱり試乗をしてからがいいと思います。

わざと癖というか味付けしてあるバイクもありますので、それが自分に合えばいいですけど、合わないと悲惨ですし。

広告